4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

高さもあって快適に過ごせる大型スクリーンタープがたったの5分で設営可能!

本格的なアウトドアシーズンとなるこれからの季節。日帰りキャンプやBBQの際に日差しを遮るテントやタープは必須のアイテム。風通しの良い日陰を作ることで、食材やドリンク、荷物そのもの、もちろん食事や休憩時の人に対しても、強い日差しと熱をガードしてくれるので非常に重宝します。

LOGOSより発売中の「Tradcanvas ソーラースペースベース・デカゴン500-BA」(21万8900円)は、デカゴンの名前から受けるイメージそのままの大型スクリーンタープ。9人用のテーブルとチェアを置けるほどのワイドな日陰空間を作れます。

LOGOS独自の“QUICK SYSTEM”により、5×4.75×高さ2.7mの大型ドームを約5分で組み立てることが可能。一般的なテントやタープと異なり、シートとフレームが一体化しているため、パーツを組む手間やパーツの紛失を憂う必要はナシ。折り畳まれたフレームを伸ばしてロックし、付随するロープをペグで地面に固定すれば設置が完了します。組立はもちろん、撤収作業も簡単かつスピーディーに行えます。

シート素材は難燃性バルキーポリタフタを採用し、耐水圧は1500mmと強い雨が降っても安心。さらにUVカット率99.9%以上、遮光率100%を誇る “トラッドソーラーコーティング” が、フライシート(屋根部)に施されており、日向との温度差が最大で-15℃と涼しくて快適な空間を実現します。ポールは筋交い湾曲構造を採用しており、シートをフルにクローズした際の強度も大幅に向上しています。

▲フルクローズした状態

付属のキャノピーポールを用いることで自立タープを設置でき、車体連結用ジョイント(別売り)で車とのリンクも簡単。さらにリンクタープ(付属)で「デカゴン」同士を連結させて、幅5×長さ約10mの巨大ドーム空間を形成できます。

タープ内部はロープでランタンを吊り下げられ、壁面部は壁面シート5面と、ファスナーで開閉できる通常+メッシュシート5面を交互に配置。


なお、本製品はタープのみですが、同ブランドのインナーテントやグランドシートを取り付けることができます。

▲別売りの「デカゴン500 インナー&グランドシートセット 」(7万5900円)を装着した状態

▲「デカゴン500 ハーフ用インナー&グランドシートセット」 装着時

収納時は124×36cm径に折り畳め、フレームとともに付属のバッグでコンパクトに収納。総重量は約27kgで、車載で運搬→キャンプ等の現場まで持ち運ぶ…といったスタイルとなります。

初夏〜秋口のレジャーやアウトドアシーンで大いに活躍してくれそうな「デカゴン」。一家にワンセット、また職場やグループの共用アイテムとして、備えてみてはいかがでしょうか。

>> LOGOS

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆バイクパッキングに適したテントならミニマムに荷物をまとめられそう 
◆雨にも虫にも強いクルマ連結テントは独立型でも使えます 
◆軽い・簡単・コンパクト!初めてのマイテントに選んだのは三拍子揃ったバンドックの「ソロドーム」 

ジャンルで探す