各地で感染急拡大 新型コロナ最新情報

「SLの敵」転じて人気者に、ディーゼル機関車列伝

国鉄・苫小牧機関区のDD51形ディーゼル機関車=1976年(筆者撮影)

2021年春のダイヤ改正で、JR貨物のDD51形ディーゼル機関車が定期運用から引退した。近年は鉄道ファンの間で人気沸騰となったこの機関車だが、蒸気機関車を引退に追いやった当時を知る筆者から見ると、DD51がファンの間でもてはやされているのはまさに隔世の感がある。

北海道のSLが全廃されてから間もない1976年の秋、筆者はかつてSLが多数所属した苫小牧の機関区に向かった。函館・室蘭本線で活躍したD51形やC62形、D52形を全廃に追いやった「にっくきDD51」をある雑誌用に特写するためだった。内心複雑なものがあったが、当時の国鉄当局の協力もあってDD51形1000番台の表紙用写真を撮り終えた。

この写真が表紙を飾ったのは、月刊鉄道グラフ誌『レールガイ』1976年12月号の創刊号だった。当時初めてDD51形が本格的に取り上げられた記念すべき鉄道雑誌だった。蒸機を追いやったことで当時は鉄道ファンに嫌われていたはずの機関車だったが、どういうわけかDD51特集は好評だった。思えば現在のDD51ブームの先取りともいうべき先見の明があったのでは、と思える特集号だった。

SLに代わって台頭したDL

日本におけるディーゼル機関車(DL)の歴史は戦前にさかのぼる。国鉄(当時は鉄道省)での国産DLの始まりは1932年に製造された入換用の小型機DB10形で、1935年にはドイツからの輸入車の研究成果を基にDD10形を1両製造した。しかし、いずれも技術的に未熟で故障が多く、本格的な始まりは戦後の1953年に登場したDD50形だった。

DD50形は日本初の幹線用ディーゼル機関車である。エンジンによって発電し、モーターを回す「電気式」で、運転台は片側にしかなく、基本的に2両背中合わせで使用された。特徴的なのは前面形状で、当時最新鋭だった国鉄80系電車とよく似た2枚窓のいわゆる「湘南形」で、その姿から「海坊主」なるあだ名があった。

次いで、非電化亜幹線の無煙化のために1957年に先行試作車が製造されたのがDF50形だ。国鉄で初めて本格的に量産されたディーゼル機関車であった。箱型の特徴あるスタイルをしており、貨客両用に活躍して寝台特急(ブルートレイン)の牽引にもあたった。紀勢本線では「紀伊」、九州では「彗星」「富士」などの先頭に立った。

その後さまざまな機関車が車両メーカーや国鉄で開発された。入換用として開発されたDD13形(1958~1967年製造、398両)は大きな成功を収め、私鉄でも同型機が継続的に導入された。さらに、ローカル線・入換用としては1966年にDE10形が登場した。1978年までに708両が造られ、SLに代わって貨物、旅客列車の運用にあたったが、当時のSLファンからは「にっくきDL」と呼ばれていた。

また、簡易線と呼ばれた軌道の弱いローカル線では軸重が12tに制限されていたため、軽量・小型のDD16形が開発され、C12形やC56形が活躍した線区でSLに代わって用いられた。貨物列車の運行終了まで使われ続けた小海線での活躍がよく知られる。

大型SLを一掃、罵るファンも…

そして、本線用として登場し、一世を風靡した名機関車がDD51形だ。蒸気機関車の廃止を推進するため、1962年から1978年までの16年間に649両が製造され、非電化の幹線で活躍していたD51形やC57形、C62形といった大型SLを一掃した。

これらのDLは、昭和40年代の蒸気機関車全廃、いわゆる国鉄無煙化に大きく寄与した。だが当時、心ない蒸機ファンは投入されたばかりのDD51形を見ると「ブタ」と罵り、石をも投げつけんばかりに嫌っていた。

筆者が思い出に残るDD51形牽引の名列車を挙げてみよう。まずは札幌―函館間を函館本線経由で結んだ急行「ニセコ」号だ。小樽・長万部経由のいわゆる「山線」はいくつかの峠越えがある険しい路線のためSL時代はC62形の重連が牽引していたが、1971年9月15日にDD51形の重連に変更された。C62重連の迫力は凄まじいものだったが、DD51重連による旧型客車の牽引もまた迫力十分で、筆者はSL時代よりも頻繁に取材に出かけた。

DD51形はその力強さから幹線の特急列車・ブルートレイン牽引にも活躍した。筆者は山陰本線において美しいヘッドマークを付けて走った寝台特急「出雲」の牽引(京都―出雲市・浜田間)や、特急「いなば」が忘れがたい。ちなみに「出雲」はDD54形と共通運用だったので、ときどきDD54のブルトレ牽引も見られた。このほか、西九州地区では長崎本線電化前に「さくら」を牽引した時代もあった。

運転開始初日の「トワイライトエクスプレス」を牽引する北斗星塗装のDD51形重連(筆者撮影)

JR化後に登場した寝台特急「北斗星」も函館―札幌間はDD51の重連が力強く北の大地を疾走していたし、同区間では「トワイライトエクスプレス」も北斗星塗装のDD51重連が牽引していた。1988年に来日した「オリエント急行」の日本国内運行でも函館―札幌間をDD51重連が牽引した。「世界の憧れ」の列車の先頭に立ったのは歴史に残る快挙であった。

貨物輸送を支えた功労者

優等列車の牽引に大活躍したDD51形だが、普通列車や貨物列車でもその性能を遺憾なく発揮した。

普通列車で思い出されるのは、1975~1985年に京都―出雲市間386.2kmを走った普通列車「山陰」だ。全線にわたってDD51が旧型客車と10系寝台車(オハネフ12)を牽引していた時代があった。また大阪発の急行「だいせん」もDD51が福知山線経由で山陰方面を結んでいた。

室蘭本線を走るDD51形牽引のコンテナ貨物列車(筆者撮影)

貨物列車では美祢線や日田彦山線で重量貨物の石灰石列車を牽く姿はとくに迫力があったし、北海道の函館・室蘭・千歳線を走るコンテナ貨物列車の先頭に立つDD51も忘れがたい。

今、DD51の後任に就いているのは"ECO-POWER RED BEAR"という愛称がついたJR貨物のDF200形だ。1992年に登場した電気式ディーゼル機関車で、当初は北海道限定運用だったが、現在はDD51が淘汰された後の幹線に配属されている。JR九州が豪華列車「ななつ星 in 九州」専用機関車として導入したDF200形7000番台の存在も特筆されよう。

DD51が引退し、DLの活躍の場そのものも減っているが、今後も現役で活躍するDLの力走を見守りたい。

ジャンルで探す