セブン、4年ぶり減益=コロナで全事業マイナス―21年2月期

セブン&アイ・ホールディングスが8日発表した2021年2月期連結決算は、純利益が前期比17.8%減の1792億円で、4年ぶりに減益となった。新型コロナウイルス感染拡大により全事業が減収を余儀なくされ、コロナ関連などの特別損失1090億円も響いた。売上高に当たる営業収益は13.2%減の5兆7667億円。

ジャンルで探す