中国の17年輸出入総額、456兆円 3年ぶり前年超え

 中国の2017年の輸出入の合計は、前年比11・4%増の4兆1044億ドル(約456兆円)で3年ぶりに前年を超えた。好調な世界経済と旺盛な中国国民の消費意欲が後押しした。

 中国の税関総署が12日発表した。輸出は7・9%増の2兆2634億ドル。最大の輸出先の米国向けが11・5%増だったほか、欧州連合(EU)向けが9・7%、日本向けが6・1%増。

 輸入も15・9%増の1兆8409億ドル。経済が安定して所得が伸び、外国製品の消費が拡大した。政府が一部消費財の輸入関税を引き下げた影響も出た。また、大気汚染対策で天然ガスの利用が広がり、豪州などからの天然ガス輸入が増えた。

 米トランプ政権が問題視する対米貿易黒字は、2758億ドルで1割増。引き続き経済摩擦の火種になりそうだ。国連安保理が制裁をしている北朝鮮との貿易総額は10・5%減。12月は前年同月より50・6%減と激減した。(北京=福田直之)

ジャンルで探す