新型コロナ 最新の感染状況や対応は

ジャージのような履き心地のデニムで仕事もキャンプも快適に!

家で作業するテレワーク時には、リラックスした着心地のいいパンツを履いている人も多いでしょう。そんな仕事時だけでなく、街歩きやアウトドアまで履きまわせる一本があったら最高だと思いませんか? それを実現するのが、アウトドアウェアブランド・コロンビアからリリースされる「ロマビスタデニムパンツ」(1万7600円~ 7月25日現在)です。

世界的メーカーの生地と、日本のデニム界を牽引するドクターデニムホンザワこと本澤裕治氏の監修によって“ジャージ感覚のデニム”が誕生しました。

デニムのプロフェッショナルである本澤裕治氏とコロンビアとが展開する、新しいデニムの可能性を追求する「COLUMBIA BULE PROJECT」は今年で5年目。今回、本澤氏がセレクトしたのは、世界トップクラスのシェアを誇るトルコ発のグローバルデニム生地ブランド、ISKO社が今回のプロジェクトのために開発したデニム生地です。

綿78%、レーヨン22%で作られたンディゴブルーの生地は、布やぼろきれなどを継ぎ接ぎした日本伝統のBORO(ボロ織物)(にインスピレーションを得ているそうで、粗目のごそごそとした質感まで特殊な織り技術によって再現し、オシャレに昇華しています。

その見た目とは裏腹に、ジャージのような柔らかさと汗をかいてもサラリとしたドライ感を実現しているのが特徴です。

シルエットは、ゆったりと膨らんだバギーフィットで、足首に向けて少し細くなるテーパードを入れてキレイ目要素もプラス。幅広いスタイルに合わせやすいデザインです。バックに赤の糸で刺繍されたコロンビアのロゴもデザインのアクセントとなっています。

パターンやディテールには、アウトドアウエアを作り続けてきたコロンビアの技術を投入しているので動きやすさもバツグン。耐久性を高めるコロンビア伝統のステッチワークを採用し、普段使いにもアウトドアやスポーツ時にも活躍するタフなパンツに仕上がっています。

インディゴで染められたデニム生地のため、履き込んで洗うほどに色が落ちて風合いが増すのも魅力です。

現在、コロンビアの初の試みとして、クラウドファンディング・Makuakeにてプロジェクトを展開中です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ユニクロ「ショートパンツ」×ケルティ「ボディバッグ」の色を合わせて大人スタイルに 
◆藍染めの爽やかなエドウインのジーンズで暑い夏もサラッと過ごせます 
◆XSからXXLまでカバー!? ワンサイズのイージーパンツでゆる~く過ごそう! 

ジャンルで探す