コロナ禍が浸透させたリモートライフ 占いやお見合いシーンにも

ビデオ通話アプリが活用されるシーンはますます増えている(イメージ)

 仕事や授業などを遠隔操作で行うリモートライフがスタートして数か月。アイドルグループ『嵐』の櫻井翔(38才)が、自身の出演するニュース番組で、「新たに挑戦したこと」として、リモート飲み会を挙げるなど、ビデオ通話アプリを活用してデートや飲み会を楽しむ人たちが増えている。

 そもそも、ビデオ通話アプリとはどういうものなのか。これは、ビデオ撮影された相手とスマホやパソコンの画面越しに向き合い、会話ができるアプリのことで、よく使われている無料のビデオ通話アプリは5種。なかでも、「Zoom」が人気だと、ネットコミュニケーションの専門家・東智美さんは言う。

「人気の理由は、操作が簡単なこと。ほかのアプリは事前にアカウント登録が必要なのに対し、スマホとメールアドレスがあれば、すぐに始められます」(東さん・以下同)

 ただし、セキュリティー面では不安も残る。4月16日にはZoomのアカウント50万件以上が売買される不祥事が発生。

「Zoomはセキュリティーを強化しましたが、各企業では会議では使用しないなどの対策をとるように。ただし、便利なのは確かなため、飲み会では使うなど、アプリの特性を理解したうえで使い分けるようになってきました」

◆画面写真の無断掲載はNG

 今回のコロナ禍がなければ、ビデオ通話アプリは日本でここまで浸透しなかったのではないかと東さんは続ける。

「多くのビデオ通話アプリは、欧米で作られました。国土が広く、国境の問題もあるため、ビデオ通話が必要不可欠だったんです。でも国土が狭く、ビジネスも対面で行われるのが慣例化していた日本では、あまり使われていませんでした」

 自宅にいながら多くの人とつながれるビデオ通話アプリはいま、会議や授業、飲み会以外でも活用されている。例えば、外国語や筋トレのレッスン、占い鑑定、お見合い、カウンセリングなどだ。同時に、マナーも整い始めているという。

「“お子さんがいるの? 見せてよ”などと、家族や室内、ペットなどの個人情報の公開を相手に強要したり、画面の写真をSNSに無断で掲載するなどの行為は禁止です」

 飲み会では、主催者がMCのように全体を進行するという暗黙のルールもできている。マナーを守って楽しいリモートライフを送ってほしい。

※女性セブン2020年6月4日号

ジャンルで探す