メルセデスAMG新型「C63」世界初公開! 世界最強の2リッター直4エンジン搭載でトータル出力680馬力!

メルセデス・ベンツ新型「Cクラス」をベースにしたパフォーマンスモデル、メルセデスAMG「C63」が登場しました。V型8気筒エンジンから決別したのが最大の特徴です。

AMG「63」のアイコンだったV8エンジンと決別して電動化

 独メルセデス・ベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは2022年9月21日、新型「Cクラス」をベースにしたハイパフォーマンスモデル、メルセデスAMG「C63 S E PERFORMANCE(C63S Eパフォーマンス)」を世界初公開しました。

メルセデスAMG新型「C63S Eパフォーマンス」

メルセデスAMG新型「C63S Eパフォーマンス」

 トピックは、従来AMGの「63」に搭載されていたV型8気筒エンジンではなく、2リッター直列4気筒ターボエンジン+プラグインハイブリッド(PHEV)となったことです。

 フロントに縦置きされたエンジンは、ターボチャージャーを電気モーターがアシストする過給器が組み合わされ、476馬力・545Nmを発生。これは量産型4気筒エンジンとして世界でもっともパワフルなエンジンだといいます。

 これに204馬力・320Nmを発生する電気モーターが組み合わされ、2段ギアボックスで後輪を駆動します。システム全体の最高出力は680馬力・最大トルクは1020Nmと、従来型の「C63S」の510馬力・700Nmに対してパワー/トルクともに大幅アップが実現しています。

 組み合わされるトランスミッションはAMGスピードシフトMCT 9G(9速AT)です。従来はFR(後輪駆動)のみだったC63が、今回はじめて4WD化されたのも特徴です。

 これらにより、0−100km/h加速は3.4秒と、従来型の4.0秒から大幅にアップ。最高速度は250km/h(リミッター)ですが、オプションのAMGドライバーズパッケージを装着すると、280km/h(セダン。ステーションワゴンは270km/h)まで向上させることもできます。

 またC63として初めて4WS(後輪操舵システム)が採用されています。新型Cクラスにも採用されたこのシステムは、低速域ではより小まわり効き運転のしやすさが向上、高速走行では走行安定性を高めています。

 8つのドライブプログラムを搭載。AMG DYNAMIC SELECTから「Electric」、「Comfort」、「Battery Hold」、「Sport」、「Sport+」、「RACE」、「Slippery」、「Individual」が選択でき、効率的なドライブからダイナミックなドライブまで幅広いドライブ体験できます。駆動システムやトランスミッションのレスポンス、ステアリング特性、サスペンションのダンピング、サウンドなどを調整します。

 どのプログラムでも共通しているのは、キックダウン機能によって、150kWのブーストを持つ電気モーターのピーク出力をいつでも呼び出すことができることです。

 通常時は「Comfort」でスタートします(サイレント・モード)。インストルメントクラスターでは、「Ready」アイコンが走行可能な状態であることを知らせます。さらに、AMGらしい力強く響く始動音がラウドスピーカーから室内に響き渡り、発進準備が整ったことを音で知らせます。アクセルペダルをわずかに踏み込むだけで、AMGパフォーマンス・ハイブリッドが動き出します。
 
 C63S Eパフォーマンスに搭載されるバッテリー容量6.1kWh。これにより、EV走行は13kmを実現しています。0−125km/hまで、常に内燃エンジンを停止させた状態でのEV走行が可能です。

ジャンルで探す