55歳看護師、貯金1800万円。肉体的、精神的に辛く早期退職の予定です

相談者は、看護師として働いているものの、心身の不調から退職を考えているという55歳の一人暮らしの女性です。老後のお金や保険の見直しについても相談したいとのこと。FPの深野康彦さんがアドバイスします。

しばらく充電期間をおいて再就職をしたいと思っています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。

今回のご相談者は、看護師として働いているものの、心身の不調から退職を考えているという55歳の一人暮らしの女性です。老後のお金や保険の見直しについても相談したいとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

なみつきさん
女性/会社員/55歳
関西/持ち家(マンション・集合住宅)

家族構成

一人暮らし

相談内容

看護師をしています。肉体的、精神的に辛く、早期退職の予定です。しばらく充電期間をおいて、日数を減らしての再就職をしたいとは思っています。質問です。

◎何歳まで働き、いくらくらいの収入があれば老後に備えることができるでしょうか(働かないと老後の蓄えとしては足りませんか)。

◎現在の厚生年金見込み額が210万円程度ですが、退職するとどのぐらい減るのでしょうか。

◎がん保険は入院日額1万円(がん以外でも)、がん診断で100万円の掛け捨てで、60歳からは保険料が半額になる特約を付けています。通院保障(日額5000円)の追加を考えていますが必要ですか。

◎死亡、高度障害、余命半年で1000万円支払われる払い済み保険があり、お葬式代はそれをあてて貰うよう考えています。年齢順で考えると、姪や甥にお願いすることになるのですが、手続き的にどうでしょうか? 他の方法で準備する方が良いですか(受取人は、今は母親になっています)?

退職金は1300万円、早期退職金が450万円程度がみこまれます。

個人年金を年払い70万円しており、60歳から年90万円(年3%複利)で受け取れます。入金があと5年必要なので350万円は貯金などから支払うつもりです。マンションは退職を決意した時点でローンを完済し、現在は、管理費と修繕積立金のみを払っています。

よろしくお願いします。

家計収支データ

なみつきさんの家計収支データは図表のとおりです。

相談者「なみつき」さんの家計収支データ



家計収支データ補足

(1)ボーナスの使い道
個人年金年払い70万円、貯蓄50万円(昨年実績)

(2)貯蓄について
毎月の貯蓄1万円は積立式定期預金。

(3)家計収支について(相談者コメント)
家計収支の差は、普通預金に自然に貯まり、100万円を超えると定期預金にまわすという感じで、年間200万~300万円定期預金にしています(退職後はできませんが)。

(4)加入保険について
・本人/生命保険(終身タイプ、払い済み、死亡・高度障害1000万円)=払い済み
・本人/がん保険(がん診断100万円、入院1万円、60歳以降の保険料半額)=毎月の保険料5310円
・本人/個人年金(60歳払い込み、60歳から年額90万円、終身。年3%複利)=年払い保険料70万円

(5)働き方について(相談者コメント)
体調にもよりますが、再就職は1年後ぐらいと考えています。正社員、パートにはこだわりません。収入の目安は、「老後の生活に困らない程度の貯えが準備できる収入」です。「完全リタイアするまでに、後いくらの貯えが必要か(いくら不足か)」を知りたくて応募しました。

必要なら再就職をするが、可能であれば(金銭的に絶対に必要でなければ)無理をせず社会との繋がりを保つ程度に働きたいというのが本音です。

(6)家族について(相談者コメント)
田舎で兄弟の夫婦と暮らしている80代の母がおり、仕事をやめるなら、一緒に旅行に行きたいと言われています。母が元気なうちにできるだけ希望を叶えたいと思っています。支出に入れていませんでしたが、年間50万円程度の範囲内で考えたいです。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:早期退職して大丈夫。1年後に月5万円程度の収入を
アドバイス2:65歳以降は公的年金と個人年金で、ゆとりある生活
アドバイス3:生命保険の受け取りも含め、相続については相談を

アドバイス1:早期退職して大丈夫。1年後に月5万円程度の収入を

早期退職することで、老後の備えをご心配されていますが、なみつきさんの金銭的な状況を拝見すると、すぐに退職されても問題ないでしょう。順番に整理してみましょう。

まず、現在、1800万円の貯蓄があります。退職時には退職金と早期退職金の上乗せで1750万円が受け取れます。これで合計3550万円です。

仕事を辞めてからは、貯蓄の取り崩しになりますが、毎月の支出が約11万円ですから年間132万円。これにお母さまとの旅行費用50万円、仕事を辞めたら国民年金への加入となり、これが年間約20万円。都合、年間の支出は約200万円です。

ただ、退職後、復職の意向もありますから、失業給付を受けることができるので、実際の年間の不足額は100万円程度だと思われます。

さらに、個人年金の年払い70万円を3年分、350万円も貯蓄からの振替で払込みを済ませると、残りは、3100万円です。

1年後に、たとえば月5万円ほどの収入が得られる働き方をするとします。年収は60万円です。年間の支出は200万円ですから、140万円が不足となります。60歳になるまでの4年間、同じ状況が続くとすると、4年で560万円を貯蓄から取り崩すことになり、60歳時点での金融資産は2540万円です。

60歳からは個人年金の90万円の受け取りが始まりますので、年収は150万円になります。一方、支出のうち国民年金の支払いは終了しますので、年間で約180万円。差し引き30万~35万円の不足となります。65歳までの5年間での持ち出しは175万円ですから、金融資産は、最終的に2365万円となります。

老後資金として、いくらあれば安心なのかは、人ぞれぞれです。1億円あっても不安に思う人もいれば、2000万円あれば大丈夫と思う人もいます。2000万円以上残しておけるわけですから、なみつきさんの生活パターンであれば、心配することはないのではありませんか? 持ち家のリフォームや修繕が必要になっても、十分まかなうことができるでしょう。

アドバイス2:65歳以降は公的年金と個人年金で、ゆとりある生活

なみつきさんの場合、不安になる必要がない、と言えるのは、65歳からの年金収入です。個人年金の90万円は年3%の逓増型の終身払いですし、65歳から公的年金で210万円が受給できます。逓増部分を考慮しなくても年間で300万円の収入がありますから、生活コストが異常に増えない限り、65歳から貯蓄すらできてしまうのです。

公的年金については、早期退職で厚生年金部分の見込み額は、現状より減額になりますが、退職後は国民年金に加入しますので、それほど影響はないでしょう。なみつきさんの場合は、63歳から報酬比例部分の支給もあります。公的年金については、心配しなくて大丈夫です。

そう考えると、早期退職して1年後に復職する際は、健康不安もあるとのことですから、無理のない範囲での仕事でいいのではないでしょうか。アドバイス1では、月5万円程度と想定しましたが、3万円程度でも金銭的には十分です。

なみつきさんの場合は、ご自身でも書かれているように、「無理をせず、社会とのつながりを持つ程度」の働き方でいいのではないでしょうか。

家計データを拝見すると、本当に堅実に生活をなさっているのが読み取れます。老後の生活も大事ですが、年齢的にはまだまだ若いです。お母さまとの旅行をもっと楽しまれるなど、ゆとりのある生活をなさってもいいのではないでしょうか。お母さまとの旅行代金50万円は、計算上、ずっと見込んでいますので、安心してください。

アドバイス3:生命保険の受け取りも含め、相続については相談を

最後に、生命保険についてです。ご相談文で書かれていたように、余命半年で1000万円の受け取りができるので、それで十分でしょう。受取人の変更などは、お母さまの状況で変わってきますので、その時点で考えればいいと思われます。現在は、このままで大丈夫です。また、追加で通院保障を付ける必要はなく、がん保険もこれまでのまま継続で心配いりません。

早期退職され、時間に余裕ができたら、生命保険だけではなく、持ち家もありますので、なみつきさんに万一のことがあったときのことは、ご兄弟とよく相談しておかれることをおすすめします。

簡単なエンディングノートでもいいと思いますし、なみつきさんがどうしたいのか、ご家族にわかるようにされておくといいでしょう。こうしたことをまとめていくと、老後は、どのように暮らしたいのかが見えてくると思います。

計算上は、65歳からは貯蓄が積み上がっていきますから、使い切れない資産が残ります。ご親戚に残すでもいいのですが、これまで頑張ってこられたご自身のために、有意義にお金を使っていただきたいと思います。

相談者「なみつき」さんから寄せられた感想

詳細なアドバイスありがとうございます。一番不安だったのが厚生年金から国民年金になることで、どのくらい受け取り金額が減るのかということでした。余り変わらないと知り安心しました。希望する生活を送るために必要な金額もわかったことで、これからの生活のイメージがつきました。

具体的な計算の仕方を説明していただいたので、今後何かしら必要な出費が増えた場合にも応用できそうです。今はまず体調を一番に考えてのんびりしたいと思います。コロナ禍の現状ではすぐに母と旅行には行けませんが、お金の不安がなくなったので色々プランを母と共に考える楽しみができました。ありがとうございました。

教えてくれたのは……深野 康彦さん
 
マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:伊藤加奈子
(文:あるじゃん 編集部)

ジャンルで探す