四角いフライパンって、なかなか奥が深いんです

ひとり暮らしをされている方、自炊はしていますか? したいけどキッチンやコンロが狭いと鍋のおさまりが悪くて大変!という人も多いハズ。そんな人にピッタリの四角いフライパン「ToMayスクエアパン」(オープン価格)が和平フレイズから発売されました。

フライパンといえば通常は丸形が多いですよね。でも丸いフライパンって結構場所をとりませんか? もちろん小さいサイズのフライパンもありますが、それだと量が作れない…。「ToMayスクエアパン」は小さい丸形フライパンの絶妙な使いづらさをスッキリ解決してくれますよ。

焼き面積は丸形フライパン22cmに相当。冷凍餃子1パック(12個)を一度に焼けるサイズです。四角いので玉子焼きもきれいに作れます。丸形と玉子焼き用のフライパンをふたつ持つ必要もありません。

深さもあるので揚げ焼きや炒めものにも使えます。取っ手も短くコンパクトなので、ひとり暮らし向け物件によくある斜めの2口コンロでも鍋が近くなりにくく、洗う時や収納時も邪魔になりません。

内面はファインダイヤモンドコートで金属ヘラの使用もOK。対摩耗試験は30万回をクリアしているので安心です。

フチが斜めになっていない四角のフライパンは、鍋と型の両方を一度にこなせます。その形状を活かしたカンタンレシピがメーカーサイトに掲載されているので、レシピの幅も広がりそうですね。

これまで自炊してきた人も、そうでない人も、きっとキッチンに立ちたくなることうけあいですよ!

>> 和平フレイズ「ToMayスクエアパン」

 

(文/&GP編集部)

ジャンルで探す