新型コロナ 最新の感染状況や対応は

ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」

「本書の著者、ピーター氏の覚悟は、多くの人に恩恵をもたらすことになる」と語るひろゆき氏(フランス在住のひろゆき氏に、Zoomで取材)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたことを機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
彼はなぜ、そんな決断ができたのか。理不尽に立ち向かう「不屈の精神」の源はどこにあるのか。ピーター博士が自らの挑戦の記録として著し、発売直後から世界で話題騒然の『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』が、ついに日本でも刊行された。
「ピーター氏のように『後戻りはできない』と覚悟してリスクをとれる人だけが、『非常識』を『常識』に変えて、世界を前に進められる」と語るひろゆき氏に話を聞いた。

技術が進化したとき、人類はどう受け止めるか

『ネオ・ヒューマン』によって、「自分も病気だけど、ピーターさんみたいに生きていけばいいんだ」と考えられる人が出てくると思います。

僕もいつALSになるかわかりません。ALS以外にも、これはもう治らない、死に向かっていくしかないという病気やケガはたくさんあると思います。そんなとき「あれ? 死ぬだけじゃないじゃん」という実例があれば、将来的に助かる人がたくさん出てきますし、結果的に世の中が良くなると思います。

例えば、心臓移植をする人は世界中にいますが、人工心肺装置がもっと手軽で、ポータブルで、安いものになれば、「別に心臓を移植しなくていいよね」ということになると思うんです。

ALSを克服するため、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだピーター・スコット-モーガン博士(写真提供:ピーター・スコット-モーガン)

体にとりつける機械の性能が上がれば、人の価値観も変わっていく。今は人工心肺装置をつけたら、病院で寝たきりになってしまいますが、そうでなくなったとき、人類がどう受け止めるかということです。

ピーターさんの場合は、ALSによって、生き残るには健康な体も切らざるを得ないというところにいます。いまは「健康なら体を切る必要はない」というのが一般的な考え方ですが、これはいずれ変わってくるでしょう。

アンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝的に乳がんになる確率が高いという理由で乳房を切除しましたが、それと同じように、心臓の欠陥を抱えているから、あらかじめ人工心肺にするという人も出てくるでしょう。

肉体を、人工のものに置き換えていくということに対して、抵抗感があったとしても、そこは「慣れ」です。

僕は、足が動かなくなったときに、重い足をぶら下げた状態にするか、それを切って身軽になるかなら、後者を選ぶタイプです。

ひろゆき/元2ちゃんねる管理人。本名・西村博之。1976年神奈川県生まれ。中央大卒。1999年にインターネット匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役など、多くの企業に携わり、企画立案やサービス運営、プログラマーとして活躍。2005年、ニワンゴ取締役管理人に就任。翌年、「ニコニコ動画」を開始。2009年に2ちゃんねるを譲渡後、2015年に英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に(写真:吉濱篤志)

もちろん、切ることを嫌がる人の感覚もわかります。でも、最初はそうであっても、足を切る派の人が大勢になると、そっちが普通になると思うんです。ですから、サイボーグ化手術を当たり前にするためのきっかけとして、ピーターさんのような方が必要なんじゃないかなと思います。

今の時点でも、目の悪い人が、プラスチックとガラスでできたものを1日中、ずっと顔に乗せて生活していますよね。メガネをかけたことのない人からすれば、「邪魔じゃないの?」「重くないの?」と不思議に思うわけです。同じく、ガラスの板を、コンタクトレンズとして目の中に入れている人もいますが、みんな当たり前のこととして受け止めています。

目が悪い人というのは、今は、それだけでは障害者とは扱われませんが、狩猟生活の時代は、近視で遠くが見えなければ、飢え死にするしかなかったと思います。目が悪いということが、死ぬほどの病だったわけです。

むし歯もです。動物は、むし歯になると大抵、死んでしまいます。同じように、過去の人類もそうだったと思いますが、今、むし歯で死ぬ人なんてほぼいません。

ALSやいろんな病気も、「こうなると死ぬしかないよね」というところで諦めていたところ、「こうすれば生き残れる」という切り替えのタイミングが、今まさに来ている。そこに現れたのがピーターさんなんだと思います。

制約になるなら人間の肉体はいらない?

生命体は、究極的に突き詰めると、肉体というものがマイナスになるんですよね。

例えば、戦闘機は、人間のせいでG(加速度)の上限が決まってしまっています。機能としては、もっと加速度が出せるけど、肉体が耐えられないわけです。でも、宇宙で何万光年もの移動をしたいということになれば、今以上に加速する必要があるわけですから、むしろ、人間の肉体は邪魔だよねということになります。

ドローンも、本当に小さいものが低コストでできますが、そこに人間が乗るとなると、何メートルものサイズにしなければなりません。

よく、SFの世界で、宇宙人がUFOでやってくるという設定がありますよね。でも僕は、UFOでほかの星に来るぐらいの技術力があるならば、ドローンカメラと電波なんかでコミュニケーションを取ろうとするはずだから、生身の宇宙人は地球には来ないだろうという仮説をとっているんですよ(笑)。

ピーターさんも、それと似た感覚で、コミュニケーションができるなら生身の肉体はいらない、というところだと思います。今後どんどん、人類にとって、「肉体はいらない」ということが進んでいくんじゃないかと思いますけどね。

VR(バーチャルリアリティー)やAR(拡張現実)でコミュニケーションする時代が来るのも、時間の問題だと思います。

僕は5年前からずっとリモートをやっていましたが、最近、コロナ禍の影響で、みなさんリモートでも問題ないし、便利だということをようやくわかったと思うんです。

オンラインでは、相手に直接触れることはできませんが、コミュニケーションをとるという点においては、いまでもLINEやSNSなどを使っているわけですし、僕はそれで充分なんじゃないかなとも思っています。

「僕が高精細なアバターでも、誰も気づかない」

もちろん、恋愛をする、子ども作るということは、リアルでなければできないことなので、リアルが大事だということはわかります。でも、コミュニケーションをオンラインにして、効率よくすることで、リアルな時間が濃密になるとも言えます。

例えば、新幹線に乗って1日かけて出張するという仕事を、自宅でZoomで済ませれば、あとは彼女とだらだら過ごして、より濃密なコミュニケーションをとることもできますよね。取捨選択できるようになるわけです。

僕はいま、フランスでオンラインで話していますが、おそらく、日本にいる人は、僕のことを、画面に映った上半身の画角として認識していると思うんです。

そこで、僕がもし足が動かず、人工心肺につながってサイボーグ化していたとしても、映さなければわからないと思います。映像を送信しているだけですから、ものすごく高精細な、僕のようなアバターを作り、僕のような声でしゃべっていれば、気がつかない人がほとんどなんじゃないかとも思います。

ですから、ピーターさんが、自分が動けなくなってもオンラインにつないでコミュニケーションをとるというのは、まあ当然そうなるよねという感じです。

話すとなるとすべてを言葉にしなければなりませんが、例えばLINEスタンプなどは、ひとつ送ればその意図が伝わったりもします。すると、人間の声を出すとか、1文字ずつ文字を書くということよりも、効率のいいコミュニケーションができると言えるわけです。

PC画面では、チャット窓をたくさん開いておいて、複数の人と同時に、それぞれ個別にチャットすることもできます。リアルだと、そういうコミュニケーションはできません。

いまは手指を動かすことでコミュニケーションをとっています。ピーターさんは、それを視線を動かすことでやっています。そのうちに、脳波でコントロールすることもできるようになると僕は思いますから、手が2本しかない人間に比べて、肉体のない人のほうが、もっと複数のコミュニケーションを同時にとることができるようになるのではないかとも思っています。

本書の最終章に書かれているVRの世界は、実装が難しく、まだ夢物語ですが、ほかの部分は、エンジニアとしてはみんなが思いつく話で、技術に関しても既知のものばかりです。音声合成で自分の声を作るというのは、日本ではすでに10年前から「初音ミク」が流行っていて、当たり前のように使われていますからね。

そして、いろんな人と交渉してプロジェクトを進めるという面でも、トラブルも起きたりして、経営者としてあまりうまくないなという感じもします。

ですから、『ネオ・ヒューマン』は、ピーターさんの能力値が異常に高いから成し遂げられた、ということでもないと僕は思います。

「戻れるように動く人って、速度出ないんですよね」

彼の凄いところは、とにかく技術の力で現実を覆してやるんだっていう「前向きな覚悟」とフランシスとの愛、ですよね。

ピーターさんが、気管と食道を完全に分離して死のリスクを減らすために、声を失う判断をした部分は、すごい覚悟だなと思いました。多くのALS患者が、どう人生を終えていくかという縮小の方向で考えるなか、「俺は技術で生きていくんだ」という前向きさは、かなり特殊です。

もう戻れなくなるけどやる、という「覚悟」を決められたことが、大きいかなと思います。喉を切り取ってしまったら、もう元には戻れません。

例えば、両側が断崖絶壁の道を、いつでも戻れるように進む人は、そろそろ歩くことになり、自分の歩幅以上には進めませんし、速度も出ません。でも、「もう戻れなくていい!」と覚悟を決めてジャンプしていく人は、歩幅以上に速く進めますよね。

もちろん、リスクを負わずに、のんべんだらりと過ごすのもアリです。ただ、「この段階では、リスクを背負って先に進み、他の人がついて来られない状態にしてしまえば、あとは超ラクだよね」ということがあるわけです。

たとえばユーチューバーのヒカキンさんは、YouTubeがまだまったく利益を上げられていない最初の段階で、「これから毎日動画をアップしようと思う」と言っています。

そして、本当に、最近まで毎日毎日動画をアップし続けていました。トップランナーになってもそれをやり続けていると、もう、新規参入の人は追いつけません。それで圧倒的な存在になり、「ユーチューバーと言えば、ヒカキンさんだよね」というポジションを作ることができたわけです。

普通に働いていれば、そんなことはできません。旅行にも行けないし、1日中、次の動画や編集のことばかり考え続けていて、かなり人生を損していると思いますからね。だから、ヒカキンさんが、自分の人生をYouTubeに突っ込むという覚悟を決めたことは、大きかったと思います。

結局、人よりも抜きん出たり、世の中を変えてしまうような人って、こういう人なんじゃないでしょうか。「戻れるように動く人」って、速度出ないんですよね。

「後戻りはできない」と覚悟してリスクをとれる人だけが、「非常識」を「常識」に変えて、世界を前に進められるんだと思います。でも実際は、そうであることをぼんやりとわかっていても、やらない人が多いんですよね。

「ネオ・ヒューマン」は「よりよい世界」をつくる

イギリスの場合は、手術を引き受けるという医者が現れれば、NHS(国民保健サービス)で実現できるというゆるさも、いい部分かもしれませんね。

日本の場合、いま、健康な人の体にメスを入れて臓器を取り出すことは、保険診療ではできませんし、法律に引っかかる可能性もあります。倫理委員会でもバツですよね。しかし、それも、症例数の問題で変わっていくのではないかなと思います。

本書には、ALSで同じような症状を持ち、ピーターさんのように手術をしたいという人が登場しますね。そのような人が1000人ほど出てくれば、安定した手術法のひとつとして確立され、世界中で広まり、日本でもそのうち取り入れられていくのではないでしょうか。

新型コロナのワクチンも、最初はみんな怖がっていましたが、もう世界中で何億人と打っているので、大丈夫だねという感じになっていますよね。

ピーターさんのような例がたくさん出てくれば、今後「腸と喉は取る、心臓は残す」というような手術のパッケージが決まってくるでしょう。それで技術と安全性が高まり、コスト面でもいいよねというものができれば、世界中に広がります。そうなれば、日本でも同じような手術をやるということになっていくんじゃないかなと思います。

Zoomとかのリモートだって、僕は5年前からやっていますが、その頃はいくら便利だって言っても、みんなやっぱりリアルに会いに来てたんですよね。でも、今じゃ普通になりましたよね。

人間って、簡単に変わります。車に乗りこむと、車のサイズを意識しながらうまくバックすることができますよね。脳が、車のサイズを自分の体のサイズとして認識し、コントロールできるからです。

だから、新しいデバイスが登場して、うまく操作できるようになれば、それもまた、自分の体の一部のように扱えるようになると思います。それによって、行動パターンも変わるということがあるわけです。

もうすでに、レーシックで眼球を削るというような、体に傷つける手術を平気でやるようにはなってきています。そのうちに、外部記憶デバイスをつけて記憶力を良くするとか、カメラでとらえた視覚情報を、脳に直結させて視力を補うということも実現するでしょう。

そういったことは、現在当たり前に受け止められているものと、なだらかな延長線上にあることですし、時間とともに進展して、人類はそちら側へ移行していくでしょうね。

そうなるために最初に必要なのが、ピーターさんのような「最初にリスクを取って飛躍しちゃう人」です。腸や喉を切り落としても、「当たり前」から外れても、幸せになれるよっていう。そういう人類こそが生き残っていくんですね。

『ネオ・ヒューマン』が広まって、多くの人に読まれてくれれば、それだけ多くの人が同様の手術を希望するようになり、技術が進む。結果的に多くの人が救われることになるわけで、より良い社会につながると思います。

冒頭にも言いましたが、僕もいつALSになるかわからないわけです。もしそうなったら、僕もピーターを真似たい。身体を張った彼の行為によって、多くの人が恩恵をあずかることができると思っています。この本は1人でも多くの人に読んで欲しいですね。

(構成:泉美木蘭)

ジャンルで探す