厳しい外出制限のドイツで際立つ「森」の存在

森をジョギング。最後の「運動空間」だ(筆者撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国で緊急事態宣言が出された日本。外出を控えることで、必然的に自宅で過ごす時間が増えるが、次に出てくるのが心身の健康維持だ。ドイツは3月22日より外出制限をかけたが、散歩やジョギングは可能。そのとき、森の価値が大きく見えてきた。

罰則付きの外出制限

ドイツの外出制限は4月20日からやや緩和されたものの、5月3日まで実施される。3月に外出制限がかかったときに出された条件は、同居家族など以外の他人との接触は絶対に必要な最低限にし、公共空間においては他人と1.5m、できれば2m以上とるという具合だ。しかし食料品の購入、通院など、「十分に説得力のある理由」での外出は認められた。その中には個人によるスポーツや散歩も入っていた。

また、これに伴い警察などが監視を行い、場合によっては罰則も課せられる。ドイツの人々は普段、権力のコントロールを嫌う。そのせいか、交通違反などの取り締まりなども、日本に比べると少ない。そういう感覚からいえば、警察が外出に関する監視をするというのはかなり厳しい。

社会活動が制限されてくるのは戦争中の戒厳令を思わせる。しかし、他国との戦闘状態ではない。あくまでも新型コロナウイルスの感染を抑制するたの制限だ。まさに「爆弾が落ちてこない戦争」である。

外出制限で、公共空間では人は1.5m以上の距離をとることになった(筆者撮影)

3月半ばまでは、ドイツ国内のスポーツ活動は通常どおりに行われていた。地域に密着した市民のスポーツ拠点「スポーツクラブ」がかなりあるが、ここでも毎日、老若男女がサッカー、テニス、器械体操など、さまざまなスポーツを楽しんでいた。

しかし、3月16日以降すべてのスポーツの活動が停止。学校や幼稚園も閉鎖される。だがこの時点ではまだ、小さな子どもたちが公園で遊んでいた。

ところで、ドイツの都市を見ると、公園がかなりたくさんある。筆者は昨年、日本へ帰国したときに、ある地方で子育て中のお母さんたちの話を聞く機会があった。そこで聞いた悩みは自動車を飛ばして行かねば子どもたちを遊ばせるようなところが少ない、というものだった。

それに対して、筆者が住むエアランゲン市(バイエルン州、人口約11万人)を見ると、かなり公園がある。ベルリンなどの大都市でも住宅地から歩いて行ける公園が多いとも聞く。参考までに国土交通省2016年発表の資料によると、東京23区の一人当たりの公園面積が4.5平方メートル、それに対してベルリンは27.9平方メートルと6倍以上ある。学校・幼稚園が閉鎖したときに、力を発揮したのが、公園の多さだったといえるかもしれない。

公園の数がかなり多いが、閉鎖されている(筆者撮影)

しかし、ほどなくして公園も閉鎖となる。というのも、早い段階で、できるだけ外出を控えることが勧められていたが、若者を中心に、公園や緑地地帯で集まる「コロナパーティ」が行われていた。

「より強力な介入がなければ、感染がさらに劇的に広がる」(マーカス・ゼーダー バイエルン州首相)という状態だったからだ。外出制限は3月22日から2週間の予定だったが、イースター休暇が終わる4月19日まで延長。さらに20日から緩和されたものの、5月3日まで外出制限措置は続く。

森と緑地帯と遊歩道

それにしても、「なるほど」と思えたのが森の存在だ。「赤ずきんちゃん」「ヘンゼルとグレーテル」などドイツのメルヘンには森がよく登場する。しかも「山」ではなく平地である。ドイツの人々にとっては「畏怖」の対象であると同時に、木材や動物などの「森林資源」を活用してきた。国土に対する割合は30%余り。日本の半分程度の割合だが、「山」ではなく平地が多く、都市と連続しているケースも少なくない。

近代に入って、核家族が登場した時期には、森を家族で散歩する姿も多く見られた。都市化が進むほど、「ただ歩く」ということ自体が目的の散歩文化が定着する。これは現代でも強く、散歩を「ドイツ文化」として紹介されることも多い。そして土日となると家族連れ、場合によっては3世代そろって歩く姿が見られる。

エアランゲン市を見てみると、町の周囲が森林に囲まれた構造で、どこからでもアクセスしやすい。公園が閉鎖されたとなると、家族連れ、単身でのジョギング・散歩のために人々は森に向かう。

「コロナ以前」の森。普段からもよく使われている(筆者撮影)

筆者も普段から近所の森を走る。日曜日の午前中、氷点下でも、ジョギングや散歩する人を見かけるのだが、お天気のよい日となると、多くの人が出てくる。

外出制限がかかってからは、ノルディックウォーキング、犬の散歩、サイクリングといった人のほかに、ベビーカーや子ども連れの家族、それに高齢者の夫婦の姿が増えたように思える。

ただ「コロナ以前」と違うのは、すれ違うときに距離を気にする人が多い。それにしても、広大な森のなかで、少々人が出てきても、問題はなさそうだ。

着目すべきは、都市計画のセンスだろう。都市全体を俯瞰して、余暇空間、遊歩道などが適切に配置されるように作る発想が強い。NPOが都市計画など予算化する前から行政の会議に出席することもある。

その結果、森にアクセスする途中に遊歩道や緑地帯、公園などが充実しているというところも多い。

この背景には、環境保護などのほかに、「生活の質を高める公共空間が必要」という了解がある。

「生活の質」は、医療分野などでは個人の肉体的、精神的、社会的、経済的といったすべてを含めたものを指すが、より多くの人がリラックスしたり、家族や友人と余暇や運動を楽しめる環境こそが都市にはあるべきという考えが強い。

ドイツの都市には街路樹が多いのも、そういう発想が反映されている。

それでも違反者が出てくる

欧州の人々が芝生に寝そべる光景などを思い浮かべるとわかりやすいが、ドイツには自然を「愛でる」というよりも、余暇・運動など、より直接的な利用をする文化が強い。特に鉛色の冬が過ぎ、太陽が出てくると、よりいっそう人々は外へ出たくなる。

その結果4月最初の週末、ニュルンベルク市で約7050人の「違反者」が出た。警察が人々の外出状況チェックしているのである。暖かくなり、ストレスもたまってきたせいか、1週間前よりも増加した。

「コロナ以前」の森。普段からもよく使われている(筆者撮影)

もちろん、ジョギング・散歩、食料の買い出しなどは許可されているが、最も一般的な「違反」は、日光浴など自然の中での長時間の滞在だった。深刻なものだと自然の中でグループでのスポーツ、バーベキューといったものだ。違反者の内1030人が罰金を課せられた。

現時点では、一時的に権力が介入してでもウイルスを抑制せねばならない。しかし、ドイツにはアクセスしやすい自然空間がたくさんある。ドイツの人々にとって、なかなか悩ましい状況だ。また警察にとっても、こういう監視は初めてのはずだ。現場での判断が難しいところもあるだろう。

そこで、単独の日光浴などは問題ないのではないかという声が市民側から上がる。その結果、州の内務大臣が「日光浴はOK」と明言するにいたる。こういうときの権力はどう介入すべきか、妥当なところを探る社会的なプロセスが見られた形だ。

ところで、4月に入った時点で見た日本の様子は、ざっくりした印象をいえば2~3週間前のドイツのようだ。すでに問題になっているが、外出が制限されると、次に出てくるのが健康維持やストレス対応だ。

このとき、人々が余暇や運動に使える空間はどのくらいあるのか。アクセスのしやすさはどうか、「使える自然」に整備されているかが問われるだろう。

日本の地方へ行けば、木や植物を植え、かなり手の混んだ公園が作られるケースがあるが、自動車を飛ばしていかねばならないところも多い。自治体全体を見たときに最適配置がなされていない形だ。コロナ禍で日常の「生活の質」を高める環境をチェックできる機会かもしれない。

ジャンルで探す