バランス取れた検討を=金融所得課税の見直しで―全銀協会長

全国銀行協会の高島誠会長(三井住友銀行頭取)は14日の定例記者会見で、岸田文雄首相が一時意欲を見せていた金融所得課税の見直しについて、「今後議論が行われる際には、バランスの取れた検討が進められることを期待したい」との考えを示した。
高島氏は国民の安定的な資産形成を促進する観点から、「『貯蓄から投資へ』が長年の課題だ」と強調。税制面でも少額投資非課税制度(NISA)などの投資促進のための措置が講じられており、こうした過去の取り組みを踏まえた総合的な検討が重要だと訴えた。

ジャンルで探す