4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

キャンプでの小物や貴重品入れに便利なミニショルダーバッグ6選

キャンプの時スマホや財布はどこにしまっていますか?

テントの設営や食事、焚き火でチェアに座る時など屈伸運動が多いキャンプでは、貴重品をパンツのポケットにしまっていると動きづらかったり落としてしまったりと、ストレスに感じることが多くあります。

そんな時にあると便利なのがミニショルダーバッグ。

貴重品だけでなく、サングラスや日焼け止め、ウエットティッシュなどちょっとした小物をポケット代わりに肌身離さず持ち歩けます。

また夏になると、Tシャツや短パンなどシンプルなコーディネートが増えてくるので、アクセサリー感覚で身に着けてファッションのアクセントになるというメリットも。

キャンプだけでなく街着にも合わせられるユーティリティ性や、ベストやアウターに比べてリーズナブルに収納力を増やせるのもミニショルダーならではの魅力です。

最近は夏の定番アイテムになっている人気のミニショルダー、今年もやはり注目のアイテムです。

 

1. 小さくなった名作バッグ

ケルティ
「ミニミニ・ファニー」(4400円)
サイズ:W20×H10×D9cm

最近はセレクトショップとコラボするなど、ファッションアイテムとしても注目の高いKELTY(ケルティ)からは、人気のボディバッグ「MINI FANNY」が、貴重品だけを持ち歩きたいという要望に応える形でさらに小さくなって登場。

生地には引き裂き強度、耐摩耗性に優れたインビスタ社製の“500デニールコーデュラナイロン”を使用。裏地にはポリウレタンコーティングした“210デニール ポリエステル”が採用されているため、完全防水とはいかないまでもちょっとした雨なら安心の設計です。また、本体のすぐ横にバックルを付けることで、片手での容易な着脱を実現。ユーザーファーストな使い勝手の良さはアウトドアバッグブランドならではの機能性です。

体側には、「ミニ・ファニー」にはなかった小さなポケットを備え、使用頻度の高いスマホがメインスペースを開けずに取り出し可能に。探す手間を軽減してくれます。12色という豊富なカラバリもケルティならでは。

>> ケルティ

 

2. キャンプ映えするグラフィック

グラナイトギア
「ハイカーサチェル」(4400円)
サイズ:W20×H17.5×D4cm 重量:65g

貴重品やキャンプギアを入れておくのにも便利な耐久性、耐水性に優れたGRANITE GEAR(グラナイトギア)のミニショルダー 。メインのファスナーポケットはカメラやスマホなどを入れておくスペースとしてもぴったり。内部にはキーチェーンも付いています。横型で底が深すぎないため中のモノを取り出しやすいのも特徴です。

水に強いため、ショルダーストラップを外してアメニティなどを入れるポーチとしても◎。グラナイトギアの拠点であるミネソタ州のイラストレーターによるグラフィックは、ルーツであるカヌートリップをモチーフにしたもの。シンプルな白T、短パンスタイルでも映えるデザインで、キャンプ気分を高めてくれるオシャレさが魅力です。

外側の地図など薄いものを入れるポケットには中身の飛び出しを防いでくれる小さな面ファスナーを配置。軽くて水に強く引き裂き強度も高めた"70デニール ポリエステルリップストップ"を採用しており、収納力がありながら超軽量。まさにキャンプにぴったりのミニショルダーです。

>> グラナイトギア

 

3. 縦でも横でも使える2WAY仕様

ミレー
「EXP ショルダー」(4950円)
サイズ:W12×H18×D6cm 重量:160g

登山や旅行だけでなく、普段着にも合わせやすいシンプルなMILLET(ミレー)のポーチは、縦でも横でも使える2WAYタイプ。ハリのある高耐久な“コーデュラナイロン”を使用。マチ幅があるため財布やスマホなどを入れやすくなっています。

体側はメッシュ付きのメインファスナーポケット、外側はインナーポケット付きのファスナーポケットという2室構造で、ガバッと開くため中のモノが出し入れしやすいストレスフリー仕様。細かいモノを効率良く収納できるので小物が多いキャンプでも助かります。

内装は薄暗くなったキャンプ場でもありがたい、視認性の高いライトブルーに。さらにメッシュポケットやペンを入れられるゴム製のホルダーなど、キャンプから日常、そして旅まで、さまざまなシーンで役立ってくれそうです。

>> ミレー

 

4. オシャレで高機能なサコッシュ

ワイルドシングス
「X-PAC NYLON サコッシュ」(4950円)
サイズ:W26×H21cm

アウトドア向きの強度と映えるデザイン性を兼ね備えた高機能なサコッシュ。テントやヨットの帆などに使われる軽量、耐久、耐水性に優れた生地“X-PAC”を使用し、キャンプや水辺のアクティビティなど幅広いシーンで使える汎用性が魅力です。

フロントは面ファスナー開閉によるメッシュポケットがふたつ。メッシュの透け感がベース生地のオレンジのトーンを変えてくるれため、コンビカラーのような印象に。また、視認性が高く探し物も見つけやすい。アウトドア感の高い素材とデザイン性の高さで、アーバンアウトドアスタイルに合わせるのもオススメです。

体側にもポケットを配置。ちょっとした小物や一時的なスマホ入れとしても使えます。ベーシックな色からビビッドカラーまで幅広い9色展開。自分好みのカラーリングを見つけやすく、複数持ちしてスタイリングに合わせた使い分けもアリですね。

>> ワイルドシングス

 

5. ミニマルで都会的なデザイン

ヌンク
「3 Layered Nylon Pouch」(4950円)
サイズ:W14×H19×D5cm 重量:70g(キーリング含む)

日本のバッグブランド、nunc(ヌンク)の都会的な印象のミニショルダー。本体生地には撥水防水性に優れたハリのある“3レイヤーナイロン”を使用。できるだけシンプルなつくりにすることで、自由度と軽さを追求。

スナップボタンで開くメインのオープンポケットだけでなく、体側にも出し入れしやすいクイックポケットが付いている2室タイプで、シンプルながらも小分けにできる利便性が◎。アウトドアから街まで幅広い服装に合わせやすいミニマルなデザインは、アウターやシャツの下にして、ちらりと見せるのがオススメ。アクセサリー感覚で身に着けられるので、Tシャツ1枚のシンプルなスタイリングにもアクセントを加えてくれます。

艶があり上品なフロントのホックは、小物をぶら下げられるだけでなく、大人な雰囲気をプラス。メインのポケット内にもキーホルダーを掛けられるコードループが付属し、ショルダーストラップには高密度のナイロンコードを採用。細部まで上品さにこだわった大人の縦型ポーチです。

>> ヌンク

 

6. 首から下げられるオールインワン財布

アッソブ
「ウォレットショルダー」(6600円)
サイズ:W11.5×H17.5×D3cm

街でもアウトドアでも使えるデザイン性と機能性が人気のバッグブランドのAS2OV(アッソブ)が提案するウォレットショルダー。メイン生地には、“210デニールナイロン”にポリカーボネートをコーティングし防水性を高めた素材を使用しています。

ポーチ上部のフラップを開くと、スマホなど縦長のものを収納可能なフリースペースにアクセス。背面に備えるファスナーポケットは、鍵などの小物入れに最適です。キャンプシーンや水辺のレジャーだけでなく、手ぶらで買い物に出掛けたい日常使いにもちょうどいいサイズ感。ショルダーストラップを外せば、スマホも入れられるオールインワンの財布としてバッグインしてもOKです。

フロント下部のスナップを外せば札入れスペースとカードスペース、そして小銭入れが現れます。内装まで防水素材が使われているため、雨や水辺でも安心して身に付けられますね。スマホとお金を整理してフルで持ち運べる利便性は他にはない使い勝手の良さ。機能性に定評のあるアッソブならではの、ありそうでなったショルダーウォレットです。

>> アッソブ

 

<取材・文/宇田川雄一 写真/田口陽介>

宇田川雄一|スタイリスト。大学卒業後、アシスタントを経て2008年フリーに。モノ誌やWeb媒体を中心に、広告、PVなど幅広く活動。メンズのビジネススタイルを得意とし、雑貨、インテリアなどライフスタイル全般にわたってスタイリングしてきた経験を生かし、執筆も行っている。

 

 

【関連記事】

◆Tシャツに多機能ベストを羽織ってキャンプでも街でも手ぶらスタイル!
◆キャンプでも街でも手ぶらでOK!バッグいらずの多ポケット春アウター5選
◆重いモノもまとめて運べるヘビーデューティなトートバッグがキャンプで大活躍!

ジャンルで探す