ユニクロ秋の新作で見つけた「万能トレンド」アイテム5選【最優秀ベストバリューモノ大捜査】

【最優秀ベストバリューモノ大捜査】

いまやコストパフォーマンスの高さだけでなく、デザイン・機能ともに洗練されているユニクロ。その今季新作の中から、ファッションのプロであるスタイリストが「絶対に買うべきマストアイテム」を紹介。この5点を押さえておけば秋冬コーデに困らない!

*  *  *

スタイリスト 宇田川雄一さん
本誌を始め、数多くのファッション&モノ情報誌で活躍するスタイリスト。ビジネスからアウトドア、インテリア雑貨まで守備範囲が広く、ユニクロの最新作も網羅している

 

 

1. 今シーズン最注目のコラボ作! リラックスシルエットが魅力

UNIQLO and White Mountaineering
「フリースオーバーサイズプルオーバー」(2990円)

ホワイトマウンテニアリングとのコラボアイテムの中でも、特におすすめなのがプルオーバーのフリースです。ボリューム感のあるシルエットが特徴で、アウター感覚で着用できます。トップスにボリュームを出すのがトレンドなので、細身のパンツと合わせれば、トップスはこれ1枚でOK。コーデに悩むことなく今っぽい着こなしを実現できます。毛足が短めでレトロアウトドアな雰囲気も◎。こんな万能ウェアがユニクロ価格で手に入るのは魅力的!(宇田川さん)

 

発売するたびに話題となるユニクロのコラボアイテム。 今季はパリコレなどにも出展する日本の人気ブランド「ホワイトマウンテニアリング」と共作。リラックス感のあるボリューミーなプルオーバーフリースは、旬のアウトドアスタイルを実現する。 袖からの風の侵入を防ぎ、保温性も抜群!

 

2. 本格デザインと快適な着心地が融合!

UNIQLO
「ユーティリティジャケット」(4990円)

今、ファッションシーンはレトロデザインがブーム。そんな今の気分にぴったりなアウターです。ストレッチ生地&ラグランスリーブで動きやすく、柔らかいので冬はこの上からコートを羽織るのもアリだと思います。また、襟と同じコーデュロイを袖裏にも採用していて、オシャレに袖まくりできるところも個人的にお気に入り!(宇田川さん)

伝統的なハンティングジャケットのディテールを採用した、本格仕様のワークジャケット。デザインはクラシカルだが、ストレッチ性があるため着心地抜群。5つのポケットを備える。

▲ポケットが多彩で収納力が高い!

3. これをプラスするだけでレトロな今旬コーデに!

UNIQLO
「ソフトボアフリーススタンドベスト」(1990円)

フリースベストは、今人気のレトロアウトドアを象徴するアイテム。スタンドカラーなのでクルーネックにもパーカにも合わせやすく、気軽にレイヤードスタイルを楽しめます。ボアフリースなので保温性も十分。もっと寒くなってきたら、薄手のナイロンアウターの上から羽織るのもおすすめ。アクセントとして効果的です。(宇田川さん)


ボアフリースを使ったベストがユニクロから新登場。表裏ともにフリース素材のダブルフェイス仕様で、肌触りがよく温かい。非常に軽く、インナーにもアウターにも使える汎用性の高さも魅力。

▲毛足が短めでレトロな雰囲気!

4. 洗練された都会的な着こなしを実現!

UNIQLO
「ウルトラストレッチ ドライスウェットプルパーカ」(2990円)

ドライスウェットは表面が滑らかでハリがあり、定番のスウェットと比べてスポーティで上品。フードの立ちもよく、顔周りにボリュームが生まれるためバランスのいい着こなしが可能です。ユニクロはこういったモダンなアイテムと、旬のレトロデザインまで押さえた幅広いラインナップが魅力。さまざまなスタイリングを楽しめます。(宇田川さん)

スポーツシーンから日常まで幅広く着られる注目パーカ。ドライ機能を備えたストレッチ素材を使用し、スウェットながら洗練された印象に。トレンドのリラックスシルエットも見逃せない。

▲上品な印象のドライスウェット!

5. シャツ感覚で羽織れる万能ライトアウタ ー

UNIQLO
「オーバーシャツジャケット」(4990円)

メルトンのような触り心地の厚手のシャツで、アウターとしても使える注目アイテム。裏地付きで、軽い着心地&着太りすることなく防寒できます。ドロップショルダーで袖幅も広く、トレンド感のあるゆったりシルエットも魅力的。オーバーサイズなので、ユニクロで買う“いつものサ イズ”を選ぶだけで、今っぽい着こなしが可能です。(宇田川さん)

軽量で柔らかいウールのような素材を使用。ネルシャツのように手軽に羽織ることができ、裏地が付いているためライトアウターとして大活躍。ボックスシルエットなので1枚でもサマになる!

▲裏地付きで 快適な着心地!

 

>> 【特集】最優秀ベストバリューモノ大捜査

※2021年10月6日発売「GoodsPress」11月号44-45ページの記事をもとに構成しています

<取材・文/津田昌宏 スタイリング/宇田川雄一>

 

【関連記事】

◆ユニクロ「ショートパンツ」×ケルティ「ボディバッグ」の色を合わせて大人スタイルに
◆ユニクロやGUと好相性!アークテリクスのバックパックで大人のアーバンアウトドア
◆1万円台のユニクロ「シームレスダウンパーカ」がサブどころかメインで使えます!

ジャンルで探す