サンドイッチ・チェーン「サブウェイ」に、1月29日から節分当日の2月3日までの期間中、通常の2倍サイズ約30cmの「恵方サブ」が登場する。

【関連記事】スシローの恵方巻2022予約開始、寒ぶりや鯛など12種のネタ入り「特上海鮮太巻」750円など

「恵方サブ」は、節分の定番フードとなった「恵方巻き」を、シャキシャキ野菜のサンドイッチで楽しむメニュー。グランドメニューの人気商品「BLT」「サラダチキン」「たまご」の3種類から選べる。サブウェイが節分に向けて毎年展開するキャンペーンで、通常の2倍サイズ“約30cm”のフットロングサイズを30円引きで提供するもの。価格は3種類共通で、通常価格760円(以下税込)のところ、特別価格730円。一部を除く「サブウェイ」店舗で実施する。

サブウェイ「BLT」

サブウェイ「BLT」(画像はいずれもレギュラーサイズ)

サブウェイ「サラダチキン」

サブウェイ「サラダチキン」

サブウェイ「たまご」

サブウェイ「たまご」

2022年の恵方は「北北西やや北」。一年の吉をもたらす恵方を向いて、巻き寿司の代わりに30cmのサンドイッチを食べて願いごとをするのはいかがだろうか。
 
なお、サブウェイは1965年、アメリカ・コネチカット州で創業。創業者のフレッド・デルーカ氏が17歳の時に大学へ進む学費を貯めるため“町のサンドイッチ屋”としてオープンしたのが始まり。現在、世界100カ国以上で店舗を展開。日本には1992年に出店して以来、全国に店舗を展開している。