くみおき水から飲用水作成も可能! 非常時に備えられる2WAY浄水器が頼もしい

日頃から準備しておきたい災害への備え。完璧な対策は難しくとも、せめてライフラインの寸断に備えて飲料水くらいは確保しておきたいところです。

ただ「日常生活の中で、備蓄しながら管理する」って思いのほか難しい。備蓄として必要な飲料水は1日3リットル×3日分が目安といわれるけれど、住宅事情によっては家族分の水を保管するスペースの確保ですら容易ではありません。

そこで提案したいのが、災害時にも活用できる強力な浄水器を普段使いするという方法。たとえばサイテックスの新型浄水器「SESERA SYKM6S」(8万7780円)なら、身近な水道水がミネラルウォーターレベルのおいしさに。しかも災害時には、雨水や風呂水を使って飲用水が作れます!

この「SESERA SYKM6S」を手がけているのは、約20年にわたり浄水器開発に取り組んできたというサイテックス。10月1日より発売の新製品「SESERA SYKM6S」は、キッチンシンクなどの水道に取り付けておくことで、毎日口にする水をよりおいしくできる高性能浄水器です。

電気工事なしに導入できる手軽さながら、その浄化能力は1万2000Lとかなりパワフル。従来比1.5倍に相当する強力な浄水能力のカギを握っているのは「天然の地層の再現を目指した」という高耐久カートリッジです。

塩素やトリハロメタンを吸着する“活性炭”、ウイルスや雑菌を除去して水を滑らかにする多孔性の“麦飯石”や“サンゴ石”、マイナスイオンを発生させる“貴陽石”、残存細菌や原虫を除去する“中空糸膜”など複数の濾過装置の組み合わせにより、強力な浄化力を発揮。1日15Lの使用でもたっぷり2年間利用できるから、料理や炊飯に使ったり、お茶やコーヒーを淹れたり、さらには野菜を洗ったりパスタを茹でたりと、さまざまな用途に使用できます。

さらにこの「SESERA SYKM6S」は万が一の災害時にも活躍。付属の足踏みポンプを本体取水口につなぎ、さらにポンプの取水ホースを雨水などの入った容器に入れたら準備完了です。

あとはポンプを足で踏んで浄水器本体に送れば、雨水や河川水、風呂などに汲みおいた水が飲用可能に!

なお、本体サイズは径145mm×高さ355mmで、いざとなったら持ち運べるサイズなのもうれしいところ。日々の暮らしを上質にするだけでなく、防災への備えにもなる、実に頼もしい浄水器です。

>> サイテックス「SESERA SYKM6S」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆浄水もできるステンレス製の保冷保温ボトルでいつでも安心して水分補給!
◆浄水機能付きウォーターサーバーとコーヒーメーカーが合体!って見たことないかも!
◆浄水フィルター付きの保温保冷ボトルなら防災用品としても使えます

ジャンルで探す