経済・IT

マツダが3列シートSUV「CX-8」発表、ミニバンに代わる新たな選択肢

●「多人数で乗りたいがミニバンはちょっと…」という人に
マツダが3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表した。7人まで乗れるにも関わらず、箱型ミニバンとは全く違う商品性を持つクルマで、マツダは日本の自動車市場に新たな選択肢を提示する。CX-8が加わることで、マツダ新世代商品群の完成度はいよいよ高まりそうだ。

今回の発表に先立ち、CX-8の開発主査を務めたマツダ商品本部の松岡英樹氏など、複数の関係者に話を聞くことができた。ここからは、CX-8の特徴や商品性などを、関係者の話も交えながら見ていきたい。

○全長4,900mmも大きすぎる感じはない

マツダは国内で「CX-3」と「CX-5」の2種類のSUVを展開しているが、今回のCX-8は同社のSUVで最上位という位置づけだ。多人数乗車が可能なクルマを持つ必要はあるが、ミニバンを選ぶのには抵抗があるという人にとって、CX-8は有力な選択肢となるだろう。価格は税込みで319万6,800円~419万400円。発売は2017年12月14日の予定となっている。

気になる大きさは、全長4,900mm、全幅1,840mm、全高1,730mm。全長はトヨタ自動車のミニバン「アルファード」と同じくらいだが、高さはミニバンと比べればかなり低い。横幅はCX-5と同じに抑えた。実際に見た印象だが、ミニバンと同じだけ人が乗れるクルマとしては、そこまで大きい感じはしなかった。

3列シートのクルマでは、3列目が窮屈だったり、後席に気を使って、ドライバーがシートを前方に移動させて運転することがある。こういったクルマの空間設計は難しそうだが、松岡主査によるとCX-8では、1列目でマツダが提案する理想のドライビングポジションを確保し、2列目では大柄な大人がゆとりを持ってくつろげる空間を実現したという。

3列目は、身長170センチメートルの大人が無理なく快適に過ごせる空間になっているとのこと。実際に乗ってみた感想から言っても、特に窮屈な印象は受けなかった(ちなみに筆者の身長は174センチ)。静粛性についても、1列目と3列目の乗員が、普段どおりの声量で会話できるレベルまで高めてあるそうだ。

○ディーゼルエンジンが特性を発揮、航続距離は1,137キロ

パワートレインには、マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用している。松岡主査によると、最大450ニュートンメートルのトルクを発揮する力強いエンジンのおかげもあり、CX-8はクルマの重さを感じない乗り味に仕上がっているという。ディーゼルらしい燃費性能と大型の燃料タンクにより、航続距離は東京~九州間を給油なしで走り切れる1,137キロを実現している。

次に注目したいのは、ミニバンとの最も大きな違いとも言える見た目の部分だ。スライドドアにしなかった理由も含め、CX-8のデザインを担当したマツダ・デザイン本部チーフデザイナーの諌山慎一氏に話を聞いた。

●スライドドアにしなかった理由にマツダのこだわり
○空間確保と伸びやかなプロポーションを両立

CX-8のデザインコンセプトは「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」。普遍的な美しさと上質なデザインを通じ、日々の暮らしの中で豊かさや心地よい刺激を感じ続けてもらいたいと諌山氏は語る。一番のポイントは、3列目まで大人が座れる空間を確保しつつ、伸びやかで美しいプロポーションを両立した点だという。

マツダのSUVであることを示す「CX」シリーズに属するクルマなので、ややもすればCX-8は、単純にCX-5の全長を伸ばしただけのクルマになる危険性があった。しかし諌山氏は、CX-5を「ダックスフントのように」長くしただけのクルマにならないよう注意しつつ、ミニバンのような箱っぽさにも近づかないよう、色々な工夫を施したそうだ。

諌山氏によれば、例えばタイヤの間(車体の側面)の造形にも、凹凸やカーブなどを施すことで、緊張感のある印象となるよう工夫を重ねた。窓の形についても、普通であれば台形のような形になるところを、下からラインを跳ね上がらせたり、カーブをつけたりすることで、スポーティーで美しい感じを演出しているという。

○走りとデザインを優先しヒンジドアに

箱型ミニバンとの違いで分かりやすい部分として、CX-8にはスライドドアがついていない。それはなぜかと言うと、端的に言えば、スライドドアはマツダの思想に適さなかったからだ。

諌山氏によるとスライドドアは、ドア部分に抑揚やカーブをつけるとスライドする軌跡が描けなくなるため、どうしてもフラットな箱っぽいデザインになりがち。CX-8のように、車体の側面に凹凸などの意匠を施すのは困難なのだという。

スライドドアを選ばなかった背景には、スポーティーな走り味を犠牲にしたくないという思いもあった。スライドドアを取り付ける場合は、ドアの上部、中央部、下部に横方向に3本のレールを通す必要があるそうだが、これは重い部品であり、マツダとしてはクルマの上部に重いものを配置し、重心が高くなることを望まなかった。

通常のドア(ヒンジドア)だと、子供が乗り降りする場合などに隣のクルマにぶつけてしまうリスクがあるし、ボタン1つで開閉できる点など、スライドドアに利点があることは諌山氏も認めるところ。しかし、マツダとしては「走り」と「デザイン」を重視し、CX-8にヒンジドアを採用したとのだという。

3列シートのSUVは他にもあるが、3列目まで大人が無理なく座れるSUVという意味では日本にない商品だとマツダは自負する。こういったクルマを輸入車で探せばアウディ「Q7」などだろうが、価格帯が全く違う。ミニバンとも、既存の3列SUVとも商品性が異なるCX-8だが、市場の有無も含め、ビジネスとしての可能性をマツダはどう見ているのだろうか。

●成長するSUV市場、ニーズ多様化で3列SUVに商機
○これまでにない商品も「市場性は十分」

まず、日本のSUV市場は成長している。マツダ国内営業本部の高場武一郎氏によれば、SUVの市場規模は2013年あたりまでは年間20万台そこそこだったが、直近3年くらいは同40万台レベルとほぼ倍増しているという。市場が伸びるに伴ってニーズも多様化しており、この流れは今後も進んでいくというのがマツダの見方だ。CX-8の市場性は十分と高場氏は語る。

マツダは年齢、性別、家族構成などでCX-8のターゲットカスタマーを定めていない。ターゲットとするのは、「他人に流されず、自分の世界を持っており、自分の進む道は自分で決めたいと考える人」(松岡主査)であり、そういった人達の中で、多人数乗車や3列シートのニーズがある顧客にCX-8を提供していきたいという。

CX-8はミニバン市場の全てを狙える商品ではないかもしれないが、既存のSUVではニーズに合わず、かといってミニバンには飽き足らない思いを抱いているような人にとっては、クルマ選びの選択肢に入れたくなりそうなクルマだ。マツダが創造しようとする新しい市場が、果たしてどのくらいの規模まで拡大するのか、CX-8の売れ行きに注目したい。

○マツダ車で乗り継ぎ続けたい人には朗報

マツダはCX-8で新たな市場を創造しようとするが、このクルマにはもう1つ、重要な役目がある。それは、マツダの新世代商品群を補完することだ。

「顧客と強い絆で結ばれたブランド」(高場氏)を目指すマツダは、例えば販売面の改革でブランド価値の向上を図ったり、初代「ロードスター」のレストアに乗り出したりと、ファンの維持・拡大や満足度向上に力を入れる。

マツダファンは例えば、「ロードスター」や「デミオ」などでカーライフをスタートさせ、その後は「アクセラ」であったり、「CX-5」であったりという風にマツダ車を乗り継げるわけだが、人生のステージが変わって、多人数乗車の必要に迫られた場合は、新世代商品群でチョイスできる選択肢がなかった。そこに登場するのがCX-8というわけだ。このクルマがあれば、サイズアップもサイズダウンも全てマツダ車で完結させることが可能になる。

マツダは近く、次世代商品群の商品展開をスタートさせる。次の世代に移行しても、マツダとしては幅広いファンに幅広い商品群を提示していきたいところ。そのためにも、多人数乗車の選択肢となる新型CX-8で成功を収めることが重要と松岡主査は話していた。