共働き夫婦が「公平に家事分担する」3つの方法

共働き夫婦が家事ストレスを減らす方法は?(写真:プラナ/PIXTA)
11月22日はいい夫婦の日。共働き夫婦が増えている昨今、家事分担が大きな課題となっている家庭も増えているが、これは日本だけの問題ではないようだ。世界中で350万部のベストセラーとなった『夫の言い分 妻の言い分 理想的な結婚生活を続けるために』の著者であり、評判の臨床心理学者、結婚カウンセラーであるウィラード・ハーリ氏に、共働き夫婦が家事ストレスを減らす方法について聞いた。

家事の分担は夫婦げんかの主な原因

家事をしてほしいという欲求は、時限爆弾のようなものだ。初めは、そんなことを思うのは不適切だし、時代錯誤のようだと感じている。ところが結婚して何年かたつと、この欲求が爆発し、パートナーを驚かせることになる。

ひと昔前は、男性が妻に家事をしてほしいと望み、妻がその欲求を満たすのが普通だと思われていた。とくに専業主婦の時代はそうだった。

だが、時代は変わり、それにともなってこの欲求も変わっていった。現代では、女性もフルタイムで働くのが当たり前。すると、夫婦げんかの主な原因は、家事の分担をどうするかということになる。

妻に家事をしてほしいという夫の願いがかなえられないだけでなく、妻自身も誰かに家事をやってもらいたいと思うからだ。

結婚当初は家事を分担することをいとわないものだ。新婚夫婦は一緒にお皿を洗ったり、洗濯・掃除をしたりする。独身時代はすべて自分でやらなければならなかったのに、いまでは妻が手伝ってくれるので男性は喜ぶ。新婚時代は、家事をやってほしいという欲求が大切なものだとは、2人とも気づかない。でも、時限爆弾はときを刻み続けている。

では、家事をしてほしいという欲求が爆発するのはいつだろう? そう、子どもが生まれたときだ。子どもが生まれると必要なものが増える。収入もそうだし、家事の量も一気に増える。それまでの家事分担ではやっていけない。新しく増えた家事は、どちらが担えばいいのだろうか?

もしあなたが専業主婦なら、家事や育児をやってほしいという夫の欲求も、それほど問題にならない場合もあるだろう。夫が仕事から帰ってくるまでに、家の仕事を終わらせておくこともできるかもしれない。子どもの面倒は少しくらいみてほしいと思うかもしれないが、日によっては子どもが寝たあとは夫の相手をすることもできるだろう。

しかし、もしあなたがフルタイムで働いているなら、公平な家事分担という難題に直面していることだろう。すべて1人でこなそうとして疲れきり、パートナーが手伝ってくれないことにいらだちを覚えている人も少なくないだろう。

2人ともフルタイムで働いているなら、夫婦は家事を分担しなければいけないということに異議を唱える人は誰もいないはずだ。しかし、自分が家事と育児をしなければいけないという強迫観念が妻にあって、夫も妻に家事をしてほしいと思っている場合は、公平に家事を分担するのは難しい。

妻は家事をしないと気がすまないし、夫は妻に家のことを任せたいと思っている。これが一般的な共働き夫婦が直面している現実であるなら、いったいどうしたら公平に家事を分担できるだろうか。

公平に家事を分担するための3ステップ

行動を変えるには、動機づけが最も大切である。変えることを楽しいと思えれば、あるいは変えることで何か見返りを得ることができれば、確実にミッションを完了できるはずだ。反対に、変えることが楽しくなかったり、何も見返りがなかったりすれば、変えようとしてもむなしい結果に終わってしまう。

動機づけという観点から、共働き夫婦が公平な家事分担をできるようにするための、解決策を示そう。女性に家事をやってほしいと考えている男性に、家事を手伝ってもらいたいなら、次の3つのステップを踏んでみよう。

ステップ1―家事や育児をリストアップする

このリストはカップルで一緒につくること。毎日、何か家事や育児をするたびに、あるいは相手にやってもらいたいと思うたびに、項目を書いていく。

リストができ上がったときには、分担すべき家事と育児がすべて明らかになったと納得できることだろう。50個の項目が挙がっているかもしれないし、100個ほど挙がっているかもしれない。このリストをつくってみるだけでも、やらなければいけないと思っていることのどこに問題があるのかを、理解することができるだろう。

ステップ2―担当者を決める

次は、それぞれがやっていて楽しい、あるいは自分がやったほうがいいと思う家事や育児を挙げてみよう。

新しいリストを2つつくる。1つは“男性が担当する家事・育児”、もう1つは“女性が担当する家事・育児”。それぞれ、自分が責任を持ってやることを選んでいく。やっていて楽しいことや苦にならないこと、自分のやり方でやりたいことを選び、書き上がったらそのリストを相手と交換する。

もしやりたいと思うことが重なっていたら、交代でやってもいいし、臨機応変に分担してもいい。だが、最終的にどちらが担当するかを決める前に、相手が選んだものを認めることも必要だ。

相手にはうまくできないだろうと思っても、まずはできるかどうか試しにやってもらう期間をつくろう。担当することが決まったら、相手の期待に応えられるように、責任を持ってそれをやろう。

ステップ3―残った家事・育児を分担する

問題は、リストに残った家事・育児をどちらがやるのか。それは、いちばん必要としている人がやるのがいいだろう。この方法に疑問を抱く人もいるだろうが、それが合理的な解決策である。そうでなければ、その必要性をまったく感じていないほうが、押しつけられることになってしまうからだ。

それに、ほとんどの女性はすでにわかっていると思うが、自分が必要だと思っていることを、パートナーに任せてもうまくいかないものだ。

家事や育児の分担を決めると、たいてい女性が分担するほうが多くなることだろう。男性は妻に料理、掃除、洗濯、アイロンがけ、そのほか家を快適な場所にするためのさまざまな家事をしてもらって、自分の面倒を見てほしいと思っている。妻がフルタイムで働いていて、そんな時間もエネルギーもなかったとしても、その欲求が減ることはない。

そこで、経済的に余裕があるなら、こうした家事のいくつかを家事代行サービスに頼んだり子どもに任せたりするなど、考え方を変えてみてはどうだろう。

フルタイムで働いている女性は、できるかぎり家事を少なくするべきだ。時間もかかるしやっていて楽しくない仕事は、プロの手を借りよう。浴室やキッチンなどは週に1回、クリーニングサービスを使って念入りに掃除してもらえばいい。芝刈りや庭の手入れなどもプロに頼めば、煩わしかった土曜日も家族と楽しく過ごせる日になる。

家事をしてほしいという男性の欲求を満たすのは、必ずしも自分でなくても構わないのだ。家が快適に整ってさえいれば、パートナーの欲求は満たされる。

また、自分たちがやっていて楽しくない家事、やりたくない家事を子どもにやらせるのはやめよう。それは道徳的によくないからだ。

子どもに家事を手伝ってもらいたいのなら、あなたが担当する家事のリストのなかから、子どもたちが楽しくできるものを自分で選ばせよう。あなたやパートナーのリストと同じように、子どもが担当する家事のリストもつくるといいだろう。やってもらえる家事は意外にたくさんある。

家事をプロに頼むとなると、当然、予算の問題が出てくる。でも、妻がフルタイムで働いているなら、すべての家事を担うのは酷な話だ。

苦痛に感じるなら代わりの方法を考える

大事なことは、相手がそれほど求めていないことに時間をかけすぎないこと。相手から感謝されないような家事や育児はやらなくていい。

あなたが手伝ってあげたときの相手の反応を見れば、“愛情銀行”の貯金が増えているかどうかわかるだろう。その家事をしたときに相手がありがたいと思い、愛情をこめて感謝の気持ちを伝えてくれるようなら、貯金は増えているということだ。けれども相手が無反応なら、何かの理由で愛情銀行の貯金は増えていないという証拠である。

相手には自分の欲求を満たす責任があると思っていると、それが満たされても感謝の気持ちが薄くなる。欲求が満たされることを思いがけない贈り物だと思えれば──相手が思いやりを示してくれたと感じることができれば──愛情はもっとたくさん振り込まれる。

もし、あなたやあなたのパートナーが、自分の欲求は満たされて当然だと思っているなら、愛情銀行の貯金が増える効果は薄くなってしまうだろう。

最後に、もう1つだけ伝えておきたいことがある。相手の家事を手伝うことを苦痛に感じているならば、手伝うことを習慣にしないほうがいい。その場合、相手の愛情銀行の貯金が増えることはないだろう。だから貯金が減らないように、ほかに相手の力になる方法を探さなくてはならない。

家事の公平な分担を決めるとき、愛情銀行の貯金が増えるか減るかは、あなた次第だ。まずは、自分がやりたいと思った家事や、相手よりも自分がやったほうがいいと思う家事を引き受けよう。そして、夫は妻の家事リストのなかで、自分が手伝ったら妻がいちばんうれしいと思う家事の手伝いをしよう。

こうして家事を分担していけば、思いやりを示す気分ではないようなときでも、お互いに思いやりを示せるようになる。相手の犠牲のうえに何かを得ようとしたり、楽しいと思えない生活を相手に強要したりすることがなくなる。2人がともに幸せで満ち足りた毎日をおくれるようになるし、なにより愛情を抱き合うことができるようになるだろう。

ジャンルで探す