新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

食材管理の手間が増えたから冷蔵庫もIoTで管理してみない?

外出自粛の影響もあり、食品の買い出しの頻度を少なくするためにまとめ買いをする機会が増えてきました。しかし、買い溜めした食材を使い切れず、ついダメにしてしまうことも。

そんな悩みを解決してくれるのが、日立から新登場した「スマートストッカー R-KC11R」(市場想定価格:8万円前後)。食品のストック管理や購入をアプリでサポートしてくれるので、もう買いすぎた食材をダメにすることがありません!

「スマートストッカー R-KC11R」では、“日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ”との連携により、食品のストックを管理したり、足りなくなった食品を購入できます。

ストック管理したい食品を登録すると、冷蔵庫内の2段目と5段目に搭載された重量センサーが重さを検知し、ストック状況をスマホに表示。食品が少なくなってきたら、ホーム画面に通知が届くようになっています。

よく使用する購入先を事前に登録すれば、アプリの“購入する”ボタンから登録したECサイトへ移動しスムーズに買い物できるため、スーパーへ買い出しに行く必要もありません。

また、“ぴったりセレクト”機能により、保存したい食品に合わせて庫内の温度を冷凍(約-18℃)、冷蔵(約2℃)、常温(約15℃) に切り替えることも可能。冷蔵モードではドアポケットを除く庫内が温度約2℃、湿度約80%となる“まるごとチルド”を利用すれば、食品の鮮度がグッと長持ちします。一時保存のサラダなら、ラップなしでも乾燥せず、新鮮なまま保存できますよ。

インテリアになじみやすい、シンプルでフラットなデザインも魅力のひとつ。コンパクトなので、キッチン以外のさまざまな場所に置いても、インテリアの景観を乱しません。

「スマートストッカー R-KC11R」は、3月上旬より販売開始予定。アプリで食品のストックを管理すれば、おうち時間の食生活をより充実させられるかもしれません。

>> 日立「スマートストッカー R-KC11R」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆まとめ買いでもダメにしない!AI搭載の冷蔵庫で食材を賢く保存しよう 
◆省エネ、収納力、美味しさ長持ちの最新冷蔵庫3選【コスパ最強モノ】 
◆冷蔵庫にもプラズマクラスター!これで抗菌対策だ 

ジャンルで探す