「大金持ちになる」宣言の英国人 数時間後に宝くじ約147億円当せん

ポジティブ思考で約147億円を引き寄せたイギリスのニール・トロッター氏(Shutterstock/AFLO)

 日本では「年末ジャンボ宝くじ」の発売がまもなく始まるが、日本よりも宝くじが盛んなのがヨーロッパ。そのヨーロッパの2大宝くじが、2004年発売開始の「ユーロミリオンズ」(9か国参加)と、2012年から始まった「ユーロジャックポット」(18か国参加)だ。共に参加国の政府が自国にそれぞれ運営組織を置いている。前者は1口2.5ユーロ、後者は2ユーロ。いずれも数字選択方式で、当せん者が出ない場合の当せん金は繰り越し。だがセールスポイントは差別化されている。

【写真】夫婦同時にそれぞれ約2000万円の当せんを果たしたスレイター夫妻、約200億円当せんしたエイドリアン氏が購入した約23万坪の敷地を擁する歴史的建造物の邸宅

 ユーロジャックポットは1回の最高当せん額が1000万ユーロ(約12億4750万円)で、繰り越し後の最高額は9000万ユーロ(約111億円)に達し、しかも大当たりが出る確率は9534万4200分の1と高い。一方、ユーロミリオンズの大当たりの確率はユーロジャックポットより低いものの、繰り越し後の最高当せん金が1億8500万ユーロ(約226億円)と高額が狙える点が魅力だ。

 2015年、夫婦で別々に購入したユーロミリオンズのくじが2口とも当せんしたのが、イギリスのスレイター夫妻。妻が購入した宝くじで14万9089ユーロ(約2027万円)を当てたことが分かった4日後、愛犬が車から宝くじをくわえてきた。その当せん金は1枚目と同じ額。夫も同日に宝くじを購入しており、それを車内に置き忘れていたのだ。

 また、2014年、「明日こそ、大金持ちになる」と宣言した数時間後、ユーロミリオンズで1億800万ポンド(約147億円)を当てたのが、イギリスのニール・トロッター氏。「いつかは大金持ちになるというポジティブ思考を持ち続けていた」と言うニール氏は、湖と森に囲まれた豪邸のオーナーになった。

 スペインでは、クリスマス時期に発売される「エル・ゴルド」の宝くじを購入するのが国民の恒例行事となっている。この宝くじ、同じ番号が大量に販売されるため、世界で一番当たりやすい宝くじとも言われている。籠を回して出てきた当せん番号と金額を、小学生たちが歌うように読み上げるのが伝統。延々と3時間半続くがテレビで生放送され、ほぼ全国民が見るという。還元率は70%と非常に高く、友人や家族で同じ番号を買えば一緒に当せんできる可能性もある。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

ジャンルで探す