確定拠出年金は何歳から何歳までもらえますか?

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。今回は、確定拠出年金の受給年齢について、専門家が回答します。

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、確定拠出年金の受給年齢についてです。

Q:確定拠出年金は何歳から何歳までもらえますか?

「私は会社で確定拠出年金をやっています。この年金は何歳から何歳までもらえますか?」(20代・会社員)

A:原則、60歳から70歳に到達するまでの間に受給を開始します

確定拠出年金には、企業型確定拠出年金(企業型DC)と個人型確定拠出年金(iDeCo)と2つあります。企業型確定拠出年金とは、企業が掛金を積み立て(拠出)て、従業員(加入者)が運用を行う制度です。

企業型確定拠出年金にはマッチング拠出の制度があり、企業の掛金に従業員が掛金を上乗せすることもできます(マッチング拠出を採用していない企業もあります)。個人型確定拠出年金(iDeCo)は、自分で申し込みをして掛金を拠出し、自分で運用します。

企業型・個人型のいずれも、原則60歳から70歳の間で受給開始時期を選択できます。令和4年(2022年)4月以降は、受給開始時期の上限年齢が75歳に引き上げられます。60歳から年金を受け取るためには、通算の加入者等期間が10年以上必要です。通算加入者等期間が10年に満たない場合は、受給開始年齢が繰り下げられます。

確定拠出年金を受け取る方法は、【1】一時金として受け取る【2】年金として受け取る【3】一時金と年金を組み合わせて受け取るという3つの方法から選択することができます。

【1】一時金として受け取る場合は、原則60歳に到達してから70歳に到達するまでに受け取れます。

【2】年金として受け取る場合には、5年以上20年以下の有期年金として60歳から70歳に到達するまでの間に 運営管理機関が定める方法で受け取ることができます。

【3】組み合わせて受け取る場合には、原則60歳に到達した時に一部を一時金として受け取り、残りの資産を年金で受け取ることができます。

よって、何歳から何歳までもらえるかとの質問に対する答えは、相談者が確定拠出型年金の受け取り方をどのようにするのかによりますが、仮に【2】にしたとすると、受給開始から5~20年と考えられます。運営管理機関に確認してみましょう。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
(文:All About 編集部)

ジャンルで探す