新型コロナ 最新の感染状況や対応は

JR貨物から消えた「DD51」、完全引退はいつだ?

今回引退したJR貨物のDD51(筆者撮影)

2021年3月のダイヤ改正で、JR貨物のディーゼル機関車のDD51が引退した。DD51といえば国鉄のディーゼル機関車の代表格で、寝台特急「北斗星」などのブルートレインをはじめとして、旅客列車から貨物列車まで幅広く活躍した機関車でもある。

蒸気機関車の「後釜」として登場

DD51が最初に造られたのは1962年のことで、今から半世紀以上も前のことだ。当時の国鉄では、エネルギー効率の悪い蒸気機関車をやめ、動力に電気を用いた電気機関車や電車、石油系の燃料を用いたディーゼル機関車やディーゼルカーに転換するという動力近代化が実践されており、その一環としてディーゼル機関車のDD51が登場した。

電気機関車や電車を使用するには、電化を行って電気を供給する設備を設けなければならないが、すべての路線を電化するのは費用の面で得策ではない。特に地方において経済的に動力近代化を推進するには、ディーゼル機関車やディーゼルカーの方が有利だったので、ディーゼル機関車のDD51は地方の本線級の路線で、蒸気機関車の代わる新しい機関車として造られた。

今でも蒸気機関車は人気があるが、蒸気機関車ばかりだった頃は蒸気機関車の煙突から出る煙が迷惑な存在で、トンネル内で運転士(機関士)が窒息する痛ましい事故もあった。ディーゼル機関車やディーゼルカーは煙が少なく、最初は旅客列車から優先的に使用された。蒸気機関車が数少なくなると「SLブーム」が起こったが、蒸気機関車を置き換えるべく大量に造られたDD51はSLファンの間から敵役とみなされてしまった。

国鉄から蒸気機関車が消えたのは1976年のことで、北海道の追分での入換作業が最後だったのだが、DD51は1978年まで製造された。蒸気機関車だけでなく、他のディーゼル機関車を置き換える目的でも造られたからだ。最後の製造目的は、成田空港を発着する飛行機の燃料を運ぶ貨物列車を運行するために造られたもので、今回JR貨物で引退したDD51のうち、1801号機には引退を惜しんでヘッドマークが取り付けられたが、この機関車も最後に造られたDD51のグループの1両だ。

亀山付近を走るDD51(写真: BREZZA/PIXTA)

最終的にDD51は649両が造られたが、この頃には国鉄の経営状況が悪化して貨物列車が削減される傾向にあったほか、電化が進んだこともあって国鉄末期にはディーゼル機関車が余剰となってしまった。

DD51も余剰整理の対象となり、国鉄が分割・民営化された時点でJRに継承されたDD51は259両と4割にも満たない。このうちJR貨物が継承したのが137両で、JRに引き継がれたDD51のうち、JR貨物が保有したものが最も多かった。ちなみに、JRは北海道から九州までの旅客6社とJR貨物に分かれるが、このうち四国ではDD51が本格的に使用される機会がなかったこともあり、JR四国を除く各社が引き継いだ。

JR貨物が引き継いだDD51は貨物列車向けだが、JR東日本やJR西日本では自社の旅客列車や工事列車などで使用されたほか、貨物列車の牽引を受託していたこともあった。国鉄時代は旅客列車と貨物列車の牽引が混ざっていたことがあり、この流れを引き継いだものとなるだろうが、JR化後も貨物列車の廃止が進み、現在はなくなっている。

また、JR東海では2007年まで、JR九州では1999年までDD51を保有していたが、いずれも臨時列車用だった。JR九州では2001年に筑豊本線が電化されるまでDD51が牽引する客車列車が走っていたのだが、このDD51はJR貨物の機関車で、JR貨物の機関車が旅客列車を牽引していた。JR北海道では夜行列車の牽引でDD51が活躍、北海道新幹線の開業に伴って急行「はまなす」の牽引を最後として2016年に引退している。

凸車体のディーゼル機関車

ここで、DD51のメカニズムに触れておきたい。DD51は車体の中央部に運転台があり、両端にエンジンを1台ずつ搭載している。

当初のエンジン出力は1000馬力だったが、増備過程で改良形が登場して1100馬力に増強された。改良形のエンジンでは、インタークーラーを用いてエンジンに送り込む空気を冷却し、より多くの空気をエンジンに送り込むことで出力を増強させている。エンジンで発生した動力は、運転台側に付く液体変速機を経由してエンジンの真下にある台車・車輪に伝えられる仕組みだが、液体変速機では速度に応じて3段階の切換が可能で、低速では大きな力が出るように、高速では速さを重視した切換が行われる。

【2021年4月8日13時20分 追記】記事初出時、エンジン構造の記述に誤りがありましたので、上記のように修正しました。

DD51は液体変速機の構造から「液体式のディーゼル機関車」と呼ばれるが、その構造は自動車のオートマチックのトランスミッションに似ている。だが、DD51では動力を切り離すクラッチの機構はなく、トルクコンバーターと呼ばれる部品に油を充填したり、排出したりすることで、動力の入り切りを行っている。扇風機の前に風車を置くと、扇風機につられて風車が動くのと同じ仕組みで、油を使って動力を伝達すれば、すり減る部品がなくなるという考え方だ。

また、中央に運転台があるという構造も、DD51ならではのものだ。小さいディーゼル機関車では、入換作業で進行方向が頻繁に変わるために、この構造が好まれるが、DD51の場合は軽くて経済的な車体構造とするために凸形となっている。この結果、エンジン部分の保守を行う際は、蓋を開くか車体自体を取り外す形となり、点検したい箇所へ簡単にアプローチできるようになっている。

いろいろあるDD51

649両が製造されたDD51だが、最後に造られたDD51の番号は1805で、数が合わない。

JR北海道では急行「はまなす」などを最後として2016年にDD51が引退した(筆者撮影)

これは増備過程で番号を飛ばしたためで、1号機と2~4号機で2回ほど試作を行い、5号機から量産となって53号機まで造ったあと、番号が501に飛んでいる。これが500番代と呼ばれる重連形のグループで、DD51を2両つなげても片側の車両に運転士が居れば運転できる構造にしたものだ。DD51は、10パーミル(1km進んで10m登る)の勾配で1000tの貨物列車(コンテナ車20両分)を1両で牽引できる性能を持つが、勾配がきつい路線や寝台特急「北斗星」のようにスピードを稼ぐ必要がある場合には「重連」と言って機関車を2両つなげて使用された。

また、旅客列車向けの設備として暖房用に蒸気発生装置を備えていたが、貨物列車では暖房設備は必要なく、貨物列車に特化して蒸気発生装置を省略したグループとして800番代が登場した。500番代と800番代は並行して造られたのだが、500番代は799に、800番代は899まで番号が進んで行き詰まってしまったので、500番代では1001に、800番代では1801に番号を飛ばしたため、番号が大きくなっている。

JRに引き継がれたのは500番代と800番代のグループで、残りは国鉄末期に廃車して整理しているのだが、解体されずに残された車両もあり、1号機は碓氷峠鉄道文化むらで保存されている。1号機の登場当時、DD51の色は茶色だったのだが、増備過程で朱色と白・灰色を組み合わせた塗装となり、これが国鉄のディーゼル機関車の標準色となった。DD51では塗り分けが異なる車両があったほか、JR化後は一部の車両で塗替えも行われ、JR北海道のDD51では寝台特急「北斗星」で客車の色に合わせて青に塗り替えたほか、JR貨物では更新工事を行って老朽化した部品を交換した車両を塗り替えて区別していた。

JR貨物では、北海道・東北・関東・中京・関西・中国・九州地区でDD51が使用されていたが、東北・関東・関西・中国・九州地区では貨物列車の廃止や電気機関車等への置き換えなどでDD51が要らなくなってしまった。北海道では後継のDF200が投入されたうえ、道内の貨物列車の縮小によって2014年にDD51が引退したが、石北本線の臨時貨物列車(玉ねぎ列車)が最後だった。

JR貨物のDD51が最後まで残ったのが中京地区で、稲沢~四日市・塩浜間など、関西本線関連の貨物列車で使用されてきたが、こちらも北海道で余剰となったDF200を改造することでDD51の置き換えが開始された。後継のDF200は2016年から関西本線に入線、2018年から本格的に使用され、3年がかりでDD51を引退させている。

JR貨物からDD51が消えた後は、JR東日本とJR西日本でDD51が残っている。JR東日本では、吾妻線の小野上に線路のバラスト(敷石)を積み込む施設がある都合で、「小野上工臨」と呼ばれる工事列車が運転されている。この列車にDD51が使用されてきたが、後継車両として砕石輸送用のGV-E197系が登場しているだけに、JR東日本からDD51が消えるのも時間の問題となろう。

最後は「DLやまぐち」か?

残るはJR西日本のDD51で、山陰本線で寝台特急「出雲」を牽引した実績もあるが、現在はレール輸送や砕石輸送用の工事列車や、車両工場に出入りする車両の牽引などで使用されている。

SL津和野稲荷号をサポートするDD51(写真:F4UZR/PIXTA)

また、「SLやまぐち」号のピンチヒッターとして使用される車両があり、「SLやまぐち」号が立往生して救援に向かう際に使用されるほか、蒸気機関車のC57やD51が故障すると代わりに客車を牽引したこともあったが、2021年には正式に「DLやまぐち」号という名前が付いてしまった。

蒸気機関車の敵役もいよいよ数が少なくなり、見かける機会が少なくなった。「DLやまぐち」号が旅客列車として最後となるのか、注目されるところだ。

ジャンルで探す