久保建英の「新天地選び」が成功でしかない理由

ビジャレアルの黄色いユニフォームを身にまとった久保建英(左)と、同クラブのフェルナンド・ロイグ会長(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

「素晴らしいチームの一員となれたことをうれしく思っています。ビジャレアルが最良の選択肢でした。僕も家族も代理人も全員がそう考えました。これが最高の選択であったことを今から示さなくてはいけません」

8月11日。スペイン東部にある人口5万の小さな町にあるエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた入団会見に臨んだサッカー日本代表の久保建英は、黄色のユニフォームを身にまとい、新天地の一員となった喜びを語った。

元指揮官も久保の成功に太鼓判

2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ移籍し、2019−2020シーズンはレンタル先のマジョルカでリーグ34試合出場・4ゴールという結果を残した彼の評価はうなぎ上り。7月の昨季終了時点では10を超えるオファーが届いたといわれる。

中にはバイエルン・ミュンヘンやパリ・サンジェルマンといったUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)の常連である強豪クラブの名前もあったが、本人がスペイン国内でのプレー続行を希望。最終的には昨季5位のビジャレアルに落ち着いたという。

同クラブであれば、UEFAヨーロッパリーグ(UEL)出場権があるため、久保はUCLでレアルと正面衝突するリスクを回避しつつ、10代のうちに欧州舞台を経験できる。新指揮官のウナイ・エメリ監督とレアルのフロレンティーノ・ペレス会長の間には太いパイプがあるとみられるだけに、レアル側の意思も働きやすい。

久保を1年間コンスタントにプレーさせ、欧州リーグの経験も身につけさせたうえで、2021年夏にレアルに復帰させるというプランも現実味を帯びてきそうだ。

「ビジャレアルは歴史的に見て、非常にアグレッシブなプレーを好むチーム。久保のスタイルにも合うでしょう。彼は強いパーソナリティーを持った選手。適応の面はまったく問題ない。今のペースで成長を続けていったら、来年マドリードでプレーするのは間違いないと思います」

2012年に短期間だが、ビジャレアルを率いているセレッソ大阪のロティーナ監督も、あらためて太鼓判を押した。

久保の成長は日本サッカー界にとっても大きなプラスになる(写真:筆者撮影)

そうなれば、1年後に延期された東京五輪でスケールアップした久保の一挙手一投足が見られるだろうし、同年9月からスタート予定の2022年カタールワールドカップ・アジア最終予選でもエース級の働きが期待できる。

日本サッカー協会の反町康治・技術委員長も「将来、日本を背負って立つ選手になってほしい」と語っているように、彼が順調に階段を駆け上がることは、日本サッカー界にとっても大きなプラスになるはずだ。

久保の新天地はどんなクラブなのか

久保のキャリアを大きく左右する、このビジャレアル。もともとの発足は1923年と100年近い歴史を誇っているが、急成長を遂げたのは冒頭の入団会見にも同席していたフェルナンド・ロイグ会長が1997年に経営権を手に入れてからだ。

同氏は、主にタイルなどを取り扱うセラミックメーカーとしてスペイン国内で三指に入る「パメサ・セラミカ」の会長。2020年現在で1600億円の資産を持つ億万長者でもある。

彼がセラミックの主要工場がある町・ビジャレアルのクラブ強化に乗り出し、2000年代以降はスペイン1部に定着。さらには欧州リーグ常連へと導いていったのだ。

ドイツのシャルケやイングランドのマンチェスター・ユナイテッドなど、旧炭鉱町のクラブが労働者階級の支持を受けて飛躍的成長を遂げたように、ビジャレアルも会社ぐるみで大きくなったといっていい。

レアル・マドリード大学院スポーツマネージメントMBAコース日本人唯一の卒業者で、元レアル社員の酒井浩之氏は次のように語る。

「ロイグ家はもともとバレンシア出身の実業家の一族。父親のフランシスコ・ロイグ・バレスター氏(故人)は大規模な農業・畜産業を展開し、大きな成功を収めました。

彼には3人の息子がいて、長男・フランスシコ氏は家業を継ぎ、現在は『ロイグ・コーポレーション・グループ』の社長。その長男も1994〜1997年にバレンシアの会長を務めた経験があって、それが次男のフェルナンド・ロイグ会長のビジャレアル参入の契機になったと見る向きもあります。

そして、三男・フアン氏は巨大スーパーマーケットチェーン『メルカドーナ』の経営者。次男のフェルナンド会長も9%の株を持っているので、協力しながら事業を進めていると思われます。

今年の新型コロナウイルス感染拡大でスペイン国内の経済もダメージを受けましたが、農業や流通関係は基盤がしっかりしている。フェルナンド会長の本業のセラミックのほうは少し影響があるかもしれませんが、ロイグ家としては盤石ですから、ビジャレアルの経営が揺らぐようなことは考えられません」

スペインサッカーの場合、最大のビッグクラブであるバルセロナの年間収入が約1100億円、レアルが約950億〜1000億円で、3番手のアトレチコ・マドリードとセビージャが約700億円。ビジャレアルはこれらを大幅に下回るものの、約160億円で国内では7〜8番手の運営規模だという。

このうち3分の2に当たる95億〜100億円がテレビ放映権の分配金。それ以外にスポンサー収入や入場料収入などがあるが、アカデミーで育てた有望選手の売却収入もかなり重要な要素になっている。

「2000年代に入ってレアルも下部組織の充実に巨額投資を始めましたが、フェルナンド・ロイグ会長のビジャレアルも敏感に反応。練習場やクラブハウスの整備に力を入れ、約20年で多くのタレントを輩出しました。会長など幹部はトップチームの試合よりユースの試合を優先し、必ずスタジアムに出向くといいます。こうした温かさと真摯な姿勢が選手や保護者に高く評価されていると聞きます。

理想のトップチームは『メンバーの3分の1が地元出身』と評されますが、昨季のビジャレアルを見ると、DFのマリオ・ガスパールやMFアルベルト・モレノなど軸となるポジションにアカデミー育ちが配置され、だいたい3分の1程度を占めています。こうした側面からも、クラブの明確なビジョンが感じ取れます」(酒井氏)

久保の成功を後押しする日本人女性

ビジャレアルの生命線の1つと位置付けられるアカデミーに、日本人女性指導者の佐伯夕利子氏(現Jリーグ常勤理事)が2008年から携わっている点も見逃せない。

1990年代からスペインに居を構える佐伯氏は、18年前からビジャレアルと日本の交流の懸け橋となり、さまざまな日本のチームが遠征に赴くようになっている。2018年には鹿島学園高校が提携契約を締結。日本における育成事業の拠点となる「カシマアカデミーフットボールクラブ」も創設している。

すでに存在する日本とのパイプが、久保の加入によって一段と太くなる可能性は大いにある。コロナ禍の今は難しいだろうが、来夏にビジャレアルが日本遠征を行うといったプランも浮上するかもしれない。

2019年夏にもJリーグは「インターナショナルシリーズ」と銘打って、マンチェスター・シティを招聘し、横浜F・マリノスとの親善試合を組んでいる。佐伯氏がJリーグの常勤理事を務めていることもあって、話はよりスムーズに進みそうだ。あくまで案ではあるが、実現すれば多くのファンが喜ぶし、集客も大いに見込めるだろう。

もちろん久保のユニフォームも日本市場では売れるだろうし、ビジネス面においても彼の加入メリットは少なくないのだ。

久保自身はスペイン語が堪能で、前出のロティーナ監督が言うように現地適応には何の支障もない。それでも、佐伯氏という頼れる存在が近くにいることは、やはり心強いはず。11日のクラブ公式ツイッターにも久保が佐伯氏に直々に頭を下げている写真がアップされていて、2人の関係構築は進みそうだ。それが彼自身の飛躍、そして日本サッカーのレベルアップにつながれば、まさに理想的なシナリオだ。

フェルナンド・ロイグ会長という名経営者がマネージメントする健全経営の安定クラブで、日本の希望の星である久保建英がどのような変貌を遂げるのか。9月12日の新シーズン開幕が今から待ち遠しい。(一部敬称略)

ジャンルで探す