中学受験で「勉強が怖くなった子」を救う方法

勉強が怖い、というようになった息子。いったいどうしたらいいのでしょうか?(写真:zon / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

現在、私立中学に通う中1の息子がいます。中学受験では親子で格闘が絶えず、子どもは「勉強が怖い」とまで言うようになってしまったものの、なんとか希望の中学に行くことができました。しかし、中学に入ってからも、勉強が怖くて手が付けられない状態になってしまい、ゲームにばかり逃げている状態になってしまいました。
私が子どもを潰してしまったと思っています。このような状態からいい方向へ持っていくために勉強に対してどのように対応し、どのような言葉がけをしたらよいでしょうか。
(仮名:山下さん)

まずは子どもの「自己肯定感」を高める

「勉強が怖い状態」とは、子どもにとってはかなりつらい状況です。中学受験を通じて、お子さんがそうなってしまったと分析しておられますが、中学受験が原因というより、勉強に対してのアプローチを間違えた結果という感じがします。

例えれば、食べたくない食べ物を無理に口に入れ続けてしまった結果、という印象です。そうなれば当然、嫌いになるどころか、恐怖感を覚えることでしょう。

「子どもがゲームに逃げている」とのことですが、今のような状態ではゲームに逃げないと心が壊れてしまいます。現在のような状態で、さらに勉強をやらせる方向に親が進めることはやめたほうがいいでしょう。悪化しかありません。

子どもの勉強となると、親が必死になる気持ちはよくわかります。その背景には、ほかの子どもたちに引けを取ると、うちの子は不幸になってしまうのではないかという比較による「不安感、恐怖感」があるのではないかと推察します。(自分が思う)平均に劣ることに対する恐れです。

これまで筆者は3500人以上の子どもたちを直接指導し、それぞれの人生ドラマを見てきました。子どもたちの後ろには親御さんがいます。親が子どもに対してどのような接し方をすると子どもが生き生きとし、逆にそうではなくなるか。勉強の出来不出来にかかわらず、前向きに取り組むようになっていくケースなども、つぶさに見てきました。

その結果、わかったことがあります。それは子どもの心の根底に「自己肯定感の高さ」があるということです。

山下さんのお子さんは、おそらく自己肯定感がかなり低い状態に置かれているのではないかと思います。しかも、それは勉強によって低くなった、とも考えられます。「勉強ができない=自分はダメな人間」「勉強しろと言われる自分=自分はダメな人間」といった構図によって。ですから、山下さんへの回答は、勉強をさせる方法ではなく、「子どもの自己肯定感を高める」がキーワードになります。

2020年9月3日に発表されたユニセフ報告書「レポートカード16」の先進国の子どもの幸福度ランキングは日本に衝撃を与えました。その報告によると、日本の子どもの幸福度は38か国中20位ですが、詳しく見ると次のようになっていたからです。

精神的幸福度:37位(生活満足度が高い子どもの割合、自殺率)
身体的健康:1位(子どもの死亡率、過体重・肥満の子どもの割合)
スキル:27位(読解力・数学分野の学力、社会的スキル)

筆者は、この背景に「子どもたちの自己肯定感の高さ、低さが関係している」のではないかと考えています。これまで日本各地で、中高生対象の講演会も数多く行ってきましたが、そこでも同じように、自己肯定感の問題を強く感じてきました。

中学受験をはじめ、“受験のための勉強”に耐えられる子どもたちもいますが、そういった勉強にはまったく向いておらず、別の能力や資質を持っている子どもたちもたくさんいます。そのような子どもたちに、本人の許可を得ずに、勉強を無理やりやらせたことによる弊害を数多く見てきました。子どもの幸福とは何なのかということを、あらためて考えさせられるデータです。

成果が先か、自己肯定感が先か

21世紀に入り、職業の種類や求められる能力も変わり、新型コロナによりその変化が加速したとも言われています。勉強とは何のためにあるのか、進学とは何のためにあるのか、それを問うことによってはじめて、その子の能力や才能が開花すると考えています。

勉強ができない子でも、成績を上げる方法はあります。しかし、そこでは勉強によって潰された自己肯定感を回復するということが先にありました。つまり自己肯定感の修復作業として勉強をできるようにさせていったのです。その後、その子の生まれ持った能力や才能を伸ばしていけるようにサポートや指導すること、これが本当の教育だと思っています。

そこで、山下さんへの回答は次のようになります。

山下さんは、ご自身が、子どもを潰してしまったという自覚があることから、その段階で50%くらいはいい方向へと向かっています。最も怖いのは、自覚がない場合ですから、山下さんの場合は、これからいい方向へと進むと思います。

子どもの勉強に対してどのように対応すればいいか、どのような言葉がけをすればいいかという質問ですが、その回答はこうなります。

「親は子どもの勉強にはまったく関わらないようにしてください」

このような回答を聞くと「関わらないで勉強をもっとしなくなったらどうするんですか」と思われるかもしれません。しかし、それをやってきたから子どもが「勉強が怖く」なっていることを知る必要があります。具体的に親がすべきことを、整理してみます。

勉強に関与せず、自己肯定感を高める言葉がけを

親は子どもの勉強に関しては関与しない。ただし、勉強以外の雑談コミュニケーションは可能な限りとってみてください。コミュニケーションは信頼関係を育みます。

子どもの自己肯定感を高める10の言葉を日常の場面で使ってみてください。

<承認>「いいね〜」「すごいね〜」「さすがだね〜」
<感心>「なるほどね〜」「知らなかった〜」
<感謝>「ありがとう〜」「嬉しい〜」「助かった〜」
<安心>「大丈夫」
<指摘>「(○○ちゃん)らしくないね」

子どもが興味感心を持っていると思われることを徹底的に「応援」してください。これは親にしかできません。

ここから、子どもの自己肯定感が復活していきます。そして、子どもが自分らしい人生を選択し、生きることができれば、「家庭教育」は完了です。勉強はその過程で、いつの間にかやるようになっています。必ずお子さんはよくなっていきますから、希望を持ってすごしてみてくださいね。

ジャンルで探す