ドリッパーめがけて直接コーヒー粉を挽けるコードレス電動ミルって面白い!

挽き立てのコーヒーの味はやっぱり格別。こだわりのコーヒー豆だからこそ、毎朝、挽き立てで楽しみたいものです。コーヒーミルにも種類がいろいろありますが、コードレス電動ミルならどこでも使えて便利。

小泉成器の新製品「ポータブルコーヒーグラインダー(KKM-0110/K)」(5478円)は、充電式コードレスなので、電源がないところでも使える電動ミル。オフィスでもアウトドアでも、好きなところでいつでもお気に入りのコーヒーを挽き立てで飲めますよ!

充電時間は、付属のUSBケーブルでつないで約90分。一度フル充電すれば、約8回使えます。1泊2日のキャンプ程度なら、十分な電池容量です。

重さは約340gと軽く、サイズは73×66×176mmとコンパクト。片手でも持てる大きさで、手の小さい女性でも扱いやすいのはうれしいですね。バッグに入れて持ち歩く時も、かさばらないサイズ感です。

コーヒー豆を挽いたら、付属のドリッパーアタッチメントを使い、コーヒー粉を直接ドリッパーケースに落とすことができるのも、面白い特徴のひとつです。このドリッパーアタッチメントは特許を取得。その新しさも興味をそそります。

何より、直接落とせるなら、ドリッパーに移し替える手間も省け、洗い物も少なくて済みますね! ミルを使うときに「ちょっと面倒だな」と感じるのは、使った後のお手入れ。使う器具が多いと手間も増えてしまいますが、そんな気持ちのハードルを下げてくれるのも魅力です。

コーヒー豆の挽き方が、好みに合わせられるのもポイント。本体をひっくり返せばダイヤルが付いていて、簡単に粒の粗さの調節ができます。ダイヤルを締めると細挽き、緩めると粗挽きに。コーヒー豆の特徴やご自分の好みに合わせて調整し、挽き立てのおいしいコーヒーをよりおいしく楽しみましょう!

>> 小泉成器

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆シロカの全自動コーヒーメーカー「カフェばこ」が“蒸らし時間”を選べるようになった!
◆LOGOSのホーロー製コーヒードリッパーは窓付き!入れすぎてコップからこぼれる心配なし!
◆80段階の挽き目調整可能。本格コーヒーをいつでも楽しめるポータブル電動グラインダー

ジャンルで探す