オフ系カスタムのトレンドは未開の荒野を駆け抜ける「オーバーランダー」【最新ヒット商品&流行モノ頂上決戦】

【最新ヒット商品&流行モノ頂上決戦】

オーバランダー。本来はオーストラリアや北米の荒野をクルマで旅し、肉食獣の襲撃を避けるためにルーフトップテントで野宿するスタイル。しかし最近では、走破性の高いクルマに荷物を詰め込んでアウトドアで過ごすことの総称になっている。そんなスタイルのカスタムの楽しみ方をビルダーのデモカーから探ろう。

*  *  *

昨年11月にトヨタのランドクルーザー・ナナマル発売、そして三菱トライトンの国内販売開始…。このところ一時期なりを潜めていた本格的なアウトドア系四駆車が、話題に上がるようになっている。

「SUVブームの流れだと思います」と高橋さん。

確かにキャンプ場やグランピング施設なども増え、趣味としてアウトドアを楽しむ人も多くなった。そんな場所に出かけるには、やはりスタイルも性能も四駆車が合っている。

「そういった車種をさらにカスタムし、“オーバーランダー”スタイルにするのも流行りはじめています。東京オートサロン2024でも、そんなカスタムを施したクルマが多数、出展されていました」

オーバーランダーとは、未開の荒野、アウトバックを駆け抜けて、そのまま車中泊ができるように改造したクルマのこと。武骨で厳つく、どこか男心をくすぐるスタイルだ。

トヨタのハイラックスや三菱トライトンなど、やはり一時期国内では息を潜めていたピックアップトラックをカスタムして、オーバーランダー仕様にしたいという人も多くなってきている。どうカスタムをすればカッコ良く仕上がるのか。ビルダーのデモカーを参考に見ていこう。

フリーライター/高橋 満さん
求人誌や中古車雑誌の編集部を経て、1999年からフリーの編集者/ライターとして活動。自動車、音楽、アウトドアなどジャンルを問わず執筆。本誌兄弟Web「&GP」にも寄稿。コンテンツ制作会社「ブリッジマン」の代表として、様々な企業のPRも担当

 

<NEXT HIT>&<BEST BUY>

■スマートさと無骨さ を併せ持ったデザインが魅力<ハイラックスベース>

アクセルオート
「GUN125 ハイラックスカスタム BRODY」

一見するとオーバーランダーっぽくないですが、これにルーフトップテントを付けると結構カッコよく仕上がると思います(高橋さん)

▲「AXELL AX66ホイール」(4本セット:24万2000円)

▲「角目4灯フェイスチェンジキット」(165万円~)※パーツ代、塗装代、工賃込

▲「キャノピー」(38万7200円)

▲「パラレルモーションステップ」(20万5700円)

現行のハイラックスをレトロアメリカン風にカスタム。フロントライトを角目4灯にしているのが特徴的だ。また、一見、ノーマルのままに見えるフェンダーやボンネットなどもFRP成形されたパーツに変更して構成。微妙なライン作りで雰囲気を出している。車高も上げて、いかにもアメリカ大陸の砂漠地帯を一気に走り抜けられるようなスタイルだ。車体色もやはりアメリカ的だが、実はトヨタのシエンタと同じ、グレイッシュブルー。車種が変わるだけでこれだけ印象が違ってくる。

 

<BEST BUY>

■鋭い力強さを感じるカスタムで街中でも映える<ハイラックスベース>

EXZZE-LINE
「エクシズルライン トヨタ ハイラックス」「ランバーハード シェルテント」(74万3600円)
「サイドステッパー 2P」(8万2500円)
「DENALIホイール」(24万2000円)
「フロントフェイスキット」(20万3500円)
「ラギットケース」(6万7100円)

旧車っぽくオーバーランドにするノスタルジー感ではなく、今っぽさがあって自然の中だけでなく都市部にも似合うと思います(高橋さん)

2023年に制作されたモデル。フロントフェイスをカスタムし、ルーフトップテントにオーニング、無骨なラギットケースにライト類、車高アップなど“これぞオーバーランダー”という風に仕上げられている。エクステリアの装備だけで、これだけカッコ良くなってくる。本格的にカスタムするなら、このデモカーのようにサスペンションも変えて、足回りまでしっかり組み上げよう。

 

<NEXT HIT>

■オーナーの希望を叶えるカスタムをしてくれる<ハイエースベース>

セドナ
「Type III」(既製完成車価格:オープン/実勢価格:539万円~)

RHINO-RACK
「アルミラダー」

ARB
「シンプソンⅢ ルーフトップ テント」
「オーニング アルミケース」

スタイルにこだわった車中泊仕様。オーバーランド感を出しているのはもちろん、見せるインテリアがかなりカッコいいです(高橋さん)

ハイエースにルーフトップテントを取り付けて、オーバーランダーを演出。後部の広さも活かせるので、大人数で車中泊が可能になる。完成車を購入することもできるが、要望に応じて、新車から内装をカスタムしていくことも可能。ただし、部分的な持ち込み架装は行っていない。

▲天然木の無垢材と鉄を使った内装で、木の温もりや香り、経年劣化を楽しめる

 

<NEXT HIT>

■デリカD:5が持つ個性を活かしたスタイルを発揮<デリカD:5ベース>

ロードハウス
「KADDIS XTREME DELICA D:5」(コンプリート実勢価格:850~900万円〜/カスタムのみ実勢価格:80~400万円前後)

KADDIS
「エアロ ボンネット」(8万5800円)
「ルーフキャリア」(2万4200円)
「フロントライトバー」※開発中

ARB
「オーニング アルミケース」(10万2300円)

IPF
「900XLS」(6万9080円)

元々オフロード走行を前提としたDELICA D:5をさらにカスタム。ベース車のどちらかというと、厳つさが際立つフェイス周りにシャープな印象を加えてドレスアップ。オーニングやルーフラックなどを装備させているが、普段使いの街乗りから、そのまま自然の中へと走り出していけそうだ。

■軽自動車だってオーバーランダーになれる!

排気量660cc以下、全長3・4m・全幅1・48m・全高2m。大排気量で大型のクルマよりはパワーに劣る。しかし、狭い道が多い日本の山道を行くのなら、小回りが効き、細い道に入れる車格の軽だって、立派なオーバランダーにカスタムできる。

*  *  *

広大な土地が広がる欧米のオーバーランダーは、厳しい未舗装の道や原野を走り抜けるためにマッチョなモデルをベースにカスタムしていく。

そんなスタイルもカッコいが、整備されたオートキャンプ場や、未舗装路といっても幅の狭い山道が多い日本なら、軽自動車だって十分にオーバーランダースタイルにカスタムして、ワイルドに車中泊仕様にすることが可能だ。

現実問題として、その方が経済的に助かるし、自分の手でカスタムできる要素も増えて、楽しさが増してくる。どんなスタイルにするか、参考にしてほしい。

 

<NEXT HIT>

■ジムニーカスタムの老舗が送り出したデモカー<ジムニーベース>

ジムニーカスタムの老舗が本気で組んだデモカーです。オリジナルパーツで走破性と耐久性をさらに高めて、スタイリッシュに!(高橋さん)

ショウワガレージ
「JB74アウトドアスタイル」
「フロントバンパースポイラー シボブラック」(6万9300円)
「SHOWAGARAGE ORIGINAL WHEEL ”R8” 15×6.0J ±0 マットブラック」

▲「ジムニー専用設計A-xルーフラック Lワイド フット付」(7万9200円)

▲「A-xオーニング」(3万6300円)

▲「LEDハイマウントストップランプ タイプ 2」(4950円)

▲「リアラダー 30㎜バック」(スチール:5万2800円/アルミ:3万9600円/ステンレス:3万9600円)

1970年に発売されて以来、伝統的な四駆車の構成を守り続ける日本を代表する軽四駆、ジムニー。そのカスタムを長年手がける老舗がショウワガレージだ。東京オートサンロン2024に出展したデモカーは、JB23の時に人気だったクールカーキメタリック塗装にルーフラックやラダーを装着したJB74アウトドアスタイル。元々オフローダースタイルのジムニーに装着するパーツや装備を同じブランドで揃えたりする。

 

<BEST BUY>

■70〜80年代の南カリフォルニアの雰囲気に<ジムニーベース>

ここもジムニーをはじめとした、軽自動車を知り尽くしたショップ。ホイールとサイドのデカールがクラシカルでいい雰囲気です(高橋さん)

アウトクラスカーズ
「ジムニー JB64」
「サイドステップ」(6万5890円)
「牽引フック付き スキッドプレート」(7万4800円)
「リアゲートカバー」(4万1800円)
「FRP製オーバーフェンダー」(10万8900円)

ジムニーJB64にヴィンテージ風グリルを取り付けたり、オフロード感の強いタイヤを装着したりで、レトロ感満載にカスタムアップ。しかし、牽引フック付きスキッドプレートやFRP製のオーバーフェンダー、大きく頑丈なルーフラックなどは、本気のオーバーランダーを感じさせてくれる。草原を駆け抜けるのが似合いそうなスタイルになっている。

 

<NEXT HIT>

■見た目は小さいけれど室内は広々ゆったり寝られる<エブリィベース>

スマイルファクトリー
「クロスカントリーパッケージ」

車中泊とオフロード走行を前提としたエブリィのオリジナルキャンピングカーを制作して販売している。ポップアップルーフは、そのままルーフトップテントに。

▲ルーフをポップアップすることで空間が広がるので、2段に仕切ったベッドを設置して、4人がラクに寝られる仕様

 

<BEST BUY>

■エブリィの車体にジムニーのフェイスを移植<エブリィベース>

アゲてごっついタイヤを履かせるのが定番なので、商用車がオーバーランダーっぽく見える雰囲気になって楽しいです(高橋さん)

S2-Racing
「ジムリィ」

▲「フェイスフルキット DA64 5点キット」(27万2800円)

▲「シンプルキャンピングキット DA64」(27万2800円)

エブリィの車体にジムニーのフェイスを合体させるだけでなく、車高も上げてキャンプ仕様に。もともと広い荷室を有効活用するキットも販売・取り付けを行っている。

 

<NEXT HIT>

■アメリカンピックアップ並みの軽トラに<ハイゼットベース>

リフトアップとホワイトレターのタイヤがいい感じです。このハイゼットジャンボの嵐ってやつが特におすすめです(高橋さん)

サムライピック
「ハイゼット ジャンボ 嵐」(MT:159万8000円/AT:169万8000円)

色が選べる新車のハイゼットをベースに、ショップオリジナルのカスタムを制作・販売している。個々のパーツも販売しているので、仕事はもちろん、遊びで使うにもいい。

▲「スライドクリアガラス」(5万5000円)

▲「オリジナル 4WD マッドガード」(7480円)

▲「ダブルチューブ ロールバー」(スチール:10万2300円/ステンレス:12万1000円)

※2024年3月6日発売「GoodsPress」4月号54-56ページの記事をもとに構成しています

>> 特集【最新ヒット商品&流行モノ頂上決戦】

<取材・文/松尾直俊>

 

【関連記事】

◆キャンパーにも人気のジムニー。だったら内装もアウトドア仕様にお手軽カスタム!
◆実車と見紛う完成度と走破性!ジムニー“JA11”のラジコンを外遊びの相棒にいかが?
◆シエラにも対応。荷物掛けにもなる「リアウインドウガード」でジムニーをもっと武骨に便利に!

ジャンルで探す