持ち歩くのは財布とスマホだけ?だったらまとめてぶら下げちゃおう!

財布とバッグが一体化したウォレットショルダーは、財布プラス鍵やスマホだけという本当に最低限の貴重品だけを持ち歩ける、小型のショルダーバッグ。バッグをゴソゴソして財布を探さなくていいので会計時にスムーズに支払いができ、シンプルコーデのアクセントにするなどファッションアイテムとしても秀逸です。

子連れママや若い女性を中心に人気を集めているこのウォレットバッグ、どちらかというと女性向けのデザインのものを多く見かけますが、objcts.io(オブジェクツアイオー)から新発売の「Wallet Bag」(2万4500円/税別)は、ジェンダー問わず使える上品でシンプルなデザイン。秋冬コーデのアクセントに大活躍の予感です。

▲「Wallet Bag」(ウォレットバッグ)

余計な装飾を削ぎ落としたシンプルなデザインの「Wallet Bag」は、アクセサリーのように身に付けられる、軽やかでコンパクトなウォレットショルダー。

外装には防水シュリンクレザーが使われており、ストラップ部分もレザー製の丸紐を採用しています。スマホ用の開口ポケットと3つのカードスロット、紙幣・硬貨・鍵を収納可能なファスナー式のポケットを装備しており、スマホとカードにアクセスしやすい設計になっています。

サイズはW13cm×H18.2cm×D1.5cm、重さは約105g。iPhone 11 Pro Maxサイズのスマホまで収納可能。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイトベージュ、グレー、オフホワイトの計4色。予約販売中です。

なおオブジェクツアイオーからは、9月18日にはスリムタイプのレザー製長財布「Fragment Case」(2万1000円/税別)、 9月末にはコンパクトなレザー製三つ折り財布「Mini Wallet」もウォレットコレクションにラインナップされる予定。

▲「Fragment Case」(フラグメントケース)

▲「Fragment Case」(フラグメントケース)

「Fragment Case」は紙幣を折りたたまず収納できる札入れとファスナー仕様のコインポケット、 5つのカードスロットを備えています。

▲「Mini Wallet」(ミニウォレット)

▲「Mini Wallet」(ミニウォレット)

「Mini Wallet」は小ぶりのバッグやポケットにも収納できるサイズ感で、札入れとボタン仕様のコインポケット、3つのカードスロットを装備しています。

>> objcts.io

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆散歩行く?だったら財布に鍵やスマホはミニポーチにぽいっ!
◆持ち物は財布、スマホ、鍵、以上!だから小さくてイイのだ!
◆財布がミニならバッグもね!ひとつは持っておきたい定番ミニバッグ5選

ジャンルで探す