新型コロナ 最新の感染状況や対応は

静岡県知事選、「リニア」が争点にならない不思議

記者会見で「リニア中央新幹線で日本は変わる」を紹介した川勝知事(筆者撮影)

6月20日に投開票が行われる静岡県知事選は、念願の自民党推薦を得て、直前まで国土交通副大臣だった岩井茂樹・前参院議員が現職の川勝平太知事に挑む与野党の全面対決という構図が決まった。

4選出馬の表明をした川勝氏は“国交省の顔”に岩井氏をなぞらえ、「リニア」を知事選の最大の争点に挙げた。ところが、岩井氏は「国交副大臣というが、水の担当者でもあり、水をどうやって有効的に使っていくのかが仕事だった。国交省だからと言ってリニア推進派ではない」などと逃げ、地域住民の理解と協力を最優先する川勝知事と同じ姿勢だと強調した。リニアを争点に真っ向勝負と見ていただけに、拍子抜けである。

岩井氏は「人口減少の克服」「コロナ禍を乗り越える」など別の県政の課題を重点的に訴えることで、リニアを争点から外したいようだ。出馬表明が遅れたこともあって、現状では、川勝氏が圧倒的に有利である。

自民得意の組織選挙が功を奏して、岩井氏に軍配を上げるために、選挙を主導する自民県連は一体、どんな戦略を立てているのか。

共産も川勝氏を支援

うそかまことか知らぬが、自民県連は83万票台を当選ラインに置いた。コロナ禍という不確定要素があるものの、自民県連には、反リニアを唱える川勝氏の人気ぶりが見えていないようだ。反リニアで圧倒的な支持を集める川勝氏は、今回選では、2013年に自身が獲得した知事選史上最多の約108万票を超える勢いである。

まず、反リニア急先鋒である共産党が今回の知事選では、独自候補者の擁立を見送り、全面的に川勝支援を表明した。2017年衆院選で7つの静岡選挙区で党候補を立て、合計約12万6000票を獲得している。前回知事選では候補擁立を見送り、自主投票としたが、2013年知事選では約6万2000票を獲得した。

衆院選で野党連携を模索している中、共産党の立ち位置は非常に難しいから、川勝選対本部から離れて、側面から支援という戦略を取る。反リニアの象徴とも言える川勝当選に向けて、共産党は一丸となって精力的な活動を展開している。

となれば、共産票だけでも10万票以上が上乗せされることが期待される。

それだけではない。リニア静岡工事の差し止めを求める「大井川の水を守る62万人運動」の焼津、藤枝、吉田町など市町議らが5月13日、約2万人の署名を知事に提出した。知事はその要請に応えるよう国、JR東海に意見書を送った。そのほか、日本山岳会静岡支部など数多くの市民団体がリニア工事の中止などを求める意見書を知事に持参している。

「命の水」と「南アルプスの自然環境」保全を求めて、反リニアを訴える川勝氏へは、特に子供を持つ女性らの人気が高い。前回選は、自民は候補擁立を見送り、目立った争点もなかったが、川勝氏は約83万票を獲得した。今回選は100万票を超えることは間違いないだろう。

これに対して、自民県連は2017年衆院選8選挙区の自民候補者が獲得した合計得票85万3000票から、当選ラインを83万台とした。

たとえ、85万3000票に届いたとしても、川勝氏には勝てないだろう。

「細野票」の上積みが鍵を握る

自民県連会長だった上川陽子法相は二階俊博幹事長に岩井氏の推薦を要望、何度も党本部に足を運んだ。上川、二階両氏の会合の席で、二階派に入会した細野豪志代議士の自民入りについて話し合われたのかどうかについてまったく漏れ聞こえない。県連はこれまで、細野氏の自民入りに徹底的に反対してきた。このため、自民候補の合計得票85万3000票には、細野氏の得票数は含まれない。

自民党の岩井茂樹氏の事務所(筆者撮影)

元環境相でもある細野氏の人気ぶりは川勝氏に負けていない。2017年衆院選で獲得した約13万8000票は県内断トツであり、その人気ぶりは選挙区の静岡5区だけでなく、全県に及んでいる。岩井氏応援で細野氏が県内各地を回ることになれば、確実に票の上積みを図ることができる。細野票を上積みすることで、川勝氏といい勝負ができるかもしれない。

自民県連が細野氏を温かく迎え入れることができるかが勝負の分かれ目になるだろう。水面下の動きなのか、表面的にはまったく見えてこない。

また、自民県連は「世代交代」「多選阻止」などを選挙戦略に掲げている。

52歳の岩井氏は、世代交代を旗印にした。72歳の川勝氏に比べて、20歳も若いのだから、わかりやすい。情熱、体力の点などで若さを強調したいのだろう。ただ、年を取った人が退き、若い人にとって変わる世代交代を自民候補が唱えれば、自己矛盾になる。岩井氏が4月13日に出馬を明らかにしたあと、1カ月も公式な出馬表明が遅れたのは、党内の水面下での駆け引きがあったからだが、その事情を見れば、年齢のことなど口が裂けても言えないはずだ。

82歳の二階幹事長、岩井氏の出馬に反対した派閥の長、74歳の竹下亘氏、72歳の菅義偉首相ら党の重鎮に県連は懇願したが、岩井氏推薦の動きは鈍かった。党内が世代交代の状況ではないのに、川勝氏に物申すことなどできるはずもない。

年齢は時代や個人によってまったく違う。テレビアニメ「サザエさん」の父親、波平は、定年1年前、54歳の設定である。ほぼ、岩井氏と同じ年齢だが、当時の波平は今ならば、70歳過ぎと言ってもおかしくない。

川勝氏は、県の健康寿命区分を挙げて、46~76歳を「壮年期」だと気力満々に語った。見た目だけでならば、実年齢より20歳近く若いと言ってもおかしくない。

いちばん問題なのは、リニアを争点から外す戦略に出てしまったことである。いくらリニア問題解決に地域住民の理解、協力が最優先と岩井氏が訴えても、県民は岩井、川勝の両氏がリニアに同じ姿勢で臨むなど夢にも思わないだろう。実のところ、岩井氏はリニア推進であり、川勝氏は反リニアであると誰もが承知している。

選挙戦略としてリニア外しが有効と自民県連が判断したのだろうが、単に、川勝氏に真っ向から論争できない弱腰と見られるのが落ちである。リニア外しは、選挙戦では逆効果になる可能性のほうが大きい。

静岡県へのリニアのメリットがわからない

川勝氏は5月14日の会見で、リニア着工に向けて、山梨県外へ流出する湧水をすべて戻すことを求めている。これに対して、国の有識者会議は、南アルプスのリニア難工事で「人命安全」を優先、工事期間中、山梨県外に流出したとしても、湧水全量を戻すことで、大井川下流域への影響はほぼないと結論づけている。知事のよく言う「1滴の水」で人命を危険にさらしていいはずがない。いずれにしても、リニア工事によって、大井川下流域への影響がないことを岩井氏はちゃんと説明すれば県民には理解できるだろう。

6月20日投票の静岡県知事選の候補者掲示板(筆者撮影)

川勝氏は、リニア推進を唱えた書籍「リニア中央新幹線で日本は変わる」(PHP研究所、2001年8月発行)を持ち出して、当時、静岡県の南アルプスを貫通する計画はなかったことを強調した。同書は、東海道新幹線が静岡県に与えた恩恵を参考に、リニアによって、山梨、長野、岐阜などの各県に多大な恩恵をもたらすことも予測している。逆に言えば、リニア工事によって、沿線他県には恩恵があるが、静岡県にはまったくないのだ。

JR東海はリニア工事推進のために、静岡県への地域貢献策を明らかにすべきだ。リニアを選挙戦の争点にできない本当の理由は、リニア工事による流域への影響問題ではなく、実は、静岡県へのメリットが見えないからである。

リニア工事による流域への影響がないことを理解したとしても、静岡県にはデメリットしか見えてこない。川勝氏が当選すれば、少なくとも今後4年間はリニア工事の着工は凍結されるはずだ。

ジャンルで探す