名門3ホテルの歴史に学ぶ「危機」の乗り越え方

帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニ。御三家と呼ばれる名門ホテルは、幾多の危機をこれまで何度もくぐり抜けてきた(写真左:帝国ホテル、右上:ホテルニューオータニ、右下:The Okura Tokyo)

新型コロナウイルスの感染拡大で、観光産業は大きな打撃を受けている。ホテル業界ではレストランの集客が戻りつつあるが、バーなど夜は厳しい。宿泊の稼働率も下がったままだ。

各ホテルは集客回復に知恵を絞っている。例えば、東京・丸の内の東京ステーションホテルは宿泊客への朝食でブッフェを再開したが、感染を避けるためにすべての料理をあらかじめ小皿に盛り分けるなど完全リニューアル。料理を取りすぎることがなく、あらかじめ綺麗に盛り付けられた小皿をテーブルに並べると見栄えもよく好評だ。

コロナ禍での創意工夫といえば当たり前の話かもしれないが、日本のホテル業界は長い歴史の中で、震災や戦争、バブル崩壊やリーマンショックなど、宿泊や宴会が閑古鳥という危機を何度もくぐり抜けてきた。

拙著『ホテル御三家 帝国ホテル、オークラ、ニューオータニ』にも詳しく書いているが、日本のホテル業界を牽引してきた3つの名門ホテルの創業からの歴史と因縁の中で、3社の業界に先駆けた商品やサービスの発案には、集客難に対する起死回生を狙った、従業員たちの汗と努力が満ちあふれている。

帝国ホテル:結婚式や宴会で集客、ブッフェも発明

ホテル御三家で最も古い歴史を持つ帝国ホテル(東京・内幸町の帝国ホテル東京)は今年、開業130周年を迎えている。1890年の開業には、「日本資本主義」の父といわれ、2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公にもなる渋沢栄一が発起人に名を連ねている。

海外からの賓客、今でいうインバウンドの富裕層を迎える民間の迎賓館として、国(宮内省)や民間大手が出資する国家的プロジェクトとしてスタート。ところが初日の宿泊客はわずか5人だった。

そこで帝国ホテルは宴会やレストランに活路を求めた。忘年会・新年会の受付広告を新聞に掲載し、食事代を廉価に抑えた。宿泊・料飲サービス・宴会という3部門の収益が補い合う、日本式のシティホテル経営の原点がここにある。披露宴にも力を入れ、ホテルウエディングの草分けとなっていった。

ホテル内の郵便局、ホテル内ランドリー、鉄道乗車券の販売、ハイヤー、ガイドなど、現在まで続くサービスも20世紀初頭には整えられた。ホテル自家製のパンも導入された。

1923年に本館を建て替えた際には(現在の本館の1代前のライト館)、開業披露の祝宴当日に関東大震災が発生。倒壊を免れたため、設計者のフランク・ロイド・ライトともども世界的な認知度を高めたが、周囲はがれきの山。そこで罹災会社の事務所、避難した市民の無料宿泊所として開放。一時はアメリカ大使館も居を置き、新聞社・通信社の仮事務所にもなった。

開業当時のインペリアルバイキング(写真:帝国ホテル)

第2次世界大戦後は連合国軍総司令部(GHQ)に接収されてしまったが、逆にこれをチャンスととらえ外国人客の思考を把握することに努めた。料理場の衛生基準や災害予防の知識など、当時先進的だったアメリカから積極的に学んだ。

ホテルのレストランで定番のブッフェ(バイキング料理)を始めたのも帝国ホテルである。北欧の伝統料理「スモーガスボード」を参考に、1958年から「インペリアルバイキング」として提供を始め、現在に受け継がれている(現在、朝食は休止中)。

ホテルオークラ:保存運動まで起きたロビーの再生

帝国ホテルの発起人の1人であり、同社会長も務めた大倉喜八郎の嫡子、大倉喜七郎(自身も帝国ホテル元会長)が初代会長に就任したのがホテルオークラ(東京・虎ノ門のホテルオークラ東京)で、1962年に開業している。欧米の模倣でなく、世界に通用する本物の、日本の特色を出したホテルとしてデザインされた。

「ロビーは静かにくつろげる場所」であることを最重要視し、広大な空間を無料のラウンジとして開放している。梅の花に見立てた5脚の椅子と漆の丸テーブル、天井から下がるランターン(照明)など、日本の風土や伝統、文化を醸すように配置されている。

再現されたメインロビー(写真:The Okura Tokyo)

その本館は建て替えられ、昨年The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)として開業しているが、高層ビルとなってもロビーの様子は以前と寸分違わないほど同じで、旧本館に迷い込んだと錯覚するほど。

オークラの精神そのものといえるロビーの意匠は、建て替えが発表されると、国内外のオークラファンからたちまち反対の声が上がり、SNSでの拡散でネット上でも保存運動が盛り上がった。

そうした顧客の評価を以前から熟知しているからこそ、建て替えでもロビーの再現にこだわり、旧本館を耐震補強するとロビーの雰囲気がぶち壊しになってしまうために全面建て替えを決断したというこだわりようが、ファンの心をとらえる。

固定客の確保のため、開業から数日後には、日本のホテル業界で初めて常連客のクラブを組織した。国内客が「オークラクラブ」で、1971年には外国人客がメンバーの「インターナショナルクラブ」(オークラクラブ・インターナショナル)も発足した。アメリカ大使館が隣接していることもあり、歴代のアメリカ大統領も加入し、初期のマーケティング手法の柱になった。

ニューオータニ:五輪不況で生まれた「お正月プラン」

オークラ開業から2年後、1964年にホテルニューオータニ(東京・紀尾井町のホテルニューオータニ東京)がオープンした。前回の東京オリンピック(同年10月)に向けて増加する外国人観光客を見越して建設され、五輪直前の1964年9月、通常の半分の工期(17カ月)で完成した。

開業当時のブルースカイラウンジ(写真:ホテルニューオータニ)

突貫工事を成功させるため、水回りの難所だったトイレと風呂場を一体化したユニットをあらかじめ工場で製作してしまい、工事現場では部屋にはめ込むだけという「ユニットバス」を世界で初めて実用化した。

「日本初の超高層建築」「東洋一の展望レストラン」など、先行2ホテルを超える「日本一」「最大」にこだわり、開業当初からトップレベルの設備とサービスを追求してきた。ニューオータニの初代会長である大谷米太郎は、ホテル事業参入を前に、旧知だった喜七郎を訪ねてアドバイスを仰ぎ、オークラから人員・ノウハウ面で多大な支援を受けている。

最上階の回転展望レストラン(現在は回転は終了)は大谷の鶴の一声で導入。モータリゼーションを見越して建物を入り口からできるだけ奥に配置して車寄せスペースを確保したのも大谷の意向だ。

外国人客の利用も多いのだが、国内客に目を向けたのはニューオータニが先駆けである。五輪直後のインバウンド減少で客室に閑古鳥が鳴いたことを奇貨として、「お正月プラン」「受験生プラン」など閑散期にも客を呼び込める企画を矢継ぎ早に打ち出した。

現在でも、ほとんど毎日のように新企画をリリースするのがニューオータニの特徴で、近年は屋外プール「ガーデンプール」をゴールデンウィークと夏場に昼夜開放し、インスタ映えを狙う若者客の人気を集めている(今年は完全予約制)。

ホテル業界も外資系ラグジュアリーブランドの多くが大手ホテルチェーンの傘下に入り、国内勢が数で対抗するのは難しくなっている。が、御三家の国際的な評価は決して低くない。新型コロナウイルス感染症が収束すれば、国内外の旅行客も戻ってくる。日本流のおもてなしを世界にアピールするためにも、御三家をはじめとした国内資本のホテルブランドが輝きを続けられるかどうか。成功のカギはやはり各社の不断の創意工夫に尽きるだろう。

(文中、敬称略)

ジャンルで探す