経済・IT

「忙しすぎる日本人」が知らない心の休め方

忙しい生活に追われているあなたに(写真:ManabuAsakawa / PIXTA)
シンプルライフ、断捨離、ミニマリズムに続き、北欧の国デンマーク生まれのライフスタイル「ヒュッゲ」が、最近、欧米をはじめとする世界各国でブームになっています。
デンマークといえば、国連による世界幸福度調査で1位、3位、1位、2位……とつねに上位ランクインを続ける「世界一幸せな国」(日本は同時期において43位、46位、53位、51位)。その理由として良好な政治環境や優れた福祉制度を挙げる人もいますが、一方で、個人レベルの幸福度を高めている大きな要因に、「ヒュッゲ」に象徴されるデンマーク流の考え方や時間の過ごし方があるといわれています。
「ヒュッゲ」とは、ひとことでいえば「心地よさ」を表すデンマーク独自の概念。人とのつながりを通してあたたかさや癒やし、幸福感を得ること、あるいは一瞬一瞬を大切にしながら、好きなことに囲まれて過ごすこと、を意味します。
現在カナダに暮らすデンマーク出身の作家、ピア・エドバーグ氏は、いじめや失恋、失業といった困難を乗り越える中で、生まれ故郷のヒュッゲの考え方がいかに魅力的で大きな効果を発揮してくれるかを再発見しました。その経験をまとめた著書『Hygge(ヒュッゲ) 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法』から、日本人でも簡単に「心地よさ」を日常に取り入れられるヒントをご紹介します。

「忙しい生活」に追われていませんか?

現代社会を生きる私たちは、つねに忙しく動き回り、あふれる情報の波の中でもがいています。

最近、一瞬でも立ち止まって、いまの自分の置かれている状況を見つめ直したことはありますか?

ただ漠然と、無意識に日々を送っている人は少なくありません。ある日、ふとわが身を振り返って、どれだけの時間が知らず知らずのうちに経ってしまったかに気づき、愕然とする。時間は、砂が手からこぼれ落ちるようにどんどんと逃げていき、年をとればとるほどその速度は増していくのです。

私が生まれ育ったデンマークでは、昔から「ヒュッゲ」と呼ばれる考え方が大切にされています。これは、忙しい生活のスピードをちょっとゆるめて、人生本来の「心地よさ」を味わい、楽しむ余裕を取り戻すための暮らしの知恵です。

もともとはデンマークの長く暗い冬をうつうつとせず乗り越えられるように、あたたかい色のろうそくを灯したり、気の置けない仲間で集まって一緒にくつろぎのひとときを過ごしたりする習慣から始まりました。

デンマーク流「心地いい」暮らしの基本はずばり、「日々の中の小さなあれこれを愛(め)でる」という、シンプルな考え方にあります。

デンマーク人はほかの国の人たちと比べ、物質的な豊かさへの執着があまりありません。モノをため込むことよりも、家族や友人との時間や絆を大切にしているからです。

人生で最も価値のあるもの、最も記憶に残る出来事というのは、えてしておカネのかからないものです――予定のない休日に肌触りのいい服を着て家族と公園を散歩したり、仲のいい友人と紅茶の入ったカップを手に雪が降るのを眺めたり。

もちろん、誰かと一緒にいる場合に限りませんし、屋内や職場にいるときでもかまいません。大切なのは、自分がどこで何をしていようと「家にいるときのように安心できる」こと。安全で、幸せで、つながっていて、いまを生きていると感じられることです。

誰もが生活の中にほんの少しでも「ヒュッゲ」のシンプルで心地いい時間の過ごし方を取り入れたなら、みんなもっと幸福感を得る機会が増え、心に余裕が生まれると思います。「ヒュッゲ」のチャンスは、望みさえすればどこにでも見つけられるものです。実際の暮らしの中に、どのようにして取り入れればよいか、いくつかヒントをご紹介しましょう。

いまいる場所を「世界一くつろげる場所」にする

心地よさを取り入れるには、気合を入れすぎないことが重要です。自分らしく、ゆったりとくつろげる雰囲気があればいいので、自然体のほうがうまくいきます。頭で考えようとせず、直感を信じ、いまある自分の状況を見渡して「どこか変えたいところはないだろうか?」と問いかけてみるのです。

<自宅でヒュッゲするコツ>

□「肌触り」のよいものを選ぶ

ニットやフリース素材のひざ掛け、ふわふわのクッションなど、やわらかくて肌触りのよいものをあちこちに置きます。どこにいてもどんな姿勢でいても、肌に「心地いい」感触が得られるようにすること。

□照明は「暖色」を

照明もとても大切な要素です。心を落ち着かせてくれるようなあたたかみのある照明を選びます。蛍光灯の光が白く煌々(こうこう)と輝いているのと、テーブルの上のランプが黄色い光を放つのとでは、雲泥の差があります。

□「アウトドア」を室内に持ち込む

人間も動物である以上、本能的に自然に惹かれるものです。その本能にしたがい、外の自然を室内に持ち込んでみてはいかがでしょう? 小さな鉢植えであれば、近所のお店で数百円から手に入ります。さらに、鉱物、木、石、革など、自然素材でできたものを飾るのも効果的です。

□意外性を楽しむこと

「心地いい空間」とひとことで言っても、その内容はさまざま。何にどの程度こだわるかはもちろん自分次第ですが、できれば意外性のある組み合わせにもチャレンジしてみましょう。素材の異なるもの、クラシックなものとモダンなものを組み合わせて、そのミスマッチを楽しんでみるのです。

□自分を表現しよう

自分が気に入ったものであれば、それが気まぐれやいっぷう変わった趣味であっても、包み隠さず表現してしまいましょう。フリーマーケットでつい買ってしまった妙な彫り物、ド派手なデザインの映画のポスターなども、みんなの目にとまるところに飾ってみませんか。何より重要なのは自分がお気に入りのものに囲まれていることです。

<職場でヒュッゲするコツ>

仕事とヒュッゲは基本的に相反するものですが、職場にも「心地よさ」を取り入れるチャンスはあります。長時間を過ごす空間だからこそ、自分がほっとできるモチーフを置くことは、非常に理にかなっているのです。より落ち着いた気持ちで仕事をし、集中力と効率を高めることができるのですから。

□デスクの上にあたたかみのある色のライトを置く

□古本のコレクションや家族の写真など、自分が好きなものを飾る

□モチベーションが上がる言葉を、見えるところに掲げる

□オフィス用品は、ユーモアのあるものを選ぶ

□自分のスペースに、好きな色のものを置く

□気持ちをリラックスさせてくれる植物を置く

□楽しい気分になれるアート作品を飾る

□ひざ掛けやクッションを持ち込む

「ヒュッゲ」に秘められた無限の可能性

ほかにも、「バスタブにお湯を入れてあたたまる」「家族と一緒に映画を観る」「日の出、日の入りを眺める」「子どもが寝る前に本を読み聞かせる」「スマホの電源を20分間オフにする」「手書きの手紙を書いて贈る」「日記をつける」「グラス1杯のワインを楽しむ」「野の花を摘み、持ち帰って花瓶に生ける」などがあります。

ヒュッゲは生活の中のあらゆる場面に取り入れることができます。その可能性は無限です。トレンドや、人からどう思われるかなどは気にしなくてかまいません。