「電車の揺れ」や「添い寝トントン」&足元ぽかぽか…ってそりゃ寝るわ!

「最近、なんだか寝付きが悪いな…」と感じている人いませんか? 朝晩の寒さによる冷え、そして疲れやストレスなど原因はさまざまありますが、寝付きが悪いと睡眠の質の低下や睡眠時間の減少につながります。

でもそんな人でも、電車に乗って心地良い揺れに身を任せているうちについウトウト、なんてことありませんか? 実はあの振動と眠りには関係があるんです。足をポカポカに温めながら、心地良い振動で眠りへと誘う快眠アイテムをご紹介します。

ATEX(アテックス)から、ヒーター機能と振動機能が付いた「足枕 快眠エクスプレス」(1万2000円/税別)が登場しました。心地良い振動とじんわり温かいヒーターで、夢の世界へと誘ってくれますよ。


「電車に乗っているとついウトウト眠ってしまう…」という現象は、微弱な振動によって副交感神経が刺激され、リラックス時に近い状態になっているからなのだとか。“第二の心臓”と言われるふくらはぎに振動を与えることで深いリラックス効果が得られることに着目し、医学博士監修のもと開発が進められた「足枕 快眠エクスプレス」。

振動モードは「電車の揺れ」「人の鼓動」「添い寝でトントンとされているリズム」の3つ。家族やパートナーの鼓動を感じて眠れるという感覚にも納得ですが、「添い寝でトントン」モードは、幼いころを懐かしく思い出してしまいそう…。また振動の強さは5段階で調節できます。

“第二の心臓”と呼ばれ、血液をポンプのように送り出すふくらはぎをじんわり温めるヒーターも内蔵。振動モードをオフにして、ヒーター機能のみで使うことも可能です。

ゆったりと足を投げ出せるワイドサイズ(W800×D300×H80mm/1.5㎏)で、わずかに傾斜(傾斜角度12°)が付いているのが特徴。

操作は、付属のリモコンで寝ながらでもOK。でも、リモコンってなくしそう…と思っちゃいますが、ご安心を。本体に専用の収納スペースが付いています。

>> ATEX「足枕 快眠エクスプレス AX-BDA270」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆自宅で「ながら足湯」を楽しめるってなんだか贅沢だな〜
◆アプリ連携で便利さアップ!専属マッサージ師が自宅にいる感覚かも
◆PC作業で首が…。そのコリ、磁力でほぐしてみない?

ジャンルで探す