FC東京が「ACL」に並々ならぬ意欲を示すワケ

AFCアジアチャンピオンズリーグにFC東京が挑む(写真:松尾/アフロスポーツ)

新型コロナウイルスの影響で4カ月もの中断を強いられた2020年Jリーグ。11月7日に新国立競技場で開催予定されていたYBCルヴァンカップ決勝も、柏レイソルのクラスター発生によって2021年1月4日に延期となってしまった。

2009年以来11年ぶりのリーグカップタイトル獲得に燃えていたFC東京は思わぬ事態に直面したわけだが、長谷川健太監督も「こればかりは致し方ないこと。状況を受け入れ、気持ちを切り替えて臨むしかない」と強調している。

こうした中、彼らはJ1リーグと並行して11月24日に再開されるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の国際大会に挑むことになる。

コロナ禍初の海外遠征

当初はホーム&アウェー方式で行われていた同大会だが、コロナの影響で相次ぐ延期の末にカタールでセントラル開催されることが決定。24日の上海申花戦を皮切りに、1次ラウンド残り4試合を戦い、グループ2位以内に入ればラウンド16に進出できる。

東京フットボールクラブの大金直樹社長(写真:編集部撮影)

12月19日のファイナルまで勝ち上がれば、約1カ月の中東遠征を強いられるが、「これを乗り越えてアジア王者に輝くことが、今後の大きなステップアップにつながる」と大金直樹社長も力を込めている。

コロナ禍初の海外遠征という難しい戦いに挑むFC東京。そんな彼らの2020シーズンはこのACLプレーオフからスタートした。それが1月28日のセレスネグロス(フィリピン)戦。まさに波乱含みの幕開けだった。雪の予報が凄まじい雨嵐となり、本拠地・味の素スタジアムはまともにボールが蹴れないほどの悪条件に見舞われたのだ。

結果的には日本代表DF室屋成(現ドイツ2部・ハノーファー)と新加入のブラジル籍FWアダイウトンのゴールで2-0と勝利。順当に大会出場権を得たが、「今、思えば、この試合が紆余曲折の1年を予感させるものでした」と大金社長も神妙な面持ちで語っている。

2月に入るとコロナが急拡大。FC東京は公式戦4試合を消化したところで中断を余儀なくされる。J1ホーム開幕戦は2月29日の横浜F・マリノス戦の予定で、日本代表MF橋本拳人(現ロシア1部・ロストフ)を前面に押し出したポスターをホームタウンである都内の商店街や駅などに貼って告知強化を図っていたが、試合が行われないまま時間だけが過ぎていった。

「3月時点ではトップチームの練習は行っていましたが、スクールとアカデミーの活動休止にいち早く踏み切り、緊急事態宣言が出る直前の4月6日にはトップも休止状態にしました。そこから2カ月間は『われわれの存在意義はあるのか』『この先どうなってしまうのか』という不安に包まれました。

試合が実施できないということで収入もなくなり、クラブとして少しでも収入を得る手段やファン・サポーターとコミュニケーションを取る方法を考え始めました。オフィシャルグッズを対面で購入できない状況から、選手たちがオンラインで使用方法などを紹介してECサイトからの購入を促したり、大型連休中には『青赤STAY HOME週間』というオンラインを使ったイベントを実施。

現役選手はもちろんのこと、長友佑都(フランス1部・マルセイユ)や武藤嘉紀(スペイン1部・エイバル)といった国内外のOB選手らも協力してくれました。これまでFC東京は固いイメージがあったかもしれませんが、『コロナ禍だからこそ、逆転の発想でやれることをやろう』とクラブスタッフ全員で考え、開き直ったところはありましたね」と、大金社長は言う。

観客数減少で経営に大打撃

その後、7月4日にJ1が再開。ようやくサッカーのある日常が戻ってきたが、主力の橋本と室屋が立て続けに海外移籍。さらにキャプテン・東慶悟も負傷で長期離脱を強いられた。チーム全体に暗雲が垂れ込めたが、そこで光ったのが名将・長谷川健太監督の大胆采配だ。成長途上の若手を積極的に起用し、底上げを図ったことでJ1では上位をキープ。ルヴァンカップも決勝まで勝ち上がるなどの奮闘を見せているのだ。

「長谷川監督は筑波大学時代の1つ上。学生時代は怖い先輩でしたが、怖いだけでなく"偉大"な先輩。今はお互いの立場は違いますが、本音で意見を言い合える。今年で就任3年目ですが、いい信頼関係を築けています。今季の戦い方を見ていても『勝負師』だと改めて実感しています」と大金社長も指揮官の手腕に太鼓判を押していた。

(写真:編集部撮影)

こうした現場の努力に見合った集客があれば理想的だが、現状は厳しい。今季Jリーグでは当初、無観客試合からスタートし、7月10日から上限5000人へと制限を緩和。段階的に数字を引き上げた。

FC東京も10月24日の横浜F・マリノス戦から1万6000人まで上限を引き上げたものの、この試合の観客数は9518人。続く10月28日の柏戦は6632人、直近11日のコンサドーレ札幌戦も6357人と、上限を下回る事態に陥っているのだ。

となれば、経営面のダメージは大きい。2019年度の売上高は過去最高となる56億3500万円を計上。平均入場者数も3万1540人と史上初めて3万台に到達した。だが、6月に小池百合子東京都知事を表敬訪問した際、大金社長は「今季は約8億円の赤字見込み」という衝撃の数字を公表。その後、クラブ内のさまざまな経費の見直しを徹底的に行い、赤字幅は約4億~5億円まで圧縮できる見込みというが、それでも、楽観を許さない状況と言っていい。

「赤字の最大要因はやはり観客数の減少です。昨季の入場料収入は11億400万円でしたが、今季は3分の1以下になる見込み。昨季までスタジアムに足を運んでくださっていた方の戻りが鈍いことをとくに課題視しています。2020年のシーズンチケットを購入いただいたSOCIO(ソシオ)は約1万人。コロナ禍で通常通り開催できないことを受けて全額返金したのですが、再開後に一度もスタジアムに来られていない方が約4割に上っています。『FC東京を1年間応援する』という意思を示した人が二の足を踏んでいるという厳しい状況です。

コロナの恐怖、声を出す応援ができない、歌を歌えない、仲間同士の飲み会ができないなど来場されない理由はいくつかあると思いますが、とくに子ども連れのファミリー層と高齢者が減っているのが気になります。そういうときだけに、今回のACL再開は大きなニュースです。この大会自体は海外遠征なのですが、『もう一度、FC東京を応援しに行きたいな』というきっかけになる可能性は低くない。そういう方向に持っていけるような機会にしたいと思います」

クラブと人々の接点が減った

大金社長がこう語るように、既存のファンを取り戻すことがクラブ経営改善への第一歩なのは間違いない。ただ、コロナ禍では告知宣伝活動もこれまで通りには行えない。感染状況次第では試合が予定通りに行われるかわからない中、ポスターを制作するにしても日程をどこまで掲載するかの判断が難しいし、商店街を足繁く回るような営業も接触を減らす意味ではやりづらい。

その結果、クラブと人々の接点は自ずと減っていく。その悪循環を何とかしなければならないという危機感は非常に強いという。

「2月の開幕戦向けの橋本拳人のポスターが6月中旬まで京王線の駅やホームタウンの商店街などに貼り続けられたほど、今年は告知活動が停滞していました。以前だったら節目節目に製作された青赤のポスターが人の目に触れるところに貼られていましたし、『FC東京ニュース』というクラブ発行のフリーペーパーを手に取る機会もあった。

ですが今年はそれも定期的に作っていないので、試合日程を知らない人も多いと思います。今後は感染リスクを考え、ウェブサイトやSNSの活用を増やしていくつもりですが、人と人の触れ合いの中でファン拡大を図ってきたわれわれとしてはやはり難しい。何をすべきかをより真剣に模索しています」(大金社長)

2021年度も3密を避けるための観客制限が続く可能性が高く、入場料収入を大きく伸ばすのは至難の業。スポンサーに関しても1月末で今季の契約が終わり、来季に切り替わるタイミングであるため、どのクラブも何とか契約継続を死守するために奔放している。ただ、FC東京の場合は、今のところ次年度撤退の申し入れはなく、おおむね現状維持が図れそうな見通しだ。

それに加えて、彼らには昨季末現在で22億8100万円の純資産もあるため、財務体質はJリーグでもかなり良好だ。さらに言うと、彼らは首都・東京に本拠を置くJ1唯一のクラブ。それを含め、強みを生かしながら、コロナ後の復活の牽引役になっていくことが重要な責務と言っていい。

ACLというビッグタイトルが残されているのはクラブにとっての明るい材料だ。このタイトルを取れれば約4億超の賞金が入ってくるだけに、是が非でも手にしたいのが本音だろう。

その後にはYBCルヴァンカップ決勝も控えている。チームが成績を残せば、離れていた観客も戻ってくるだろうし、新たなスポンサー契約の可能性も広がってくる。そういった好循環にしていくことが、大金社長の理想ではないか。

大金社長「目標を凍結しリスタート」

「今季を迎える前に『2023ビジョン』を作り、J1優勝や観客数3万人キープなどを目標に定めたのですが、それをいったん凍結しリスタートするというのが今の考え方です。私が活動休止期間にスタッフに伝えたのは、①新しい文化の構築、②企業基盤の再構築、③クラブに関わる人との関係の再構築……の3つを含んだRe STARTです。

リモートワークなど働き方や職場環境が変わる中、新たなクラブ組織のあり方を構築し、地域との向き合い方や関係作りも模索しなければいけない。さまざまな変化に対応しながら、みんなで手を携えてリスタートしていこうというのが、私の決意です。

あれから半年が経過し、コロナから完全に脱することはできていませんが、子どもたちとのサッカー教室も再開し、選手たちもオンラインで小学校や病院訪問を行うなど、地域との関わりを深めています。FC東京は先々も地域に必要だと言ってもらえる存在であり続けないといけない。

将来的には東京にサッカー専用スタジアムがほしいという希望もありますが、まずはこの危機を乗り越えることが最優先。そのために地道な努力を続けていくことが重要だと思います」

2019年度までの上昇曲線を再び描くためにも、ACLとルヴァンカップ決勝は大きな節目になる。青赤軍団はコロナからの完全復活への大きな弾みをつけられるのか。ビッグトーナメントの再開が今から待ち遠しい。

ジャンルで探す