スズキ「スペーシア」、NーBOXと全く違う戦い方

スズキが2018年12月に発売した「スペーシア ギア」。軽ハイトワゴンをアクティブに使いたいユーザーに対し、SUVデザインの新しいスタイルの車として提案する新車種だ(写真:スズキ)

スズキの軽ハイトワゴンであるスペーシアに、2018年12月、「スペーシア ギア」と呼ばれる車種が追加発売された。これによりスペーシアは、標準車としての「スペーシア」のほかに、フロントグリルを強調した「スペーシア カスタム」、そして今回の軽SUVハスラーに通じる丸目(丸い形状のヘッドライト)をフロントグリルに用いたスペーシア ギアの3つの個性から選べるようになった。

”打倒タント”を掲げたクルマづくり

スペーシアの前身は、「パレット」である。パレットは、ダイハツ「タント」の対抗車種として2008年に誕生した。しかし、子育て家族のための軽自動車として2003年に登場したタントの人気を覆すまでには至らず、わずか1世代でスペーシアに後を委ねたのである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

スペーシアは打倒タントを目指し、徹底的に子育て中の家族を調査することにより、広々とした室内の実現と、実用的な物入れを車内に配置するだけでなく、室内が整理されて見えるような収納の見栄えにもこだわった。走行性能においても、軽自動車で最も背の高い部類に入る車種として、街角を曲がるといった際に重心の高さによるふらつきを抑える操縦安定性が作り込まれた。その出来は、タントを上回っていたといえる。

2017年にはパレットでは果たせなかったフルモデルチェンジを実現し、2代目へと進化を遂げた。すべての車種がISG(モーター機能付発電機)を装備するマイルドハイブリッド車となった。ダイハツがなお手をこまぬいている電動化を採り入れることにより、燃費などの環境性能はもちろん、発進や加速でモーターを活用することにより、乗り心地の上質さもスズキは手に入れている。また、運転の安心をもたらす操縦安定性もスペーシアは初代を継承し、毎日安心して使える軽ハイトワゴンとなっている。

そこまでスズキは手を尽くしてきたが、軽自動車販売台数で2017年も2018年も、ホンダ「N-BOX」に1位の座を奪われることになった。

ホンダN-BOXは、2011年に誕生しており、タントやスペーシア(前型パレット)のみならず三菱や日産の軽と比べても最後発となる軽トールワゴンである。しかし、ダイハツやスズキが永年軽自動車を作り続けてきた発展形と違い、軽自動車とは無縁かつF1にも関わったこともある技術者が開発するという着想の違いにより、目先の変わった軽ハイトワゴンとして登場し、それが消費者の目に新鮮に映ったのだろう。

初代はともかく、2代目のN-BOXに比べスペーシアのほうが明らかに質の高い仕上がりで、運転への安心や、マイルドハイブリッドなどによる環境対応はスズキのほうが進んでいる。だが、スペーシアの2018年の販売台数は15.2万台(前年比45.2%増)と軽4輪車の中では年間2位。1位となったN-BOXの24.1万台(同10.7%増)には遠く及ばなかった。

その年間販売台数の集計が出される直前、スペーシア ギアの発表が行われた。

スペーシア ギアは、SUV(スポーツ多目的車)と見えるような外観の見栄えを採用した。ほかの軽ハイトワゴンでは目にすることのない姿であり、その顔つきはスズキの軽SUVであるハスラーを思わせる。

機能的には従来からのスペーシアと変わらず、室内において、ファブリックシート表皮に撥水加工やオレンジステッチを施し、アウトドアなどでの実用性向上や、見栄えの新しさを加えている。あるいはインストルメントパネルには、工具箱を思わせるような造形やガンメタリックの色を採用するなどをしている。

スズキは、スペーシア各車種のすみ分けについて、標準車のスペーシアはワクワクとした楽しさを感じさせるカジュアルさ、スペーシア カスタムは他の軽自動車でも採り入れられ「ドヤ顔」などとも評される迫力と存在感のある顔つき、スペーシア ギアにはアウトドアを強調した頑丈で活動的な様子を与えたとする。そしてスペーシア ギアには、はやくも多くの反響が寄せられているとのことだ。

軽自動車のハスラー、小型車のクロスビーなど、スズキはこのところアウトドアを楽しめる丸目の顔つきを持つ外観を1つの特徴としており、本格的4輪駆動車のジムニーも昨年のフルモデルチェンジで丸目に戻すなど、都市生活だけでない余暇の喜びを想像させる車種の充実が目立つ。実際、還暦で定年を迎えた筆者の同級生は、ハスラーを数年前に購入し、旅に出た。オジサンの心をも揺さぶる軽自動車を生み出した。

スズキのそうした取り組みは、軽自動車からミニバンに至るまで流行している「ドヤ顔」とは一線を画したクルマの価値を模索する動きであり、そこに消費者も共感する流れを起こしはじめているように思われる。

丸目の顔つきといえば、BMWの「MINI」をまず思い浮かべるかもしれない。2017年4月~2018年3月までの2017年度における国内輸入車のモデル別販売(日本自動車輸入組合 JAIA資料)において、MINIが1位となっている。2016年度に続く2年連続の1位だ。それまでの10年間はフォルクスワーゲンのゴルフが1位だったが、その間もMINIは常に2~3位につけている。

ほかにも、FCAのフィアット500はアバルト仕様も含め根強い人気があり、同社のジープ・ラングラーやレネゲイドも丸目のグリルが基本だ。またメルセデス・ベンツのGクラスは伝統的な丸目の顔を維持する。販売台数でMINIの実績には及ばないが、これらの車種は多くの人がそれと知る存在となっている。

スズキの軽自動車や小型車の丸目を含め、それら輸入車を見ると、いずれもほかと比べてという価値観ではなく、己の存在価値を追求する様子がその顔つきから見ることができる。それが差別化にもなっているが、一方、威圧感を与える「ドヤ顔」の狙いは、他車と比べて目立つかどうか、立派に見えるかどうかと、ほかと比較して上下の価値を問う顔つきではないだろうか。

”丸目”のクルマを選ぶ心理

つねに他人の目を気にする心理は、今日のSNSの普及による時代の象徴的傾向だ。ブログにはじまり、フェイスブック、ツイッターなど、自己を不特定多数に公開し、それに共感を求めるのは、己の生き方に自立することなく人に認めてもらうことでしか自己を確立できず、また安心できない世相に通じる。だからこそ、ドヤ顔のクルマに人気が集まり、世界のカーデザイナーも威圧感のある顔つきの創出に執心するのだろう。

しかし他人の目を気にし、比較し、安堵もすれば落胆もする暮らしは、気が休まらない。人に何と言われようが、自分が快適に過ごせればそれでいいという生き方もある。そこに、一息つく人がいるだろう。そういう人が、時代の流れとは必ずしも一致しないかもしれない、丸目の顔つきのクルマを選び、己を取り戻したことに安堵するのである。

ハスラーで成功したスズキの丸目を持つ車種構成は、穏やかで自分らしい生活を求める人に着実に浸透していくのではないだろうか。それは必ずしも数で1位とならなくても、クルマ選びに止まらず生き方としての共感の輪を広げていくような気がする。

ジャンルで探す