「ナンバープレートにしたい」と思う岐阜県の地名ランキング! 2位「飛騨市」、1位は?

All About ニュース編集部では、「あったらうれしいナンバープレートの地名」に関するアンケート調査を実施しました。この記事では「ナンバープレートにしたいと思う岐阜県の地名」ランキングをご紹介します。

All About ニュース編集部は1月15日~3月18日の期間、全国の10~60代の男女221人を対象とした「あったらうれしいナンバープレートの地名」に関するアンケート調査を実施。

今回はその中から、「ナンバープレートにしたいと思う岐阜県の地名」ランキングの結果を紹介します。

2位:飛騨市

2位は「飛騨市」でした。

岐阜県の最北端に位置し、北アルプスや「飛騨山脈」に囲まれた自然豊かな市町村です。水資源も豊富で、飛騨市内の農業が盛んであることにつながっているようです。

「飛騨」の地名は実際にナンバープレートで採用されており、アンケート回答者からは「見かけると飛騨市の名産品を思い浮かべる」などとのコメントが寄せられました。

その他にも「有名な温泉地や観光地なので」(神奈川県/50代女性)、「なんとなくでも聞いたことがありそうな地名なので、車が走っている時に目にしても分かると思ったから」(埼玉県/50代女性)、「文字面がバランスよくかっこいい」(大阪府/40代女性)、「飛騨高山や飛騨牛など全国的に有名で馴染みがある地名だから」(福岡県/30代女性)などの回答がありました。

1位:関ケ原町

1位は「関ケ原町」でした。

岐阜県の南西部にあり、日本のほぼ中央に位置するとされている市町村です。鉄道や新幹線、高速道路など交通の要所となっているほか、徳川家康と石田三成により天下を分ける合戦「関ケ原の戦い」が繰り広げられた場所でも知られています。

アンケートでも、「ナンバープレートを見かけたら『関ケ原の戦い』を連想する」などのコメントが寄せられました。

その他にも「関ケ原の合戦で誰えそう」(大阪府/60代男性)、「関ケ原の合戦があった場所だけに有名なので、そんなナンバープレートを是非みてみたい」(宮城県/40代女性)、「歴史好きの人が好きそう」(福岡県/40代女性)などの回答がありました。

※回答者コメントは原文ママです

​​​​​​この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。
(文:長谷川 優人)

ジャンルで探す