縦でも横でも!自慢の愛車を見栄え良く保管できますよ

日に日に暖かさが感じられる季節になってきて、自転車に乗ってサイクリングしたくなる気分。心地よい風を感じながら、自慢の愛車でおでかけなんて楽しそう。で、その大事な愛車、どうやって保管していますか? 

屋根付きの駐輪場に無造作に入れるのはちょっともったいないと思うなら、インテリアの一部として玄関先や部屋の中に飾ってみてはいかがですか。新色も加わり、さらに機能が充実した縦・横両用のスポーツバイク用スタンドをご紹介します。

縦でも横でもしっかり固定できる丸八工機のスポーツバイク用ディスプレイスタンド「A01V Special」(1万3500円/税別)が、新色を加えた4色で新登場。バイクに合わせてカラーを選べるので、自慢の愛車の見映えをさらに高めてくれそうです。

カラーバリエーションは、主張しすぎずバイクを引き立たせる「ブラック」、部屋のイメージを崩さない「ホワイト」、見るたびにテンションが上がりそうな「レッド」、そしてバイク好きの心を捉えて離さない“Bianchi”の人気カラーをそのままスタンドに活用した「チェレステ」の4色。どれをセレクトしてもカッコよく収まりそうです。

いずれも調節可能な樹脂パーツの搭載により、バイクを縦にも横にも保管できる優れた設計が施されています。前輪、後輪どちらでも抜群の安定感で、大事な愛車をしっかりホールド。リムストッパーは左右どちらにでも付け替え可能なため、設置場所を選びません。また、利き手にあわせてロックを付け替えできる点もうれしいポイント。左利きの人にも優しい仕様です。

ロードバイクやマウンテンバイクに加え、太いタイヤを付けたセミファットバイクや、スポーツバイクにバッテリーを搭載したE-バイクまで幅広い車種に対応。タイヤが壁にも床にも当たらない構造なので、部屋を汚さず、利便性とともに高い安全性をキープしています。

気になるサイズは、W530xD650xH1460-1825mm/重量7.2kg。バイクを立てた場合、床面からフロントハブまでの長さは165cm、耐荷重は30kgで20〜29インチのまで対応可能です。

“Made in japan”の「A01V Special」。丁寧な仕事から生まれた高級感は、あなたの愛車をただの乗り物から、センスが光る唯一無二のインテリアへと変身させます。

>> 丸八工機

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆後付で簡単取り付け!自転車もサーフボードも楽に積めます 
◆自転車は壁掛けでインテリアに!小型なスタンドで解決 
◆駐輪スペースがなくても部屋に2台置けるって素敵です 

ジャンルで探す