感染再拡大の地域も 新型コロナ最新情報

後方や死角が見えてドラレコにもなるって有能じゃない?

今や搭載するのが常識となってきたドライブレコーダー。また、新型車へのバックカメラ搭載義務化の流れもあり、ドラレコ&バックカメラは、クルマにとっての必須アイテムに。今回は、その両者をまとめて、しかも便利に取り付けできる、ルームミラー型のドライブレコーダーをご紹介。

KENWOODより発売となる、デジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4700」(オープン価格/市場推定価格 6万1000円前後)は、12型の大画面IPS液晶でバックカメラの映像をリアルタイムで映し出せるので、通常のミラーよりもはるかに死角が少なく安全ですよ。

フロント、リアともにカメラには高感度の裏面照射型CMOSセンサー“STARVIS”を搭載。フルハイビジョン録画にも対応し、事故の多くなる夜間などでも鮮明に、ナンバープレートなどの細部を撮影できます。トンネルの出入り口など明暗差の激しいシーンでも映像を補正してくれるワイドダイナミックレンジ機能も搭載。

リアカメラで撮影した映像は、リアルタイムで液晶のデジタルルームミラーに表示が可能。通常のルームミラーではヘッドレストなどが邪魔になって見づらい死角が生じますが、そんな不便もなく、広範囲の後方確認ができ、より安全なドライブにつながることでしょう。

フロントカメラは、ドライバーと同じ視点で録画できる“右側カメラ仕様スライド式フロントカメラ”を採用。スライドさせることもでき、純正の大型ルームミラーに取り付けることも可能です。

運転中の常時録画だけでなく、車体への衝撃を感知するGセンサーと連動したイベント記録にも対応。衝撃などを検知すれば自動で録画を開始し、常時録画とは別のフォルダに記録してくれます。ディスプレイはタッチパネル式。直感的なタッチ操作で表示切り替えや明るさ調整が可能。

また、音声コマンドにも対応しており、録画開始、写真撮影、表示切替えの操作を、ハンドルを握ったままで安全に行えます。

別売りの車載電源ケーブル「CA-DR550」を使用すれば、 最長24時間、車体に衝撃を受けた際に録画を開始する駐車監視録画にも対応。

もちろんリアカメラの映像が不要な際には電源オフにすれば、通常のミラーとしても使用可能。ネクタイを直したりにもちゃんと使えますよ。

>> KENWOOD「DRV-EM4700」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆高画質・高感度・大画面、欲しい機能が全部揃った2カメドラレコ
◆あおり運転検知で自動記録&警告!ユピテル「Y-400di」【2カメラドラレコ集中テスト】
◆カーナビ連携で高精細なHD画質表示!パナソニック「CA-DR03HTD」【2カメラドラレコ集中テスト】

ジャンルで探す