寒い冬に足元を温めてくれる中わた系シューズ5選

例年に比べて寒くなるとの長期予報が出ている今年の冬。寒さ対策は万全ですか? 足元からの冷気を防ぐために、温かい靴下だけじゃ物足りないから使い捨てカイロを足に貼っている、なんて人もいますよね。

冷えやすい末端だからこそなんとかしたいところですが、カイロを貼ったり分厚い靴下を履いたりも、もちろんいいのですが、だったらいっそ温かい靴を履いてみるというのもひとつの手です。

以前は、モコモコのミッドカットのブーティーというと女性が履くイメージがありましたが、最近は男性向けのモデルも数多く登場していて、街で履いている男性を見掛けることも増えました。

そこで、男性が履いてもおしゃれな中わた系ふかふかシューズを5つご紹介します。ダウンウエアと一緒で、履いた瞬間に分かる温かさ。今年の冬はファッションに中わたシューズを取り入れてみませんか?
 

1. 冬のリラックスシューズ

ロングセラー「ジャングルモック」で有名なアウトドアシューズブランド、メレル。昨年発売され、「ジャングルモック」の履き心地の良さとアッパーがキルティング加工された温かさで人気となった「ハットモック」にミッドカットタイプの「ハットモックミッド」が新たに登場しました。足がスポッと入り、EVAソールでクッション性もバツグン。温かくて履き心地もバツグンな新作は、足元からリラックスさせてくれますよ。

>> メレルの「ハットモック」がミッドカットに!これは冬キャンに良さそう!

 

2. 足元を寝袋で包もう!

アウトドア系サンダルブランド、シャカの新作はその名も「シュラフ ブーティー」。まるでシュラフ(寝袋)に包まれているような温かさの秘密は、中わたに使われている素材“シンサレート”のおかげ。複雑に絡み合うマイクロファイバーが空気を閉じ込め、温かさを維持してくれます。また表地には破れにくいリップストップ生地を使っている点もうれしい。足元がシュラフに包まれているって考えただけで、温かそうだと思いませんか。

>> 寒い季節の足元は中わたシューズでホカホカに!

 

3. 履きやすさも歩きやすさも◎

総合スポーツメーカー、デサント初となる冬用ブーツ「アクティブ ウインター ブーツ」。裏地に発熱&蓄熱素材の“ベルセラ”を使うなど、保温機能はばっちり。高防水性のアッパーで雨や雪でも中が濡れる心配はなく、どんなシーンでも温かさを確保してくれます。またミッドソール外側にTPUを使用し、安定した歩行を実現。サイドにはファスナーがあり着脱しやすいなど、細部にまで履きやすさにこだわった設計になっています。

>> 街で履いても違和感なし!あったかブーツで冷え知らずな冬にしよう!

 

4. 定番モデルをハイスペックにアップデート

中わた系ブーティーの代名詞的存在であるザ・ノース・フェイスの「ヌプシブーティー」にGORE-TEXを使用したアップデート版。撥水加工を施したリップストップナイロンのアッパー内に中わた素材を封入し、さらにライニングにGORE-TEXを使用。アウトソールにはセラミック粒子を織り込んだグリップ力の高いビブラム社の“アイストレック”が使われているなど、ハイスペックな一足に。

>> 仕事に休日に山に効く!最新ザ・ノース・フェイス21選【ぼくらが惹かれるTHE NORTH FACE】

 

5. 電熱シートで温かさをウエアラブル

このところ、電気の力で涼しくしたり温かくしたりするウエアが続々登場中ですが、その波はいよいよ冬用のシューズにも。10/18現在、クラウドファンディングにて支援受付中の「ヒーター搭載電熱シューズ」は、インソールとアッパーに伝熱シートが入っていて、低温(約42度)なら約4時間、高温(約55度)でも2時間以上ぽかぽかと足を温めてくれます。アッパー上部の外側に付けられたポケットに2000mAhの薄型モバイルバッテリーを入れて、そこから電源を取る仕組み。動かないので体が発熱しないキャンプやスクーター乗車時などにいいかも。

>> 冬キャンプも冷たい床も電熱シューズでぽっかぽか!

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆おうち居酒屋が楽しくなる宅飲み充実アイテム5選
◆人気アウトドアブランドの秋冬向け新作アウター5選
◆ソロキャンプ向きの個性派小型テント5選

ジャンルで探す