実は山形が最先端「ナスカの地上絵」研究の凄み

ペルーのナスカ台地にある「ハチドリ」の地上絵(写真提供:山形大学ナスカ研究所)
南米ペルーの「ナスカの地上絵」はどうやってつくられたのだろうか。誰がどんな目的で描いたのだろうか。世界中の古代史ファンらをひきつける地上絵。その謎に挑み続けている山形大学ナスカ研究所は、巨大な地上絵への立ち入り調査を世界で唯一認められている研究機関だ。その貢献がなければ、地上絵の謎は明らかになっていなかったかもしれない。「ニッポンのすごい研究者」第8回は、最新の技術と知見で謎に迫る山形大学人文社会科学部の坂井正人教授(58)に登場してもらった。

基礎研究が十分に行われていなかった

――坂井先生らの研究チームは昨年11月、人や動物をかたどった143点の地上絵を新たに発見と発表しました。人工知能(AI)を駆使して地上絵を見つける実験も手がけているそうですね。山形大学ナスカ研究所はどのような方法で地上絵の発見をしているのでしょうか。

今は技術が発達していますから、調査方法はずいぶん変わりました。1990年代は、ナスカ台地を歩いて調査するか、ペルー空軍が1940~70年代に撮影した解像度の低い写真を分析するしかなかったんですね。新たに撮影した場合、ナスカ台地全体の写真撮影と地図化にかかる費用は1億円。簡単に出せる金額ではありません。

私が調査を始める1993年までに、動物の地上絵は40個ほどナスカ台地で発見されていました。皆さんが知っているような、ハチドリやクモやサルなどの巨大な地上絵が、ここに含まれます。

そのほかに、台形や三角形の幾何学図形の地上絵、それから放射状直線の地上絵などが知られていました。ただし、これらの地上絵の分布図が完成していませんでした。

ナスカ台地は広大でおよそ20キロ×15キロもあります。現地調査をするためには、地上絵の分布図は不可欠です。しかし、地上絵の分布に関する基礎的な研究が十分に行われていなかったのです。

そこで自分で調査して、どこにどんな絵があるのかを把握したい、と。つまり、山形大学ナスカ研究所が調査に乗り出す前まで、ナスカの基礎的な研究は進んでおらず、データも意外とそろっていませんでした。そろっていなかったというか、あまりにも大変な作業なので、誰も手をつけることができなかったんですね。

その後、人工衛星から撮影された地表の写真が手に入るようになりました。最初、分解度は60センチくらいでしたね。ナスカ台地は約300平方キロの広さがあるので、分析作業は膨大です。

坂井正人(さかい・まさと)/山形大学学術研究院教授。専門は文化人類学、アンデス考古学。1963年千葉市生まれ。1996年東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。同年山形大学人文学部助教授、2009年山形大学人文学部教授。2013年山形大学ナスカ研究所副所長。著書・編著にReyes, Estrellas y Cerros en Chimor. (Editorial Horizonte)、 『ナスカ地上絵の新展開』(山形大学出版会)、『ラテンアメリカ』(朝倉書店)、『古代アメリカの比較文明論』(京都大学学術出版会)(写真:本人提供)

私だけではできないので学生さんたちに声をかけました。私の研究室にコンピューターを並べ、休み時間に来てくれた学生さんたちに、人工衛星画像の中から動物や直線などの地上絵を抜き出す作業をしてもらいました。それだけで5年くらいかかりました。

この地上絵が最近つくられたものなのか、それとも古いモノなのかは、上から撮影した写真だけではわかりません。現場での調査が不可欠です。地上絵の細部を検討して、ほかの地上絵と比較する必要があります。

また地上絵の付近に、当時の土器が残っているのかについても調査しなければなりません。こうした調査を通じて、地上絵がつくられた年代や目的を研究していくわけです。

日本IBMと協力してAIによる実証実験を実施

――現在では、地上絵発見にどんな方法を採用しているのでしょうか。

最近は航空機を使用したレーザー測量やドローンも使います。日本IBMと協力して、AIによる地上絵発見の実証実験を行いました。この実験では、高解像度で撮影した上空からの写真をAIに分析させ、その後に現地を調査しました。

先ほど、人工衛星画像の解像度は60センチくらいだと言いましたが、IBMとの研究で使った航空写真の解像度は約15センチです。この写真から地上絵を抜き出す作業を人間が行った場合、ナスカ台地全体をカバーするのに10年以上かかるでしょう。

AIを使ったこの研究では、AIに既知の地上絵に関するデータを学習させ、それに基づいて航空写真から地上絵の候補を抽出させました。候補の中にはすでに知られている絵も出くるので、「人工知能はちゃんと絵を認識できているんだな」と判断できます。もちろん、地上絵以外のものも候補として挙げるので、現地調査での確認が不可欠です。

ナスカ台地で現地調査をしている様子(写真提供:山形大学ナスカ研究所)

――地上絵の目的は何だったのでしょうか。門外漢はすぐ、「宇宙人」とか「謎の古代文明」とか、そういったものをイメージしがちですが。

動物の地上絵は、ナスカ台地を移動する際の目印だったと考えています。

動物の地上絵は「線タイプ」と「面タイプ」の2種類に分けられます。線タイプは、絵のサイズが大きく、ハチドリやサルなどの有名な地上絵が含まれます。これらは、細い線で描かれており、多くは一筆書きです。

もう1つの面タイプは、白い面と黒い面を組み合わせた地上絵です。50メートル以下といった小さいものが多く、5メートル以下の非常に小さな地上絵も存在します。面が描かれたのは紀元前100から紀元100年頃のこと。大型の地上絵よりも、さらに古い時代に制作されたのではないでしょうか。

神殿に向かうための巡礼ルートだった

線タイプの地上絵の近くには、直線の地上絵が存在します。これら直線の地上絵はネットワークを形成しているんです。それを、山形大学に所属する情報科学の専門家が明らかにしました。ネットワークはナスカ台地に広がっていまして、台地の南谷と北谷を結びつけています。

考古学の観点からこのネットワークを再検討したところ、興味深いことが分かりました。両谷のネットワークの出発点には、神殿などの聖的な空間が広がっているんです。つまり、線に沿って移動すると、別の谷の神殿に行くことができました。こうしたことから、直線の地上絵は神殿に向かうための巡礼ルートだと考えられるわけです。

――なるほど。では、「面タイプ」の地上絵は、どういう目的だったのでしょうか。

面タイプは、南谷と北谷の居住地を結ぶルート上に分布しています。そのことから、居住地間を移動するときの目印や道標であったと考えられています。両谷の居住地の間を徒歩で移動するためには、山裾を通らなければなりません。南谷にある居住地のすぐ近くでは、山裾に40点以上の「リャマ」が人間と一緒に描かれていました。リャマとは、アンデスを代表するラクダ科の家畜です。

そこから10キロくらい北東に移動すると、山裾に鳥の地上絵が描かれています。さらに10キロほど山のふもと沿いを移動すると、「宇宙飛行士」もしくは「フクロウ人間」と呼ばれている地上絵に出合えます。

この地上絵は鳥のような丸目をしているものの、胴体と手足は人間。さらに、この地上絵から10キロ北東へ行くと、北谷の居住地に着く。つまり、南北の居住地の間に、約10キロ間隔で地上絵が描かれていたわけです。これらの地上絵を利用すれば、あとどのくらいで次の居住地へ到着できるのかを知ることができます。

地上絵の組合せからは、当時の価値観を知ることもできます。南谷の居住地の近くには人間によって飼い慣らされた家畜が描かれている一方で、北谷にある居住地付近では半獣半人の地上絵が描かれています。この2つの間には、野生の鳥が描かれています。

人間・家畜・半獣半人・野生動物といった3つの区分があり、居住地を移動する際にこれらの地上絵を繰り返し見せることで、この価値観が当時の社会で共有されたのではないでしょうか。

――古代のナスカには、文字や言葉がなかったと聞きます。

実は大学生の時代、たまたま手に取った本がペルーのインカ帝国に関する人類学の本でした。インカ帝国には文字がないのに、人口は1000万人を超えていたのです。

現代に生きるわれわれは文字なしには生活が成り立たないのに、彼らはどうやって情報をやりとりしていたのだろう、と疑問に思いました。

文字は必ずしも便利な道具ではない

同じアンデス文明のナスカ社会でも、人々は文字のない農耕社会を築き上げてきました。面タイプの地上絵は先ほども言ったように、道標的な目的も含め「見る」ためだったと考えています。一方、線タイプの巨大な地上絵は儀礼用の広場で、「見る」たけではなく、そこに人々が「集う」目的があったのではないか、と思いました。

インカ帝国の場合、首都クスコには300カ所以上の礼拝所がありました。これらの礼拝所の配置を、インカの人々は王族内部の序列を記録するために利用しました。また王の正統性を示すために、首都クスコはインカ王のシンボルであるピューマの形をしています。

確かに、ナスカには文字が存在しませんでした。情報伝達の媒体として地上絵を選んだナスカの人々には、文字は必要なかったのではないでしょうか。文字は「話し言葉」に基づくので、インカやナスカのような多様な言語が話された社会では、文字は必ずしも便利な道具ではありません。文字を普遍的に便利なものだと考えるのは、非常に西洋的・中国的なものの見方です。

「海鳥」の地上絵(写真提供:山形大学ナスカ研究所)

「人型」の地上絵(写真提供:山形大学ナスカ研究所)

――坂井先生はそもそも、なぜ研究者を志したのでしょうか。

父が薬学の先生だったことが大きいかもしれません。アルカロイドを含む植物を対象にした研究をして、台湾、タイ、エジプトとか、よく外国に行っていました。私が子どものころは、薬草を採りに国内の野山へ連れて行ってもらったんですよ。父に「これと同じ植物を見つけろ」と言われて。見つけて褒めてもらうのが、うれしかったですね。

父が何の研究をしているか当時はわかりませんでしたが、「学問とは体を使ってデータを集めること」という姿勢を肌身で学びました。これが研究者になる道を選んだ大きな経験でしたね。

研究は、仮説を持って文献を調べ、現地で情報を手に入れる。現地で情報が得られなかったら、新しいフィールドを探す。文献で終わるのではなく、体を使って手に入れたデータは魅力的です。「頑張って手に入れた感」があります。しかもこれが仕事になるんです。

「本当に面白い」と思うことを研究する

――研究の道を志す若い世代には、どんな言葉をかけますか。

ペルーにある山形大学ナスカ研究所。開所は2012年。「私が大学院生のころ、地上絵の予備調査を実施しました。その後、1996年に山形大学へ就職。心理学・情報科学・地理学の先生に相談し、共同研究を始めました。2004年から現在に至るまで、歴代の学長がこの共同研究を重点的に支援してくださっています。また同僚の教員や事務職員といった山形大学の仲間たちのおかげで、ナスカ研究は大きく育っています」と坂井教授は言う(写真提供:山形大学ナスカ研究所)

「好きなことをやれ」ですね。面白さは、人それぞれに異なります。私は「これが面白い」と思ってナスカの地上絵に関する研究をやっています。けれども、みんながナスカの地上絵を面白いと思うわけではない。

それそれの人が「本当に面白い」と思うことをテーマに選び、研究することで、基本的な研究方法などを身につけていけば、自分の確固たる血肉になります。好きなテーマ、好きなフィールドをみつけ、自分にしかできない研究に取り組むべきでしょう。

誰も持っていない新しいデータを発見し、これまでの知見を覆していく。それが研究者として一番の魅力ではないでしょうか。

ナスカの地上絵の研究には、フィールドワークの魅力があります。南米のペルーに山形大学ナスカ研究所ができて、毎年のように現地へ行くことができる。これまでとはまったく異なる世界に入り込むため、自分の生活スタイルも変えて、研究に昼夜没頭している。つまり生活スタイル自体も研究の魅力なのかな、と。

ナスカの地上絵は、同じ絵がありません。一品ものです。それぞれの地上絵が描かれた意図を探るため、まだまだやることが残されているんです。

取材:板垣聡旨=フロントラインプレス(Frontline Press)所属

ジャンルで探す