ぺんてる、埋まらない筆頭株主コクヨとの距離

ぺんてるの小野社長は「いつまでもケンカをしていていいとは思っていない」と述べた(撮影:今井康一)
2019年11月、総合文具トップのコクヨが筆記具4位のぺんてるに買収を仕掛け、ぺんてる側は「一方的かつ強圧的な方針に、強く抗議する」と猛反発した。
結局、ホワイトナイトに入った総合文具2位のプラスがぺんてるの株式を約30%を取得し、コクヨによる子会社化は阻まれた。従来、株式の38%を保有していたコクヨの議決権取得率は45%にとどまる。
その結果、「水と油」とされるライバル2社(コクヨとプラス)がぺんてるの大株主として“同居”することになった。こうした中、2020年6月にぺんてるの新社長に就任したのが小野裕之氏だ。現状をどう受け止めているのか。小野氏を直撃した。

株主からの「ぺんてる愛」を感じた

――2019年末、コクヨが仕掛けた買収工作はホワイトナイトに入ったプラスによって阻止され、コクヨによる子会社化を回避しました。

買い取り価格はプラスとコクヨで差があった(編注:プラスは1株3500円。コクヨは3500円から3750円、4200円へと2度値上げ)。にもかかわらず多くの株主がプラスに売ってくれた。ぺんてるの株主は以前ぺんてるで働いていた方々が多い。ぺんてるの社風をよく知り、大事にしてほしいと願っている。この結果からは、ぺんてるの独立性や社風を今後も維持してほしいという強い意志、「ぺんてる愛」を感じた。

――コクヨが昨年の買い付けで上積みした8%分のぺんてる株式は、今どういう状況ですか。

ぺんてる取締役会は(コクヨの追加取得を)承認していないので、資本上は宙に浮いている。この状態が当面は続くのだろう。

――元はといえば、コクヨ経営陣がぺんてるを買収して子会社化する方針を示したのは、筆頭株主である自分たちの知らぬところでプラスと資本提携の協議を進めていたことが発覚したからでした。

それ以前の問題として、われわれには(2019年5月の)コクヨの37%取得の方法に不信感があった。

――従来のぺんてる筆頭株主であった投資ファンド・マーキュリアインベストメントの有限責任持ち分を、コクヨが丸ごと買い取る(間接保有)というイレギュラーな方法でした。

和田優社長(当時)が「青天の霹靂」と表現したとおり。あれがコクヨに対する不信感の原点だ。

――ではなぜ取締役会は2019年9月、コクヨによる株の直接保有(約37%)を取締役会で承認したのですか?

不信感があったとはいえ、コクヨには我が社の筆頭株主になっていただいている。

ぺんてるの企業価値を向上させていかなければならないときに、睨み合いを続けていても仕方がないという判断だった。株を直接保有していただくことで、前向きに話ができる環境が生まれるかもしれなかった。

ただ、あのときに直接保有を認めたことが現在の膠着状態に繋がっているわけだが……。

――現在、コクヨと協業に向けた話し合いはできているのですか。

おの・ひろゆき/1958年生まれ。1982年東京理科大学理工学部卒業、ぺんてる入社。1989年にユーロぺんてる出向。1997年に欧州統括本部財務統括管理部長。経営戦略室長や財務本部長、生産本部長を歴任し、2020年6月より現職(撮影:今井康一)

当然、トップ同士は会っているが、協業うんぬんの前に信頼関係を構築することが先だ。

それなしに具体的な協業の話はできない。現段階では、そのスタートラインにも立てていないという認識だ。

――信頼関係を構築できれば、協業に向けた協議を進められる、と?

そういうことになるが、そうならない可能性もある。

まだ何とも言えない。ただ、いつまでもケンカしていていいとも思っていない。

我々の目的はぺんてるという会社を発展させていくこと。そこに通ずるものがあれば、信頼関係を取り戻すための努力はこちらとしてもしていかなければならないと思っている。

――ぺんてる、プラス、コクヨの3社で協業するという道はありませんか。

3社でやっていくのは難しいのかなと……。

――では、大株主のコクヨやプラスから役員を入れる予定は?

今のところ、その予定はない。

ぺんてるとして、どう生きていくか

――2年前、プラスとの折半出資で「コーラス」と言う会社を立ち上げる計画がありましたが、文房具業界では長年、存在感を持ってきた卸・流通の方々が強く反対したことで頓挫しました。この8月1日からは、プラスが単独出資する「コーラス」が始動しました。ここに加わる考えはありますか。

企業価値が向上するのであれば検討するが、今のところは考えていない。

――小野社長の判断は、業界再編の行方を左右します。

ぺんてるとして、どう生きていくかということだけを考えている。

――新型コロナ後はDX(デジタルトランスフォーメーション)が進み、IT化の加速で筆記具ユーザーはますます減ると言われています。

これまでも、ことあるごとに「IT化、ペーパーレス化で筆記具はなくなる」と言われてきたが、なくなっていない。

文具ブームまで起きて盛り上がりを見せたところもあった。落ちる部分はあってもカバーできている。DXは進むのだろうが、文具がなくなることはないと思っているし、「その人が心に感じる想いをかたちにできる道具をつくり、表現する喜びを育む」というわれわれのビジョンは変わらない。

ただここ数年、ぺんてるはヒット商品を出せていない。世の中に広く認めてもらえるような商材を作らなければならない。

「週刊東洋経済プラス」では、スペシャルリポート「文具業界を揺るがす動乱『コクヨ vs. プラス』の全真相」を掲載しています。

ジャンルで探す