「メンズメイク」にハマる30代男性が増えるワケ

化粧をする男性が増え、メンズメイク市場が盛り上がりを見せています(写真:USSIE/PIXTA)

近年、日本でメンズメイク市場が、一気に盛り上がりを見せている。

高級外資系ブランド「シャネル」が「BOY DE CHANEL(ボーイ ドゥ シャネル)」を立ち上げたのは、2018年のこと。ファンデーション、リップクリーム、アイブロウペンシル(眉を描き足すもの)の3アイテムから始まり、その後もラインナップを増やしている。

国内ブランド「THREE(スリー)」も男性向けの商品が好調だ。2018年に立ち上げた新ライン「FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)」の広告ヴィジュアルには人気俳優・吉沢亮さんが登場。その他も、百貨店に売り場を持つ高級ブランドが続々と男性モデルを起用している。

メンズコスメは、手軽・安価に買えるドラッグストアにも広がっている。ヘアワックスなどで知られる資生堂のメジャーブランド「ウーノ」は、男性用リップクリームやBBクリーム(ファンデーション下地・日焼け止めなどの機能を補うアイテム)を2020年9月上旬から販売開始。2020年は新型コロナウイルスでメイクアイテム全般の消費が落ち込んでいるが、各社はメンズメイクアイテムで新たな市場を狙っている。

男性たちは、なぜメイクをし始めたのか

それにしても、日本の男性たちが化粧をするというのは今まで一般的だったとはいえない。いったい何をきっかけに美容に目覚め、化粧でどんな喜びを感じているのだろうか。実際に、普段からメイクして出勤しているという会社員の小笠原さん(31)に話を聞いた。

小笠原さんは10代の頃から、濃い体毛がコンプレックス。仕事をするうえで清潔感が欲しいと考え、どうにかヒゲをカバーしたかったが、毎朝ヒゲをきれいに剃っても、午後には青くなってきてしまうのが苦痛だったという。剃刀負けで、肌も荒れてしまったそうだ。すがる思いで手にしたのが、BBクリームだった。

「最初に買ったのは、1300円くらいのメンズBBクリーム。肌がきれいに見えるし、思ったよりもナチュラルで、『化粧しました感』がない。手軽だし、自分の顔が変わるのが楽しくなって、一気にメンズメイクにハマっていきました」(小笠原さん)

もともと凝り性だという小笠原さん。インスタグラムの美容アカウントをチェックしながら美容について独学で学び始めた。背景には、「男性が化粧について聞くのは恥ずかしい」という気持ちもあったそうだ。

最初は失敗することも多かったというが、やっていくうちに、コンシーラー(ファンデーションでは隠しきれないクマ、シミ、ニキビをカバーするアイテム)や眉を書くペンも使いこなせるようになったそうだ。毎月の美容代は、5000円ほどだという。

小笠原さん愛用のメイクアイテム

実際に使っているアイテムを見せてもらうと、「THREE(スリー)」の化粧水や、「KATE(ケイト)」のアイブロウバウダーなど、こだわりのグッズがずらり。メイクが好きな女性が厳選したような、ドラッグストアで買えるリーズナブルな商品と、デパートのコスメ売り場にある値の張る商品がミックスされたラインナップだ。最近は人に相談もするようになったといい、「チャコット」のパウダーは女友達にすすめられて購入したという。

在宅勤務中も、化粧が気分の切り替えになる

新型コロナウイルスの影響により、リモートワーク中だという小笠原さん。オンライン会議が続き、画面を通して自分の顔をよく見るようになったのも、メイク沼にハマった理由の1つだという。

「外出自粛や在宅勤務が続くと、オンオフの切り替えが難しい。大事な会議のときは気合いを入れるためにメイクします」(小笠原さん)

メイクによってコンプレックスが和らぎ、自分に自信がついたという小笠原さんは、

「今では、化粧をした後の顔が自分だと思っています。男性の自分が駅や商業施設のお手洗いでメイク直しをしていると、ジロジロ見られてしまう。最初は恥ずかしかったけれど、『男が化粧するのは変』という偏見のほうがおかしいのではないか? と考えられるようになり、今では気にしていません」

と力強く語ってくれた。

「メイクすると気分も上がるし、違う自分になることで、仕事モードに切り替わるんです。メンズメイクはあくまで、オプション。だけど、毎朝早起きしてお化粧をしなければいけない状況を強いられがちな、女性は大変だなと感じました。それぞれが、自由なペースでメイクを楽しめる空気になればいいなと思います」(小笠原さん)

パートナーは「すっぴんのほうが好き」と話しているそうで、意見は割れているそうだが「僕は、化粧後のキリッとした自分の顔が好きなので、貫き通します」と笑顔で語った。

ネイルから美容に目覚めたエンジニア男性も

アラフォー男性はどうか。エンジニアの加藤さん(仮名、38歳)にも話を聞いた。

肌艶が美しい加藤さんだが、はっきりと目立つ色味は使わないナチュラルメイク。彼がメイクしている事実に気がつかない人がほとんどだろう。

加藤さんが美容に目覚めたのは、約4年前。多忙で仕事のストレスがたまっていたときに、ネイルアートが施された、女性のきれいな手元が目に入った。ふと、「自分もネイルをやってみたい」と思ったのだという。

2016年当時はまだ、メンズネイルに対する目は厳しく、男性が施術を受けられるネイルサロンも少なかった。しかし、ネイル施術後、きれいになった自分の爪を見て、テンションが上がった。IT企業のエンジニアとして毎日長時間パソコンに向き合う中で、一番長時間視界に入るのは、自分の手元。「ネイルは、精神安定剤です。爪を眺める回数が増えました。満足感でいっぱいになり、以降定期的にネイルサロンに通っています」という。

毛深いのがコンプレックスで、小学生の頃に「ゲジゲジ眉毛」とからかわれたのがつらかった加藤さん。社会人になって「コンプレックスは、お金で解決すればいいのでは?」と考えるようになり、有名眉毛サロン「アナスタシア」を予約。眉が整い、顔つきが変わった自分の姿を見て、美容熱は増していった。

加藤さん愛用のスキンケアアイテム

「スキンケアも楽しそう! と思って、化粧水と乳液と美容液を購入しました。肌がもちもちするのが嬉しくて、いつの間にか、自分の朝晩のルーティンに組み込まれるように。あわせて、メイク下地なども利用するようになりました」(加藤さん)

加藤さんが「モチベアップ&参考になった」と語るメイク本

複雑な手順などは、メイク本で学んだのだという。

「まずはメイク本を購入して、お化粧の全体構造を知ることから始めました。モチベーションを上げてくれたのは、ものまねメイクで有名なざわちんさんの本。メイク次第でいろんな顔になれることがわかったし、プチプラコスメがたくさん紹介されていて、手をだしやすかったんです」(加藤さん)

まずは専門家の文献を辿る──エンジニアの加藤さんらしい研究プロセスだ。基本を学んでからは、YouTubeも眺めるようになったという。

肌をトーンアップし、アラも隠してくれる、お気に入りのベースメイクアイテム

「女性コスメYouTuberは多いけれど、色を使ったメイクがしたいわけではないし、男女は骨格や顔の作りが違うので、直接的に参考にはなりませんでした。僕はメンズメイクに興味を持った2016年頃は男性美容が今ほどは認知されていなかったので、女装をしている方の動画を見て、ベースメイクを学びましたね。今はモーニングルーティン動画などが流行しているので、情報も拾いやすい印象です」(加藤さん)

デパートのコスメカウンターに行けば、各メイクブランドのビューティーアドバイザーがメイク方法を伝授してくれるが、加藤さんがそうしなかったのには、理由があった。

「デパートのコスメ売り場は、女性ばかり。店員さんはプロだから、嫌な顔をせずに接客してくれるだろうけど、おじさんの自分がいきなり売り場に来たら、周囲を戸惑わせてしまうのではないかと思いました。本当は売り場でじっくり商品を見たい気持ちもありますが、メイクアイテムはすべてECで購入しています。気にしすぎかもしれないけれど、僕にとっては女性下着売り場を歩くような気持ちなんです」

率直に、複雑な胸の内を語ってくれた。

そんな加藤さんは、メイク教室に通い出したのだという。

加藤さんのメイクアイテムは、数百円で買える「プチプラコスメ」が中心

「メイクには、正解がないんです。人によって、似合う化粧は違うことがわかりました。女性は、若い頃から何度もトライアンドエラーを繰り返して、自分がより素敵になるメイクを習得していきますよね。僕が美容の階段を一気に駆け上がるためには、プロの意見を素直に聞くのが手っ取り早い。メイク教室で似合うメイクやおすすめアイテムを教えてもらって、自信がつきました」(加藤さん)

普段、自分がメイクをしていることを周囲に明かしていない加藤さん。実生活で接点がなく、利害関係がないプロに任せることで、メイクを純粋に楽しめたという。

「とにかく、早く成功体験が欲しかったんです(笑)。メイクって、ハイライトやシャドウ(顔の陰影をつけるアイテムのこと)など、細やかな工程を積み重ねて完成するもの。一つひとつ、理由やコツを教えてもらわないと、失敗してしまいますからね」

お気に入りアイテムは、眉マスカラ。髪を茶色に染めているので、髪色と眉色に統一感を出すために役立っているのだという。真夏に、汗をかいても落ちないそうだ。目をスッキリ見せたいときには、アイプチ(二重のり)を利用することもあるのだという。

化粧をしてみて、初めて女性の大変さがわかった

メイクを楽しんでいる加藤さんだが、実は自分自身が「化粧は女性のもの」という空気にとらわれてしまっているのだという。

眉メイクアイテムも多数そろえ、シーンによって使い分ける

「芸能人、例えばりゅうちぇるさんみたいに、若くて美しい子がメイクするのはわかるんですよ。でも、僕はおじさんだから……いっそ、同世代のアラフォー芸人さんが『実は俺も化粧してるよ!』って言ってくれたら、気が楽になるのですが……」

加藤さんにとって、メンズメイクは変身願望を叶えてくれるものだそうだ。「コンプレックスがある人間にとっても夢があるし、整形しなくても、技術を磨けば違う自分になれるんです」と、興奮気味に語ってくれた。

「メンズメイクをするようになってから、彼女と出かける際の『メイク待ち』時間にイライラしなくなりました。やってみたら、工程の多さと、大変さがわかるんですよ。昔は『すっぴんでいいよ!』とか言ってしまいそうだったけれど、今ならNGだとわかる。いくら他人がいいといっても、結局は自分の気分なんですよね。女性の気持ちを理解するためにも、一度メイクをやってみるのはいいですよ。僕は、メンズメイクで世界と視野広がりました」

自分のための化粧が、相互理解のきっかけにもなる──。メンズメイクは、想像以上に、さまざまな可能性を秘めた世界なのかもしれない。

ジャンルで探す