あの首長竜を50年前に高校生が発見した必然

フタバスズキリュウについて書かれている『学習百科事典』(小学館)を前に。佐藤たまき東京学芸大学准教授(左)とフタバスズキリュウの発見者である鈴木直(ただし)さん(写真:ブックマン社)
福島県いわき市でフタバスズキリュウの化石が発見されてから今年で50年になる。発見したのは、当時高校2年生だった鈴木直氏だ。そして、このフタバスズキリュウを研究し、新属新種としての名付け親になったのが佐藤たまきさん。2人の恐竜対談をお届けする(本記事は『フタバスズキリュウ もうひとつの物語』(ブックマン社)に収録されている対談を編集し直したものです)。

「鈴木少年」との出会い

佐藤:フタバスズキリュウの記載論文を出版した後に記念講演などで何度かお会いしましたが、それ以来でしょうか。

鈴木:そうかもしれません。論文が出たのは2006年5月でしたよね。最初にお会いしたのはいつでしたかねえ……。

佐藤:私にとっての最初はこれ(小学館『学習百科事典』)です。ここに子どものころの愛読書を持ってきました。フタバスズキリュウの項目に「鈴木くん」が出てきます。私は、おそらくこうした本を通じて鈴木さんを知ったんだと思います。

鈴木:そうでしたか。

佐藤:実際にお会いしたのは、卒業研究をやっていた1994年の夏前後ではないでしょうか。卒論の参考にするために、当時、鈴木さんが職員をされていたいわき市の石炭・化石館に展示されていた標本を測らせていただきました。お名前を聞いて「わあ! フタバスズキリュウの鈴木さんだ!」とすごく驚いたのを覚えています。

鈴木:思い出しました。女性の若い学生さんが「古脊椎動物学を研究する古生物学者を志している」と話すのを聞いて、すごく素敵だなあと思いましたよ。当時の日本ではあまり聞いたことがなかったですから。

佐藤:確かに古生物学、特に古脊椎動物をやる女性はほとんどいませんでしたね。

鈴木:私がこの世界に興味を持った1960年代後半は、女性に限らず、日本で古脊椎動物を研究している方はごく少数でした。限られた方々が支えてきた世界だったんです。

佐藤:そんななかで、高校生だった鈴木さんはフタバスズキリュウを発見したんですね。

鈴木 直(すずき ただし)/1951年、福島県いわき市生まれ。1968年10月、福島県立平工業高校2年生のときにフタバスズキリュウを発見する。その後もいわき市石炭・化石館職員、財団法人いわき市教育文化事業団職員として、一環して古生物の調査、研究を続ける。現在は公益財団法人いわき市教育文化事業団いわき市アンモナイトセンター主任研究員(写真:ブックマン社)

鈴木:中学生のころ、『あぶくま山地東縁のおい立ち』という地元の地質について書かれた本を読んだんです。石炭を採掘するための炭田調査に来られた徳永重康先生が、この地層を「双葉層」と名づけたこともこの本で知りました。

この調査で首長竜や魚竜の歯とされる化石が出たと書かれていて、それがなんと、私の叔母さんの家のすぐ近くだったんです。毎年、夏休みに泊りがけで遊んでいた川のそば。それからは化石を採ったり、地質学の専門誌を読んだりするマニアックな高校生になりました。

佐藤:双葉層群の研究には、本当に長い歴史があるんですよね。かつては新生代の地層として知られていたのを、徳永先生がアンモナイトや二枚貝化石の調査で、中生代の地層があると明らかにされた。

鈴木:そうですね。それである日、地質学雑誌に載っていた「白亜系双葉層群の上限」という論文を目にしたんです。著者は小畠郁生先生でした。読んでみると、アンモナイトや貝、サメの歯など、私が採取したのと同じようなものが並んでいる。いっぱしの学者気取りで「私の調査ではこんなものが出ています」と手紙を送りました。生意気な高校生ですよね(笑)。

佐藤:ははは。

高校生の手紙に対して「一緒に研究しましょう」

鈴木:驚いたのは、小畠先生のお返事です。どこの誰ともわからない高校生のぶしつけな手紙に対して「一緒に研究しましょう」とおっしゃってくださいました。このお返事が、フタバスズキリュウの発見につながるんです。調査をするなかで骨を見つけて、大型の海生爬虫類に違いないと確信して小畠先生に速達郵便を送ったことから本格的な発掘調査が始まりました。小畠先生の書かれた本や論文がなければ、私がこの世界に興味を持つことはなかったかもしれませんし、フタバスズキリュウの発見もなかっただろうと思います。

フタバスズキリュウをきちんと記載してくださった佐藤先生の功績もとても大きなものです。新属新種ではないかという長年の問いにも決着をつけてくださいました。

佐藤:それまで日本では新種の首長竜は記載されていなかったんですが、多くの首長竜が記載されているアメリカとは地理的に離れていますし、種類の違う首長竜が太平洋を隔てた日本にいてもおかしくないのではないかという感覚はあって。博士課程の研究で(フタバスズキリュウを含む)エラスモサウルス類のデータを集めていたことも大きかったですね。

佐藤たまき(さとう たまき)/古生物学者。東京学芸大学准教授。幼いころより古生物が好きで、古生物学者を目指して進学した東京大学理学部地学科で研究対象としての首長竜に出会う。その後、アメリカ、カナダへの留学を経て首長竜の研究で博士号を取得。フタバスズキリュウの研究に参加し、2006年に新属新種とする論文を発表した。カナダ・王立ティレル古生物学博物館、北海道大学、カナダ自然博物館、国立科学博物館での博士研究員を経て、2007年に東京学芸大学に着任、2008年より現職。2016年猿橋賞受賞(写真:ブックマン社)

鈴木:私は、フタバスズキリュウ発見から記載までに費やした「38年」という年月は、長くとも経なければならなかった時間だったと思っています。日本で古脊椎動物の化石が見つかるようになってから、この分野の研究を進めてこられた長谷川善和先生、真鍋真先生、そして佐藤先生とつながっていったからこそ、きちんと記載できたんだという気がしてなりません。

佐藤:学術研究、特に基礎科学の分野は一人の天才が突然成し遂げるものではなくて、積み重ねが必要なものです。フタバスズキリュウを例に挙げれば、戦前にこの地域で行われた炭田調査でアンモナイトが見つかり、その種類から地層の年代を特定されたというところから始まっている。

その調査があったから、高校生の鈴木さんは熱心に探したし、出てきたフタバスズキリュウが白亜紀のものだとわかる。そういう積み重ねがあったからこその大発見なんですよね。

鈴木:まさにそうです。

佐藤:個人的に、日本の基礎科学の衰退をとても心配しているんです。今は、すぐに結果が出ないと評価されにくい時代ですよね。これは長期的に見ると、サイエンスを傷つけるんじゃないかなと思うんです。

白亜紀を覗く小さな「窓」を広げる努力

鈴木:当時のことを話すとき、私はよく「窓」という表現を使います。フタバスズキリュウが発見された地層は、白亜紀の終わりに近い、およそ8900万~8500万年前にできた海の地層でした。

かつて日本では、この「窓」を覗いても、アンモナイトや二枚貝くらいしか見えないと考えられていた。ところがフタバスズキリュウが発見されたあとは、各地で海生爬虫類が次々と発見されました。とはいえ、日本にある白亜紀の地層は限られています。窓はとても小さい。その小さい窓を大きく広げるためには、今後もコツコツと努力を積み重ねていくしかない。

佐藤:そう思います。

鈴木:フタバスズキリュウは、改めて特別な存在だなと思うんです。「日本からは恐竜のような大型爬虫類の化石は出ない」という時代に決着をつけた。さらに、その化石が新属新種として記載され、学名がついた。佐藤先生がそういう形にしてくれたことで、世界の研究と日本の研究が結びついて、知見が広がり、窓がどんどん広がっていく。

佐藤:それも、やっぱり多くの先人のおかげなのでしょうね。今後も新しい研究手法は出てくるでしょうし、取り組むべき課題はいくらでもある。調べなくてはいけない場所もたくさんある。お互い、やるべきことはまだまだたくさんありますね。

鈴木:はい。今年はフタバスズキリュウの発見から50年ということで、いろいろな場所に呼んでいただいていますが、学術だけでなく、普及的な側面、メッセンジャーとしての役割も重要だと思ってやっています。私が伝えたいのは、化石のメッセージなんです。今は石だけど、その当時は生きていた。化石は無機物ではなくて有機的な生物の痕跡なんです。彼らと私たちは無縁ではない。複雑な系統樹のつながりのなかで、私たちは今ここにいる。そういう長い時間のつながりを感じてほしいなあと思っています。

ジャンルで探す