新型コロナ 最新の感染状況や対応は

漫画「進撃の巨人」完結で知る担当編集者の秘話

4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で遂に完結する漫画『進撃の巨人』(出所:講談社)

「誰にも文句を言わせないネームだと思います」

漫画『進撃の巨人』の最終回ネームを作者、諫山創から受け取った際、川窪慎太郎は心に浮かんだ率直な感想を伝えた。連載当初から担当編集を務める川窪と諫山との二人三脚でお互いの人生を懸けて挑んだ作品が、ついに完結を迎える。

「よく描き切ったなって感じです。諫山さんがどう思っているのかはわかりませんが、担当編集者としてやり残したことはない。心残りや、もっとこうできたなど、そんな気持ちは1ミリもないですね。少なくともやれることは全部やった気がします」

4月9日発売『別冊少年マガジン』5月号の表紙(出所:講談社)

『進撃の巨人』は、2009年9月より『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の漫画だ。「壁」の中で暮らす人類が、人を捕食する巨人相手に絶望的な戦いを強いられる「ダークファンタジー」。世界累計発行部数は1億部を突破。アニメや日本国内での実写映画、ビデオゲームなどにも展開を拡げ、ハリウッドでの実写化も決定している。

そんな『進撃の巨人』は、2021年4月9日発売の『別冊少年マガジン』5月号で遂に完結する。

『進撃の巨人』は運命の電話から誕生した

『進撃の巨人』が誕生に至るきっかけは、今から15年前の2006年の夏。諫山からの漫画持ち込みの電話を、講談社に入社したばかりの川窪が取ったことだった。当時、専門学生だった諫山はすでにいくつかの出版社に原稿を見せていたが、どこからも相手にされなかった。

しかし、諫山の原稿を見た川窪は、その可能性を見逃さなかった。

『進撃の巨人』誕生前から漫画家、諫山創氏と二人三脚で歩んできた編集者、川窪慎太郎氏(撮影:梅谷秀司)

「(別冊少年マガジンは)持ち込みの電話がかかってきて、電話を受けた人がそのまま作品を見るスタイルです。(諫山さんの)原稿を見たら情念というか並々ならぬ思いが伝わってきて、次の作品ができたら連絡してほしい、一緒に作品を作っていきたいって話をしました」

講談社は、漫画雑誌ごとに新人向けの賞を主催している。新人漫画家はそこで賞を獲って、初めて連載が検討される。諫山はこの賞を獲得し、川窪と諫山の10年以上に及ぶ付き合いが始まった。この頃、2008年~2009年頃に生まれたアイデアを基に作られた連載ネームが、『進撃の巨人』だった。

共に連載ネームを作る過程で川窪は、諫山の多様なアイデアと感性、作家としての才能、そして作品への手応えを感じていた。

「僕が1個質問をするとそのすべてにちゃんと答えが返ってくるんです。ネームには描かれてないけど、この世界はどういう世界で彼はどんなキャラクターなのかと質問すると、こういうキャラクターで実はこんな設定があって壁の外にはこんな展開があって……と詳細に返ってきました。こんなアイデアを考えられるなんて、と驚かされましたね」

これまでの漫画にない世界観を表現した『進撃の巨人』(出所:講談社)

『進撃の巨人』は、今までにない残酷な世界観と絶望的なシチュエーション、予測不能で衝撃的な展開の数々が魅力だ。物語の冒頭からいくつもちりばめられている謎や伏線は真実を知った後に読むと、最初に読んだときには気づかなかったキャラクターの微妙な表情や目線、行動など驚きの発見が多い。

そんな緻密に計算し尽された独特の漫画を通じて、描きたかったメッセージとは何だろうか。

「諫山さんがとあるインタビューを受けて話していたのは、思春期のときに体験した漫画、ゲーム、小説、映画を見ていてショックを覚え心をえぐられた感覚、それと同じ感覚を、今度は作り手になって受け手に味わわせたいという気持ちが創作活動の原点にある、と。たしかにそれが、『進撃の巨人』の初期にはありました」

ガムシャラな時期に手にした財産

『進撃の巨人』は連載開始後2010年12月(第3巻発売時)の時点で、既刊2巻の累計発行部数が100万部を突破していた。ただ、新人編集者だった川窪にとって『進撃の巨人』は初の担当連載作。「どう宣伝したらいいんだろう、どのくらい先のことまで考えたらいいのか?」と、初めて直面する出来事にガムシャラに対応するだけだった。

この頃の日々を回想しながら、担当編集者として得た、一番の財産を次のように語る。

「『進撃の巨人』をやってよかったなと思うのは、右も左もわからない若い頃に一人の力でできることは限られていて、みんなの力を借りると想像以上に前進することがいっぱいあるということを実感できたことです。

例えば宣伝にしても、自分一人のアイデアだと限りがあります。社外の方のアイデアを借りたらもっと面白いものが出てきたり、自分のやりたいことを形にしてくれる人がどこかにいたり。人の力を借りると物事が進むことがわかって、どうやったら人の力をスムーズに借りられるのかを考え、まずは自分が人の力になることから始めてみよう、というところに行き着きました」

『進撃の巨人』は、「このマンガがすごい! 2011オトコ編」(宝島社)にて堂々の1位を獲得したことが話題になりメディアでも取り上げられ、2013年に最初のアニメが放送されると、瞬く間に社会現象を巻き起こす大人気作品となった。

この頃から川窪の元には毎日、企業などから百数十件ものメールが届くようになった。問い合わせのメール数は2021年の現在も変わらず、途切れることがないという。だが、このすべてのメールを読み、返信する生活を続けてきた。「人の力を借りる」ことの大切さを知っているからだ。

「この企画提案は『進撃』らしくないのでNGです、など1つ1つ確認し返信します。デザインや映像の確認などのなかには、20分くらいの動画映像を見て返さないといけないものもありしんどいですけど。自分のルールとして、しっかり返すってことを決めていて、心に余裕があれば気の利いた一言を添えます。

例えば、『進撃の巨人』のタイ語版のデザインをチェックしてくださいというメールには、トムヤムクンの袋麺を連想して食欲がそそられました、と返したり(笑)。そういった1つ1つの細かいやりとりで、みんなにチームなんだって感じてもらえたらなと思っています」

100冊完売し、新ギネス世界記録として認定された『巨人用 進撃の巨人』(出所:講談社)

『進撃の巨人』はこれまで、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でのアトラクション化、JRA「進撃の有馬記念」、メルセデス・ベンツやスマホゲームなど、さまざまな企業と話題性のあるコラボを展開しSNSで拡散されてきた。

『進撃の巨人』の単行本を1冊でも多く売るために、1巻から版権を開放して読者にPVを作ってもらったり、「世界一大きな書籍『巨人用 進撃の巨人』」「キャッチコピー総選挙」「旅するコミック」など展開した宣伝企画をあげるとキリがない。「進撃は世界一、宣伝に挑戦した作品だ」とも言われている。最も思い出深いプロモーションを川窪が振り返った。

「渋谷駅の屋外広告に1話目から28巻くらいまでを全ページ掲出しました。横20メートルくらい、貼ってあるという状態。変なことやったなと思います(笑)。あとは、2014年に60メートル級の超大型巨人を3D映像でビルに投影するプロジェクションマッピングを川崎市でやりました。

進撃の巨人プロジェクションマッピング "ATTACK ON THE REAL" ダイジェスト / Titan Projection Mapping 《公式》(出所:YouTube KODANSHAcojpチャンネル)

クライマックスには、壁を突き破り、超大型巨人が姿を現す。あれは思い出深いですね。60メートルのものを投射するため映像が道路をまたぐんです。道路使用許可が必要で警察に警備をお願いしなければならなくて。街中で60メートルのプロジェクションマッピングをやった作品って、『進撃』くらいじゃないですかね」

唯一、熱望しながらも実現に至っていない企画の構想があるという。

「1/1ジオラマで『進撃』の世界を再現したいです。過去に上野の森美術館で展覧会をやったのですが、そのときにエレンが生まれた街シガンシナ区を1/1ジオラマで再現して、“巨人に踏み潰されて壊れてる建物”や、“屋根から顔をのぞかせている巨人”などをやりたかったのにできなくて。一番やりたいことが、唯一できていないことなんです」

サウジアラビア人にも届いた世界観

川窪は、Twitterで『「進撃の巨人」担当編集者バック』のアカウントを運用し、15万人のフォロワーを抱える。川窪によればフォロワーの7割は外国人だという。『進撃の巨人』は海外22カ国で合計1200万部を売り上げた。世界中でコスプレが楽しまれ、ハリウッドでの実写映画も決定した。YouTubeでアニメを放送すると外国人からのコメントがほとんどだ。

作品が世界に届いていることを肌で実感したエピソードがある。

「サウジアラビアでイベントが開催された際、『進撃の巨人』もステージを持ってやってほしいとオファーがありました。ステージをやったら、おそらくサウジアラビア人だと思うのですが、『進撃の巨人』のアニメの曲を大合唱してるんですよ(笑)。サウジアラビアの人にも届いているんだなと感動しました」

勢いそのままに、2020年12月よりNHK総合にて放送開始となったTVアニメ『進撃の巨人』The Final Seasonが、世界中でシリーズ最高の視聴数を獲得している。2015年に日本でもサービスをスタートしたNetflixなど、動画配信サービスが世界中で拡大しているのも大きな追い風となっているようだ。

日本で生まれたカルチャーの代表としての「漫画」の海外市場の開拓について、川窪はその難しさを感じつつも今、一歩を踏み出そうとしている。

アニメに続き「漫画」でも海外市場の開拓に乗り出す『進撃の巨人』(出所:講談社)

「漫画文化は日本固有のもの、コマ割りや連載形式などかなり珍しい文化です。漫画をそのままの形で世界に出していくのは難しいので、アニメという形で出す。アニメーションはわりと世界共通になっているんです。映像、グッズ、イベント、体験、のような形で世界に出していくのはもっともっとやっていくべきだと思っています。

実際、個人的にアニメの委員会や知り合いに相談して、アメリカなどで『進撃の巨人』の商品をもっと流通させるアイデアを進めようとしている段階です。日本と比べて海外は供給が追いついていないというか、「欲しい、見たい、読みたい、でもどこで買えるの?」という状況があります。

市場は確実にありそうなので、しっかり整理していきたいという気持ちがあります。講談社で、マガジンで、『進撃の巨人』でやれたらいいなと思っています」

時代が変化しても変わらない矜持

『進撃の巨人 4月9日最終回 結末を見届けよ!カウントダウン企画』がネット上で開催され、最終回発売まで毎日、特別コンテンツを配信。3月30日“主人公エレンの誕生日”に諫山から最後の原稿を受け取り、入稿を終えた川窪は「11年7ヵ月お疲れ様!」とTwitterで感謝を綴った。

漫画家志望の専門学生と新人編集者が出会い生みだした物語は、国内で社会現象になり、そして海を越えてハリウッドにまで繋がった。そんな刺激的な日々からひと区切り……するのかと思いきや、感傷に浸る間もなく川窪の『進撃の巨人』の仕事は続くという。

川窪慎太郎(かわくぼ しんたろう)/編集者。2006年に講談社に入社、『週刊少年マガジン』編集部に配属される。配属1カ月目に諫山創の持ち込みに応対し、その後のデビューを支援。2009年の『別冊少年マガジン』創刊時より『進撃の巨人』を担当(撮影:梅谷秀司)

「昨日もタイアップの提案がありました。2022年の何月頃でと話があって、2022年も普通に『進撃の巨人』の仕事やってるんだなって(笑)。単純に、終わったー! って言ってブッ倒れたい気持ちというか、俺の青春終わった、みたいになりたいのも本音。

でも一方で諫山さんの才能を考えると、読まれている量が少ないと思っている自分もいるんです。まだまだやるべきことがあります」

インタビューの最後、川窪の口から出てきたのは、時代が変化しても揺るがない編集者としての「矜持」だった。

「漫画を描くことが何のためにされる作業なのかっていう出発点が僕にとっては一番大事。どんな漫画を描けば作家にとっての自己実現になるのか、そういうことを隣で一緒に考えて引き出してあげるのが編集者の姿だと思うんです。時代が変わっても変わらない、僕のスタンスです」

そして、『進撃の巨人』に対しても、揺るぎない「愛情」をみせた。

「『進撃の巨人』は自分の物語に置き換えられる、世の中の希望や絶望のすべてを描いています。僕を信じて、普段、漫画を読まない方も読んでみてほしい」

そう言い残して、川窪は仕事場(物語の世界)へと戻っていった。(敬称略)

ジャンルで探す