女子がマスクの下に隠すメイク崩れの深い悩み

女性たちの化粧品事情も変化してきています(写真:Ushico /PIXTA)

コロナの影響は、化粧品業界にも大きな打撃を与えています。2020年4月の全国百貨店の化粧品の売上高は臨時休業の影響を大きく受けた結果、81.3%減でした(全国百貨店売上高概況)。

化粧品類はもともとインバウンドの需要が大きい分野とはいえ、口紅などメイキャップ類をあまり使用しない「マスクありきのメイク」が主流となってきていることも要因の1つと言えそうです。

特に働く女性たちは移動時のみならず、取引先との打ち合わせ中ですらマスクの着用が欠かせません。それによって、マスクが肌に擦れたり、中で蒸れたりすることによる「メイク崩れ」に悩む方が急増しているのはもちろん、肌荒れに悩む女性が急増しています。

資生堂のWeb調査(2020年6月9日~11日実施)によると、マスクの着用によって、「肌がかゆくなるようになった」(43%)、「肌荒れするようになった」(38%)、「ニキビができやすくなった」(34%)といった肌トラブルが増加しています。

その他にも、マスク内の湿気で前髪が崩れる、メガネが曇るなど別の問題が生じている女性もいます。

従来のメイク方法やアイテムの変更だけではなく、ヘアスタイルなど身だしなみトータルで変化する必要に迫られています。マスクをしているからと言って、女性たちは決してメイクが楽になるとは言い難い状況です。

マスクを外さなければならないシーンも

さらに大きな問題は、マスクを外さなければならない時。マスクで顔が隠れているとはいえ、仕事や生活においても人前でマスクを外さなくてはならないシーンは必ず出てきます。

37歳女性のKさんは、商談相手が「ここなら大丈夫」とマスクを外してしまい、こちらも外さなければならない空気に……。急にマスクを外すのに抵抗があったものの、相手に合わせてマスクを外して打ち合わせに臨みました。

その後、お手洗いで鏡に向かって、自分の姿にビックリ!鼻のあたまのファンデーションは削げ落ち、蒸れによってほうれい線にふやけたファンデーションの塊ができていたそうです。

Kさんは相手から見た自分の姿を想像すると、恥ずかしさでいっぱいに。商談という重要なシーンにおいて、もし自分がその商談相手だった場合、パッと見て気になるほど相手のメイクが崩れていたら、商談に集中できないのでは。相手の気持ちや、予想外にメイクが崩れている自分の姿にショックを受けたそうです。

予期せぬタイミングでマスクを外すことへの抵抗感や、相手に崩れたメイクを見られてしまうことへの不安など、本来は感じる必要のないネガティブな感情を抱えての仕事で、女性たちは非常にストレスを抱えています。

では、具体的にはどうしたらマスクでもメイクが崩れにくく、マスクでの肌荒れを防いでいけるのか、ここからは具体的な3つの方法をご紹介していきます。

【その1】スキンケア化粧品での下地作りが最重要!

マスクをしても崩れないメイクをキープするには、スキンケアが重要と言うと意外に感じるかもしれません。マスクでも崩れないメイクには、朝、スキンケア化粧品をたっぷりと浸透させるということがとても大切です。

夏にマスクを長時間着用すると、マスク内が高温多湿な状態となることで、汗・皮脂の分泌が促され、アクネ菌の活性化によってニキビや吹き出物の要因となります。

スキンケアは肌荒れ予防にも大切になる

さらにマスクをつけたり外したりを繰り返すことによって、肌の温度・湿度の急激な変化が繰り返されます。摩擦による刺激で角層が剥がれ落ちることが原因で、肌本来のバリア機能と保湿力が大きく低下し、外からの悪影響を受けやすい状態になってしまいます。

スキンケア化粧品での下地作りが、メイクのすべての土台となってきますし、肌荒れ予防にもスキンケアがとても大切です。マスクを着用する夏の季節は、肌の脱水症状を起こさないようにスキンケア化粧品を通常よりもたっぷりと時間をかけてなじませていきましょう。

【その2】マスク崩れを防ぐ下地に切り替え!

肌に密着したマスク内部は呼気による湿気でどうしてもファンデーションがヨレやすい環境に。

しかし、汗や皮脂に強い「ファンデーション下地」があります!ご存じの方も多いと思いますが、「キープベース」という言葉に聞き覚えがない方はぜひ一度このキーワードを検索してみてください。

いろんなメーカーから、この「キープベース」、もしくは「ロング」と名のついた下地が出ています。これはメイクを崩れにくくする効果がある下地の事で、余分な皮脂を吸収してくれる効果があり、ファンデーションが汗で崩れにくくなります。暑い時期だけでもこのキープベースの商品に切り替えると、マスクによるメイク崩れを防ぐことができます!

【その3】パウダーファンデーションよりもサラっとタイプのリキッドファンデーションがおススメ!

マスクにつかないようにパウダーを薄く塗る!という方も多いのではないでしょうか。通常のパウダーファンデーションや、色付きのおしろいなど、パウダータイプのアイテムはリキッドに比べて肌への密着力が弱く、どうしてもマスクによってメイクが落ちてしまいます。

マスクでも崩れないメイクにおすすめなのは、リキッドタイプのファンデーション。汗・皮脂に強いタイプを選び、塗りムラがないようにスポンジでやさしく伸ばすと◎。フィット感が高まり、崩れにくくなる効果があります。

先ほどのキープタイプの下地+リキッドファンデーション+透明タイプのおしろいを「ミルフィーユのように薄く重ねるようにメイクする」という方法が、マスクでも崩れないメイクの秘訣です。

マスクありきのコスメが出る可能性も

「顔が隠れているから」と、一見楽ができそうな女性の「マスクありきのメイク」ですが、さまざまなシーンにおいて、悩みや問題を抱えている女性が多数。それに起因する化粧品業界への影響も大きく、今後は「マスクありき」で落ちにくいリップやチーク、ファンデーションの商品開発がより進み、その需要も一層高まるでしょう。

働く女性の多くが悩みを抱える「マスクありきメイク」に特化した商品の発売を待たずとも、ちょっとしたテクニックで普段お使いのファンデーションでも崩れにくくすることができます。

朝のメイク時間にたったひと手間を加えるだけで、その日1日マスクに悩まされることがなくなるので、毎朝のメイク時間は本当に大切です。

withコロナでまだまだ不安な状況が続いていますが、今回ご紹介したメイクテクニックも取り入れて、普段の生活から「withマスクメイク」を楽しみ、この時代を乗り越えていきましょう。

ジャンルで探す