【速報】約3か月ぶりに1ドル=150円を突破 米CPIの結果を受け、FRBの利下げ観測が後退し、円安進む

外国為替市場で円相場は1ドル=150円半ばまで円安・ドル高が進み、去年11月以来およそ3か月ぶりの水準となりました。

日本時間の先ほど発表されたアメリカの消費者物価の伸び率が市場の予想を上回り、中央銀行にあたるFRBの利下げ観測が後退したことで、日米の金利差が意識され、円を売って、ドルを買う動きが強まりました。

ジャンルで探す