福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

「ファーウェイ」米国の制裁強化でも強気な理由

質疑に答えるファーウェイの郭平輪番会長(写真:筆者提供)。

「恣意的な指名はしていないのですが、記者の質問がちょっと弱かったような……」

中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の郭平(グオ・ピン)輪番会長ら同社幹部は5月18日、世界のメディアやアナリストの質問を受けた。質疑応答の終了後、冒頭の感想を漏らしたのは、裏方で見守っていたファーウェイの社員だった。

アメリカ商務省は3日前の15日、1年前に発動したファーウェイに対する輸出規制を強化し、外国で製造した半導体でもアメリカ製の製造装置を使っていれば、ファーウェイへの禁輸措置の対象とすると発表した。ファーウェイが半導体を調達する台湾積体電路製造(TSMC)は、アメリカ企業の製造装置などを使って半導体を製造している。TSMCからファーウェイへの部品供給を遮断する狙いがあり、ファーウェイの経営には大きな打撃となる。

ファーウェイは輸出規制の強化を批判

ファーウェイは18日、「アメリカの決定は極めて恣意的であり、世界の産業全体を脅かすおそれがある。正当な理由なく断固と反対する」「アメリカは自国の技術における優位性を濫用し、他国の企業を徹底的に排除しようとしている」と、アメリカを批判する声明を発表した。中国政府も報復措置に動く可能性が高く、米中貿易戦争はさらに深刻化するおそれもある。

同日夕方に開かれた質疑応答には、ファーウェイからは郭平(グオ・ピン)輪番会長、汪涛(ワン・タオ)常務取締役兼製品投資審査委員会主任、汪厳旻(ワン・ウェンミン)消費者BGグローバルエコシステム発展部総裁、そして各国から100人弱の記者・アナリストが参加した。司会者は「何でも聞いてください」と言ったものの、質問一つひとつへの回答が長く、1時間の質疑応答で質問できたのは6人。日本メディアは指名されなかった。

質問はアメリカの輸出規制への対応に集中したのだが、「長期的な影響」を問うものが多く、TSMCからの調達封じ込めの影響や対策には触れられなかった。そのことが、ファーウェイ社員に「質問が弱かった」と受け止められたのかもしれない。

一方で指名された6社のうち半分は欧州企業・メディアであり、質疑応答からはファーウェイの欧州市場重視と、欧州の中立的な立ち位置の両方を感じた。質疑応答の内容を、要約して紹介する。

Q:アメリカが輸出規制を発動して1年が経つ。この1年、どうやって成長を維持してきたのか。今後の挑戦は何か。(中国国営テレビCCTV)

郭平輪番会長:困難とチャレンジの1年だった。2019年5月16日、アメリカの(輸出管理法に基づき、国家安全保障や外交政策上の懸念があるとして指定した企業を列挙した)エンティティリストに掲載されたと聞き、とても動揺したのを覚えている。

その後、顧客、パートナー企業、そしてファーウェイの従業員への説明、コミュニケーションに多大な時間を使った。また、技術面で巨大な制約を受ける中、研究開発への投資額を30%増やした。その多くは、例えるなら「飛行機に開いた穴をふさぐ」作業に投じられた。

6000万行を超えるコード(プログラムの設計図)を書き直し、新しい基盤を1800以上作った。材料の代替調達方法を考えることも含め、多くの努力、コストを費やした。幸い、顧客やパートナー企業、従業員の大部分からは信任と理解を得ることができた。

この過程で、われわれも経験を積んだ。このようなはっきりしないルールに基づくアメリカの規制が続いても、努力して解決策を導き出せると自信が持てるようになった。

米国企業はライバルにもならなくなった

Q:おそらく世界のテクノロジーは2つに分断されるだろう。1つはアメリカ主導で、アメリカに認可された半球。もう1つは、アメリカの技術に依存しない半球。ファーウェイは後者の市場で十分に成長できるのか。成長のために、何をするのか。(英誌エコノミスト)

郭平輪番会長:統一された標準が存在するのがいちばんよい、それが産業界の共通認識だと思う。2Gや3Gの時代、海外に行ったり、地域をまたぐときに、われわれはしばしば、携帯電話を替えなければならなかった。規格が異なるからであり、とても不便だった。5G(第5世代移動通信システム)の時代になり、その問題が解消された。

2G時代、アメリカはキャリアによって規格が違い、それが原因となりアメリカの通信設備メーカーは競争の中で衰退していった。ファーウェイのライバルにもならなくなった。アメリカはそれを教訓にしているのではないか。一方欧州は(2Gの通信規格である)GSMを世界に広げていき、欧州のキャリアと通信設備メーカーは大きな利益を得た。

これらの経験をみると、メーカー、キャリア、消費者はいずれも統一された標準から恩恵を受けられることは明らかだ。皆、同じ認識ではないだろうか。国際組織は標準作りに積極的に取り組むだろうし、ファーウェイもそこに積極的に参加する。オープン、公平、偏見を持たないという基本原則に基づき、グローバル標準の実現に寄与していく。

Q:この1年、アメリカの輸出規制を受けてもなお、ファーウェイの業績は悪くなかった。今年の業績をどう予想するか。高機能スマートフォンのチップ調達で、どのような問題が起きるか。ファーウェイのスマホ出荷台数目標は修正されるのか。(アメリカ金融メディアのブルームバーグ)

郭平輪番会長:アメリカがファーウェイをエンティティリストに入れ、事業は大きな影響を受けた。実は昨年も事業計画を達成できておらず、年初の計画に120億ドル(約1兆2900億円)ほど届かなかった。四半期ごとに成長率が落ちており、影響は小さくない。特に、契約の獲得が以前よりかなり難しくなっている。だから、変わらず付き合ってくれる顧客には非常に感謝している。

(規制強化については)2日前にルールが変わったばかりで、今精査を進めている。ファーウェイはICT(情報通信技術)の設備・端末メーカーとして、集積回路(IC)も含めた製品の設計能力はあるが、まだまだ不足している点も多い。ファーウェイの現在のキーワードは「生き残ること」だ

欧州の通信キャリアをサポートしていく

Q:ファーウェイの欧州での成長計画、特にICTと、独自のアプリ開発プラットフォームであるHMS(ファーウェイ・モバイル・サービス)のエコシステム(各製品群やサービスの連携)の構築について知りたい。(ドイツの戦略コンサル、ローランド・ベルガー)

汪涛氏:ファーウェイは欧州市場で長くビジネスを展開し、欧州の顧客・パートナーと共に欧州のデジタルテクノロジーやデータを活用した経済活動の発展に努めてきた。ICT技術分野は、5G、AI(人工知能)、コンピューターによる情報処理、光通信などにおいて、パートナー企業とイノベーション創出、ソリューションの提案を続けていく。欧州の通信キャリアや政府・企業が世界をリードする通信インフラやコンピューターによる情報処理のインフラを構築することをサポートしていく。

汪厳旻氏: 2019年5月16日以降、われわれはグーグルのモバイルアプリ機能である、GMS(グーグル・モバイル・サービス)が使えなくなり、HMSエコシステムの開発を迫られることになった。この1年、HMSエコシステムを拡大し、とりわけ開発者、サービスプラットフォーム、技術などへの投資を増やした。

2020年1~3月期までに、HMSエコシステムに参画した開発者は140万人を超え、2019年初期から150%増えた。また、地図機能では欧州のTomTom、検索システムではフランスのQwant、ニュース機能ではNewsUKというように、欧州企業とは全方位的な協業を展開している。

新たなエコシステムの構築には何はさておき現地の消費者ニーズに応えなければならず、アプリやプラットフォームのローカル化もエコシステムの重要な戦略となる。今後は欧州の開発者やパートナー企業にサービスプラットフォーム、イノベーションラボを提供し、エコシステムへの参加を促していく。

Q:アメリカのファーウェイへのグローバル業務への圧力は今後も続くだろう。世界が新型コロナウイルスという公衆衛生の危機に直面しているときに、アメリカがファーウェイへの圧力を緩めないことをどう思うか。(AFP通信)

郭平輪番会長:ファーウェイは中国で新型コロナを経験し、また、世界中の顧客と一緒に新型コロナ対策で努力をしている。コロナでの経験で得られたのは、ICTインフラが非常に重要な役割を果たしたという事実だ。

中国、特に武漢のような大都市は住宅面積が小さく、80日以上家の中にいるというのは大変なことだった。ファーウェイは政府や企業と協業し、コロナ対策でソリューションを開発し、欧州、アフリカ、アジアでもネットワークの安定に貢献した。

ICT分野での技術的優位性を確立できた

例えば武漢の都市封鎖で、政府は動画コンテンツ提供企業にサービスを無料で開放するよう要請した。そういう場面でも中国のネットワークは接続が安定し、遠隔医療、リモート教育、リモートワークにも貢献した。

ICTの発展に貢献してきたファーウェイをアメリカ政府がなぜ迫害し続けるのか。率直に言えば、理由はないと思っている。最近、アメリカ高官の講演やスピーチを読んで、こう総括している。

アメリカは、自国の技術的優位性が覇権の基礎をなしており、他の国家、企業の技術優位性は、アメリカの覇権を傷つけると考えている。不幸にして、ファーウェイは成長が速いICT分野で技術的優位性を確立した。あなた(フランス)の国の大統領も、演説でよく「EU(欧州連合)のインフラとデジタル主権の構築を加速するべきだ」と言っている。

Q:輸出規制が強化される中で、(自社のクラウドサービスである)ファーウェイクラウドへの期待と課題は。(中国専門メディアの通信世界)

汪涛氏:今後10年はデジタル化、スマート化へシフトが進む黄金の10年になる。ファーウェイクラウドはその中で鍵となるだろう。ファーウェイは「スマートデバイス+ネットワーク、コンピューターによる情報処理、クラウドでの確認」でソリューションを生み出している。今後もイノベーションを続け、顧客とスマート世界の構築に貢献する。

ジャンルで探す