きらやか銀監視チームを設置=経営再建へ関与強化―金融庁

金融庁は10日、監督局内に「地域銀行経営モニタリング・アドバイスチーム」を設置したと発表した。経営悪化で6月に国の実質的な管理下に入ったじもとホールディングス傘下のきらやか銀行(山形市)の経営監視に当たる。
同行は国から注入を受けた公的資金200億円について、9月末の期限までの返済が困難となっており、経営再建に向けて関与を強める。
チームのトップは金融庁の銀行第二課長が務める。今後、融資に関する審査体制のアドバイスなどを行う。

ジャンルで探す