「人前で泣くリーダー」が経営学の世界最先端だ

社員と価値観を共有し、共感できるリーダーが必要とされています(写真:metamorworks/PIXTA)
創業20年で従業員数5万人。世界最大級の顧客管理(CRM)ソフトウェア企業であり、GAFAに並ぶ巨大IT企業であるセールスフォース・ドットコム。
同社のユニークな、成長と社会貢献を両立させるという企業文化を、創業者マーク・ベニオフ氏が生い立ちから企業理念、社会への思いからつづった『トレイルブレイザー――企業が本気で社会を変える10の思考』の日本語版がこの夏に刊行され、各所で話題になっている。
いま最も話題の経営書『世界標準の経営理論』の筆者で、早稲田大学ビジネススクール教授の入山章栄氏は、「セールスフォースは未来的な意味で成功し、マーク・ベニオフはきわめて未来的な経営者で、日本のビジネスパーソンも学ぶところは多い」と高く評している。
本稿では、入山教授が『トレイルブレイザー』を受けて、世界の経営学に見るセールスフォースとマーク・ベニオフの思想について語る。

お金→ビジョン→バリューベースの時代へ

これは、めちゃめちゃいい本ですね! すごい本だし、素晴らしい。日本の経営者とか企業が学ぶべきところは、ものすごくあるのではないでしょうか。多くのビジネスパーソンに手に取ってほしいですね。

この本では、セールスフォースが同社のバリュー(価値観)やそれに紐づく社会貢献を重視し、営利目的だけでなく多様なステークホルダーの幸せを考えながら経営している様子が詳細に描かれています。世界のビジネスの流れは間違いなく、こちらに向かっていると私は思います。

企業経営において重視されるものは、時代によって変わります。拙著『世界標準の経営理論』でも書いたのですが、高度経済成長期には「お金がすべて」という流れがありました。なぜなら、当時の日本人はまだ物質的に豊かではなかったから。経済は右肩上がりで給料も増えていく中で、物質的な欲求が優先されました。

その後、先進国ではそういう時代が終わりつつありますが、一方で成熟してきたからこそ、変革すなわちイノベーションの重要性が高まりました。そこで次に重視されるようになったのが、「未来へのビジョン」だと私は考えています。

実際に今、世界中で急速に伸びている会社には、ビジョンの強いリーダーがいます。孫正義さんやイーロン・マスクさんなどが、典型ですね。

例えば、マスクさんは「このままでは人類は地球に住めなくなる、だから火星に人類を移住させよう」という壮大なビジョンを持って、スペースXを経営している。そのビジョンに共感した人が同社に集まってくるわけです。

こういったリーダーは会社として世の中を変えて、新しいイノベーションを起こすことで収益を獲得しようとする考え方を打ち出しています。

そして今、より最先端の企業では、ビジョンを超えて、「バリュー」をより重視する時代になってきているといえるかもしれません。

ビジョンが「未来を変えよう」といった「動詞型」であるのに対し、バリューは「私たちはこうありたい」「こういう考え方・価値観がいい」という、「形容詞」に近いイメージ、と私は理解しています。

これは、ビジョンが重要でなくなったという意味ではありません。とくに、旧来の日本企業ではビジョンが明確ではないところがいまだに多いので、会社の意思が弱く、結果としてイノベーションが生み出せていないからです。ビジョンは引き続き重要です。

私が言いたいのは、未来へのビジョンもバリューも明確にしつつも、より相対的にバリューを重視する会社が出てきているということです。その代表が、セールスフォースです。

ネットワークでつながるための求心力

日本でも、今後は終身雇用・新卒一括雇用が崩壊していき、人材の流動性はますます高まることは疑いありません。そこで新しく働く先を選ぶときに重要なのは、「お金」「バリュー・価値観」「ビジョン」「自分の成長」という4つの要素だと私は理解しています。

入山章栄(いりやま あきえ)/早稲田大学ビジネススクール教授。1972年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所でコンサルティング業務に従事した後、2008年ピッツバーグ大学経営大学院でPh.D.を取得。ニューヨーク州立大学バッファー校ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーなどを経て、2019年より現職(撮影:鈴木愛子)

そして、若くて優秀な人ほどビジョンやバリューを重視する傾向があります。なかでも、若い人はバリュー重視の人が多い印象です。

この理由は、若い人は全員が「未来でこれを変えたい」という強烈な思いを持ち合わせているとは限らないからです。若いうちは人との出会いも経験も乏しいですから、共鳴するビジョンもなかなか見つかりません。それよりも、自分と同じ感覚を持ち、バリューに共鳴できる仲間とまずは働きたいと思うからです。

人と人のつながり方や組織構造が変わってきたことも、このバリューベースの流れを後押ししているはずです。頭の中で図を描いてイメージしてほしいのですが、ビジョンの強い企業は中央集権的な構造をとります。

例えば、テスラはイーロン・マスクさんと彼の強烈な未来へのビジョンを中心とし、そこに共鳴した人が集まる。マスクさんを中心にして、放射状に個人がぶら下がっているイメージです。

これに対して、人の流動性がさらに高まった時代には、組織の内外を超えて、さまざまな人が横でつながっていくでしょう。その場合、ネットワークの中心はなくなっていきます。代わりに、つながりを保つために、ネットワークのメンバー全体が共有するバリューが必要になってくるのです。

セールスフォースはバリューを非常に大事にして組織をドライブしているという点で、「バリューベース時代」の先駆けの企業だと思います。ここまで本気で体現している会社は、世界でもほとんどないはずです。その意味で、この本の内容はまさに最先端であると思うのです。

未来のリーダーは、オーセンティックであるべき

この本の中でもう1つ印象的だったのが、創業経営者のマーク・ベニオフ氏が失敗して反省しているエピソードが何度も何度も出てくることです。素晴らしいですよね。

一般に、ビジネスリーダーの多くは、部下から「あなたは間違っている」と指摘されたとき、なかなかそれを素直に受け止められません。その後で「やはり自分は正しかった」と論じるリーダーの話が書かれた本のほうが、世の中には圧倒的に多いことでしょう。

でも、逆にこの本は、これだけの企業を作ったベニオフが、「自分が間違っていた」と何度も認めて、軌道修正するリーダー像に新しさを感じました。

このように自分らしく、ありのままの姿をさらけ出すリーダー像を経営学では「オーセンティック・リーダーシップ」と呼びます。これからの時代に一層求められるもののはずです。

というのは、バリューを大事にする会社では、社員全員が価値観に共鳴しているので、CEOが価値観にそぐわない行動をすれば、苦言を呈することもありうるからです。本書に書かれているように、まさにセールスフォースで起きたことですね。

以前であれば声をあげられなかった社員でも、今はSNSなどさまざまな形でつながっているので、CEOに直接文句が言えるのです。

ここで、バリューに素直になって、自分の非を認めて謝ることのできるオーセンティックなリーダーは、従業員からも支持されるでしょう。未来的なリーダーのあり方です。

ベニオフさんもそうです。彼は自分と自社のバリューを信じて動いています。バリューにそぐわないことをして間違ったら、「ごめん」と謝って泣いて、率直に改める。これからの時代は、こんな人前で泣くことすらできるリーダーが求められているのでしょう。

もしかしたら、本書でベニオフさんが豊田章男さんに共感しているのは、2010年のトヨタ自動車のリコール問題で、豊田さんが涙したことがあったからかもしれませんね。

バリューベースの背景にあるのが、私が「腹落ちの理論」と呼んでいる「センスメイキング」という考え方です。これは、私の『世界標準の経営理論』でも、イノベーション理論である「両利きの経営」と並んで反響の大きかった理論です。

人は会社のバリューに共感し、腹落ちもしているときに、それらが本気の行動につながっていきます。セールスフォースの場合、V2MOM(ビジョン、バリュー、手法、障害物、評価基準)という行動規範のフレームワークが、腹落ちさせる仕組みの1つといえます。

先日、日本のセールスフォースの社員の方に「御社はまるで宗教みたいですね」と冗談交じりに話したら、「そのとおりです」と笑って答えていました。それだけ社員がバリューに共感し、センスメイキングもできているので、全員がリーダーとして振る舞えるような「シェアード・リーダーシップ」が同社では実現するのでしょう。

この実現には、全員で価値観を共有することが必要になってきます。これからの革新的で世界を変えられる会社は、こういう会社だと思います。重要なのはバリューへの共鳴。もはや「理屈の時代は終わった」ともいえるかもしれません。

「社会善」のために本気で行動する

本書によると、セールスフォースでは多様なステークホルダーを大事にしています。資本主義を掲げ、株主第一主義で、時価総額を高めようと突っ走ってきた多くのアメリカ企業に対して、これも新しい考え方といえるでしょう。

私の理解ではアメリカで1980年代から機関投資家の登場とともに、株主第一主義が強まりました。機関投資家は年金の運用などをするので、リターンを出さないといけません。そこで株主がいちばん重要なステークホルダーであり、株主にリターンを出すことがCEOの最大の役割だとする考え方が出てきました。

ところが、そこからいきすぎも生じ、今のように多様なステークホルダーがいる時代に、この考えは合わなくなってきている可能性があります。だからこそ、アメリカ大手企業のCEOが参加する「ビジネス・ラウンドテーブル」が去年の秋に、株主至上主義を見直し、さまざまなステークホルダーのことを考えるべきだという趣旨の発言をしたのです。

ユニリーバやネスレなど一部の欧州企業のほうが、むしろこのあたりの意識の高さでよく知られています。一方の日本企業は、もともと「三方よし」など、多様なステークホルダーを意識する歴史があった。しかし残念なのは、今の日本企業ではその価値に気づいていないところも多い。非常にもったいないところです。

そう考えると、むしろ株主しか重視しない今のアメリカ企業は「後進」とさえいえるかもしれませんね。その中で、セールスフォースはアメリカの中では圧倒的に先に行っている会社ですね。

それと関連して、本書の「アクティビストCEO――企業が本気で社会を変える」という章が興味深く感じました。会社と政府との関わりを取り上げた章です。

バリューベースの会社にとって、「社会善」は重要なテーマとなります。一部では売り上げや時価総額が国家のGDPを超えるほど企業の力が強くなっている中で、以前のように自社を利するための「政商」的な関与ではなく、経営者が社会的責任をもって政治に対して発言し、関与する動きが出てきています。

本書で紹介されるエピソードからは、こうしたベニオフさんの数々の行動が心から行われていることが伝わってきます。

「何を社会善とするか」については、アメリカと中国でアプローチがまったく異なります。実は中国では今、(役人は除き)国民や民間企業が不正のできない社会となっています。というのも、政府がIT技術を駆使して国民の行動を監視することで、国民が社会に迷惑をかけるような行動をとったら、すぐにばれる状況になっているからです。

監視が前提での「社会善」の行動が促されているわけです。私から見れば息苦しそうですが、でも、大多数の中国の国民にとっては、豊かさに向かって国が成長している限り「今はよい社会」であり、国民は政府のやり方を受け入れているように見えます。

それに対して欧米や日本などの先進国は、今後は国がさらに急激に豊かになることは望めません。一党独裁体制でもないので、個人の権利がよくも悪くも守られており、データや個人行動の監視も十分には制御できません。だからこそ、何が社会善であるかを一人ひとりが考えて、民間企業も一社一社が責任を持つ必要があるのです。

そうした資本主義・民主主義社会における現代の1つの回答を体現している会社が、セールスフォースなのでしょう。

その一方で、同社も今は上り調子で全部がうまく回っているからこそ、社会善を打ち出しやすいのも事実のはずです。仮にセールスフォースの成長が止まり、ビジネスが逆回転し始めたときにでも、現状の社会善の活動を持続できるのかは興味深いところです。

日本企業への示唆

最後になりますが、先ほどもトヨタの豊田章男社長の話を挙げましたが、ベニオフ氏の考え方は、日本人とすごく調和するところがありそうです。本書でも日本が大好きだと語り、最初に買ったのがトヨタ車で、トヨタ自動車の豊田社長に会えるのを喜び、京都に行って禅を経験するなど、日本へのリスペクトが随所で見られます。

家族主義的な経営、三方よしのような利他主義など、日本企業がもともと持っていた考え方に、ベニオフ氏が共感を示していることは、これからの時代にも価値がある証で、日本人に勇気を与えてくれます。

それと同時に、日本企業はこのよさを生かしながら世界でイノベーション企業として展開していくことに、3周くらい遅れていることも痛感させられます。とくに、デジタル化、グローバル化、ダイバーシティでは、日本企業は圧倒的に遅れています。女性の社会参加は足りず、外国人社員も少なく、移民の数も少ないし、サポートも乏しいです。

企業のSDGsへの取り組みやステークホルダーへの還元も、本気で取り組んでいるかというと、疑問符が残ります。たとえ「三方よし」などの思想があっても、それを生かし切れていないのです。

ベニオフ氏はこれほど日本を愛しているのに、日本企業はなぜベニオフ氏が目指す企業のようになれないのか。これを考えてみることは非常に重要ですし、私自身、さまざまな経営者の方々と話し合ってみたくも思います。

バリューベースへの感度には、世代間の差もあるはずです。何が正解というわけではないですが、この本を読んでどう感じるのかは、ある種のリトマス試験紙といえるのかもしれません。未来系企業のあり方や、自分が今後どう行動するかを考えるうえでも、ぜひ多くの人に読んでいただきたい1冊ですね。

(構成:渡部典子)

ジャンルで探す