「別財布」の共働き夫婦が金欠に陥りやすい訳

2人で稼げば余裕があると思いきや、お金に困っている共働き夫婦は珍しくない。共働き特有の「落とし穴」に陥るからだ(写真:チータン.C/PIXTA)

コロナ禍の影響で収入が減った人、仕事を失った人も少なくないでしょう。予期せぬ事態に備え、あらかじめ考えておく対応策を「コンティンジェンシープラン」といいますが、コロナに限らず、経済環境が大きく変化していく時代には重要なことだと思います。

中には、「生活に余裕があるから準備なんてしなくても平気」と高をくくっている人がいるかもしれません。とくに、共働きの世帯にコンティンジェンシープランとは無縁の人が多いのですが、隠れているリスクに気づいていないだけ、というケースも少なくありません。

実際にあったケースとともにお話ししましょう。あなたには、思い当たる節がありませんか?

出世した妻に「お金の話」をしなくなった夫

太田広道さんと妻の裕実さん(どちらも仮名)は、35歳で同い年の会社員夫婦です。キャリアアップが早いのは裕実さんのほうで、管理職に昇進して年収も毎年アップしています。「仕事が楽しい」とのことで、広道さんにクライアントとのやり取りや売上目標を達成したことなどを話したりしています。

しかし、裕実さんはあることに気づいていました。「夫が自分の仕事について私に話すことがなくなったんです……」。広道さんは能力給で働き、「ボーナスがけっこう出たよ」などと、以前は収入についても話していました。「でも最近は一切話しません」と裕実さん。共働き夫婦に何が起きたのでしょうか。

これは、共働きカップルに珍しいことではありません。

共働きでは、住宅ローンや家賃が夫、食費や光熱費は妻などと分担を決めて家計費を出し合うケースが多いので、「決められたお金を出したら、残りのお金はやぶの中」ということになりがちです。夫も妻も、相手が分担している費用以外のお金を何にどう使っているのか、わからない。それぞれの資産も含めて「干渉しない」のが暗黙のルールになっているのです。太田さん夫婦のように、いくらの収入を得ているかさえわからないというケースも少なくありません。

裕実さんは思い切って、広道さんに近況を聞いたそうです。すると、仕事があまり芳しくなく、収入も若干減っていると。広道さんは「いずれ挽回できるからあえて言わなくてもいいと思ったまま、ズルズルと時間が経ってしまった。裕実の仕事が順調そうだったから、見栄もあって言い出しにくかった」と打ち明けたそうです。

広道さんが勤めるのは外資系企業で、給与は成績次第。年次が高い人ほど、また成果主義の給与体系の人ほど、収入の変動が大きい傾向にあります。収入が減っても、稼いでいたときの感覚のまま生活していれば、当然ながら貯蓄はできません。お互いに干渉しない共働きカップルでは、パートナーがそのことに気づかずに貯蓄は増えないまま、となるわけです。

「教育費の分担」でこじれた共働き夫婦

もっと深刻な状況に陥った共働きカップルのケースです。

武井直人さんと江美さん(いずれも仮名)夫婦も共働きで、小学生の子どもが1人います。最近、中学受験に向けて塾に通う回数を増やすことにしました。塾の費用は江美さんが賄っていましたが、「塾代の増える分を出してほしい」と直人さんに持ちかけたところ……その返事は「ノー」。直人さんは「塾代を出すなんて、余裕ないよ」とゼロ回答を突き付けたのです。

実は、直人さんはかなりの「ゲーマー夫」。最近、課金がかさんでいることに江美さんは気づいていましたが、直人さん担当分の住宅ローンやマンションの管理費、駐車場代、光熱費、生命保険料については滞りなく払ってくれていたので、ゲーム代の多さには口を出しませんでした。

しかし、想像以上にゲームに注ぎ込んでいたようなのです。不安になった江美さんが「私立中学に進んだ場合の教育費は出してくれるよね?」と聞くと、「毎月の費用はなんとかする。でも、入学金などのまとまったお金は出せない」と直人さん。

「夏休みと正月休みの家族旅行の費用、海外旅行代も夫が負担してくれた。お金があるものだと思っていたのに……」と江美さんはショックを隠しません。一方、直人さんは、「あれこれ出させておいて、貯蓄なんてできるわけない」と開き直りです。毎月の給与はゲームに使っていたし、ボーナスは家族サービスに消えていた、というわけです。

実は、江美さんが直人さんを責められない理由は、もう1つあります。江美さんも貯蓄をほとんどしていないのです。

江美さんの手取りは約30万円。食費と子どもの習い事や塾の費用、自分自身の生命保険料を負担すると、残るのは約10万円。そのほとんどを被服費、交際費などに使ってしまい、残ったら貯蓄という程度。ボーナスをもらっても、「帰省費用は私が出しているし、家電の買い替えに出すことも。なかなか貯蓄はできない」と言います。

数年前に新築マンションを購入した際は、双方の親が少しずつ出してくれたお金と、それぞれの貯金から200万円ずつ出し合いました。それが一段落して時は経ちましたが、直人さんの貯蓄が約100万円、江美さんは200万円です。世帯年収が1000万円ありながら、貯蓄は300万円しかないのです。

2人で稼いでいるがゆえに「甘え」も出やすい

直人さんに限らず、趣味にお金を使いすぎる人は少なくありません。筆者が相談に乗った人の中には、妻がフィギュアスケートの大ファンで、海外観戦に行くなどしてお金を使いまくっているケース、アイドルグループを追いかけて、ライブや舞台など全国を駆け回っているというケースもありました。ゴルフや競馬、サッカーにお金を使っている夫にも出会いました。

夫が妻に、妻が夫に内緒で実家に仕送りしているというケースもあります。悪いこととはいえませんが、仕送りは自分たちの生活や将来を踏まえて無理のない範囲に抑えるのが基本。パートナーに内緒というのは言語道断です。2人で稼いだお金は、2人が協力して築いた共有財産であり、勝手に使うのは感心しません。

太田家や武井家のような状況に陥ってしまうのは「共働き」だからであり、そこに「甘え」が出やすいからです。

共働きで収入が多いから、趣味にお金を使っても大丈夫。仕事と家事・育児の両立は大変だから、多少お金を使ってもいいはず。妻が、夫がお金を貯めているはず。共働きなのだから、その気になればいつでも貯められる……そんなふうに軽く見積もっていることが多いのです。

総務省の調査によると、共働き世帯の平均年収は792万円。専業主婦世帯の平均年収は682万円で、110万円多い収入を得ています。対して平均貯蓄額はというと、共働きが平均1219万円なのに対し、専業主婦世帯では1439万円と、専業主婦世帯が共働き世帯を上回っています。収入は共働き世帯が多いのに、貯蓄は専業主婦世帯のほうが多いというわけです。

夫婦のみの世帯、子どもが1人の世帯、子どもが2人の世帯、いずれの世帯でも、平均貯蓄額は専業主婦家庭のほうが上回っています(年収、貯蓄額は2018年家計調査より)。

共働きができる今こそ、お金を貯めるべきだ

筆者も倹約家とはいえませんし、共働きで、ある程度、好きなことにはお金を使うタイプです。仕事と家事・育児の両立は大変だから、余裕があるのなら多少お金を使ってもいい、というのが本音です。しかし、限度はあります。

「夫が貯めているはず」「妻は節約している」などと思うのは甘く、お互いにそう思っている可能性が大いにあります。共働きなのだからその気になればいつでも貯められるというのも、大きな間違いです。

貯める習慣をつくらないとお金は貯まりません。今の収入がずっと維持できるという保証はなく、収入が減る、さらにはどちらかの収入が失われる、という可能性もある時代です。

以上を踏まえると、「共働きできている今、貯めるべき」、なのです。

ストレスをためすぎずに、それでもきっちり貯める。具体的な方法については次回、お話しします。

ジャンルで探す