経済・IT

なぜルノーの台数は増え続けるのか、新型「メガーヌ」に見る独自戦略

●8年連続で販売台数を増加させたルノー
ドイツ車が約6割という日本の輸入車マーケットで着実に伸びつつあるルノー。数字でアピールしにくいと言われるフランス車をどう売っているのか。新型「メガーヌ」の発表会でルノー・ジャポンの社長が口にしたのは「FTS」の3文字だった。

○ドイツ一強の輸入車市場でルノーが健闘

日本は軽自動車を除く自動車販売台数に占める国産車の割合が約9割という、国産車が圧倒的に優位な市場だ。そして残りの1割を占める輸入車(国内メーカーの海外生産車を含む)に目を向けると、こちらはおよそ6割がドイツ車となっている。

クルマ自体の良し悪しだけでなく、長いものに巻かれがちな日本人の性格も、この結果に関係しているだろう。

しかし、輸入車についてはドイツ車以外も健闘している。わが国の日産自動車や三菱自動車工業とアライアンスを組んでいるフランスのルノーもそのひとつ。2010年から7年連続で前年の販売台数を上回っており、今年は9月中旬の時点ですでに2016年の数字を上回っている。つまり、8年連続の台数増が確実になっているのだ。

○ニッチ戦略が奏功、ニッチとは言えない存在に?

なぜ、ここまでルノーは伸びているのか。理由のひとつに、日本市場に特化した独自の販売戦略があるのは間違いない。その戦略とは、2009年からルノー・ジャポンCOO、2012年から同社代表取締役社長を務める大極司(だいごく・つかさ)氏が推し進める「FTS」である。FTSとは「フレンチタッチ」「トレンディ」「スポーツ」の頭文字だ。

身内の日産をはじめとする国内メーカーが圧倒的に強いわが国において、正面から勝負を挑んでも難しいことは分かっている。そこで、ルノーは得意分野をいかしたニッチ戦略を取ることにしたのだ。それが成功に結び付き、今やニッチとは言えないレベルにまで成長している。

●FTSの象徴は「カングー」と「ルノー・スポール」
FTS戦略の象徴と言えるのが、ハイトワゴンの「カングー」と高性能ブランドの「ルノー・スポール(R.S.)」だ。

○カングーに見る独自の立ち位置

カングーにライバルは存在しない。スライドドアを持つ背の高いボディはミニバンを思わせるが、シートは2列で、後方には観音開きのリアゲートでアクセスする広く使いやすい荷室を用意する。ルノーではこのカングーを「ルドスパス(LUDOSPACE、遊びの空間)」という粋な響きで表現している。

カングーはトヨタの上級ミニバン「アルファード」に匹敵する全幅を持ちながら、エンジンは1.2リッターターボであり、価格は200万円台前半と、アルファードよりはるかに小さい「ノア」よりもさらに安い。輸入車は割高という一般的な常識の逆を行く。

それはなぜか。カングーは本国フランスなどでは商用車仕様も存在しているので、もともと高価なクルマではないためもある。でも、これはルノーを含めたフランス車の魅力のひとつとも言えるのだが、カングーは低価格車であっても、伝統の乗り心地や直進安定性はしっかり受け継いでおり、デザインには一切の手抜きがない。

○数字で説明するのが難しいフランス車

もうひとつの「ルノー・スポール」は、サーキット走行を前提としたピュアな車種ながら、日本が世界で3番目の売上という人気を誇る。

ルノーは今年でF1参戦40周年というキャリアの持ち主。その経験が歴代ルノー・スポールには反映されている。しかも、フレンチタッチのデザインはスポーティなのにこれみよがしな派手さはなく、むしろエレガントでもある。こうした部分が支持されているようだ。

現行ルノー・スポールはすべて前輪駆動車だが、シャシーのチューニングは標準型のルノーとまるで違う。一言で言えば、後輪駆動車のように自在にコントロールできる。ターボらしいパンチとサウンドを堪能できるエンジンも魅力だ。そのため、三菱「ランサー・エボリューション」やスバル「WRX」など、日本製高性能車からの乗り換えも多く見られるという。

とはいえ、どちらもスペック的に秀でた部分はあまりない。数字で判断する傾向が強いわが国のユーザーには、日本車やドイツ車と比べると、ルノー車はかなり売りにくい。逆に言えば、数字に表れない部分に魅力がある。

これはフランス車を10台以上乗り継いできた筆者も痛感しており、記事を書く際に苦労している。ルノー・ジャポンではその分かりにくさを、「FTS」という分かりやすいメッセージで打破しようと考えた。それが実を結びつつあるのだ。

今年の成長については、前述の2本柱に加わったコンパクトカーの「トゥインゴ」も寄与している。現行トゥインゴはダイムラー・グループのスマートとの共同開発で、現在の自動車では珍しくエンジンを車体後部に搭載した。ルノーは昔からこのメカニズムを数多く採用したことから、リアエンジンによる個性的な走りをアピール。スマートより安い価格と合わせて人気を得ている。

●同クラスで異例の4輪操舵を備える新型「メガーヌ」
○メガーヌで踏み込む輸入車市場のど真ん中

しかし、カングー、ルノー・スポール、トゥインゴのいずれも、日本の輸入車マーケットでは脇役と言えるポジションにある。メインマーケットでのプレゼンスも高めたいところだ。そんな気持ちが表に出ていたのが、10月4日に発表された通算4代目となる新型「メガーヌ」だった。

なによりも驚いたのは、ルノー・スポールが手がけたスポーツグレード「GT」をメインとする商品構成だった。ボディはハッチバックとスポーツツアラーと呼ばれるワゴンの2タイプで、ハッチバックには1.2リッターターボエンジンを積む廉価版のGTラインも用意されるが、両ボディに用意されるのはGTのほうだ。

GTのエンジンは「ルーテシア R.S.」と基本的に同じ1.6リッターターボで205psを発生。7速デュアルクラッチ・トランスミッションを介して前輪を駆動する。

それ以上のニュースは、ルノーでは「4コントロール」と呼ぶ4輪操舵が導入されること。つまり、前輪だけでなく後輪も向きを変える。低速では最大2.7度前輪と逆に切れることで小回り性能を向上させる一方、高速では前輪と同じ向きに最大1度切れることで正確かつ安定したコーナリングをもたらすという。

現在、4輪操舵を採用している市販車は、レクサスやBMWなどのプレミアムブランドだ。それが300万円代という、手を伸ばせば届くハッチバックやワゴンに積まれたことは画期的と言える。

○競合ひしめくCセグで「メガーヌ」は輝けるか

フランス車が得意とするデザインも凝っている。前後のランプにはLEDを用いており、フロントはC型のアクセント、リアは中央のエンブレムまで伸びた赤い帯がとにかく目立つ。インテリアはイルミネーションを5色から選択可能。フランス車が遅れ気味だった運転支援システムやコネクテッド装備もライバルに並ぶレベルになった。

メガーヌの発表会で大極社長は、「ゴルフ」などが属するCセグメントでのプレゼンスを高めるために、あえてFTS戦略を貫いてGTを主役に据えたと語った。説明しにくいと言われるフランス車の良さをどう伝えていくか。8年連続の成長を確定させたルノー・ジャポンは攻め方をつかみつつあるようだ。