ドイツ銀、コメルツと合併交渉=協議入り正式表明

ドイツ銀行(右)とコメルツ銀行の企業ロゴ(AFP時事)

 【フランクフルト時事】ドイツ最大手銀行のドイツ銀行と、同じく独大手のコメルツ銀行は17日、合併交渉を進めていることを明らかにした。経営不振の両行をめぐっては以前から合併論が取り沙汰されていたが、協議入りを正式に表明した形。
 ドイツ銀はこれまで、自力再建を優先する姿勢を示してきた。しかし、同日発表した声明では「戦略的選択肢の見直しを決めた」と説明し、合併についてコメルツ側と協議していることを認めた。
 両行の合併に対しては、独政府が積極的な姿勢を示している。自国産業支援のために強力な銀行が必要との立場から、2大上場銀行の再建を合併による基盤強化で進めたい考え。 

ジャンルで探す